2017年2月19日 (日)

病は気から、を忘れている


確かに病気になる原因は、食べ物、薬の乱用などもありますが、精神的なことが、ないがしろにされていると思うのです。

心の弱さが起因していると思ってもなぜかそこには誰も触れない。

病人も

「病気だから仕方がない」

と甘やかされるものだから、余計に医者や薬、そして家族に頼ろうとする。

居心地が良いものだから、「このまま病人のままでいい」と思っているのではないか?

と疑ってしまうのは、言い過ぎでしょうか?

私も病気になったときは、家族に甘えていました。

すごく、ワガママになっていました。

ちょっとしたことですぐに怒っていました。

自戒、反省を込めて以下の文章をかみ締めました。


   
           「肩の力を抜け」


薬も、運動も、食事療法も、鍼も灸も、マッサージも健康を維持してゆく為には、ある程度必要かもしれない。

が、一度び不安や恐怖心が湧き上がって来たら、果たして今まで続けて来た健康療法で乗り越えることが出来るであろうか?

身体を鍛える前に、心や精神を鍛えることが先決である。

つねに小さな些細なこと、取るに足らないことにさえ、いちいち自分の心が傷つき、イライラさせられ、心配や不安にかられていたならば、健康法などなんの意味もなさない。

まず、どんなことが身のまわりに起こっても、自分の心を痛めず、傷つけず、それに対して常に適切な対処ができるように、心を養う必要がある。

心が常に一定し、明るく光明に輝いてさえすれば、身体はいつも何もしなくても健康そのものなのである。

肉体のコンデションはまず、心に起因しているものだということを知ることが大事である。



             「日々の指針」西園寺昌美著



 

2017年2月 8日 (水)

病気を治す3つの方法(病は気から)



 
病は気からと言いますが、もちろん気持ちだけですべての病気が治るなんて、私は思っていません。


昔と違って現在は、食べ物の中にも病気になる要素がたくさん含まれているからです。


しかし、「なぜ病気になるか?」という原点をみたとき、やはり気の持ち方、日頃の考え方が大きいのではないでしょうか?


病気になってからでも遅くはありません。

 

これまでの 「生き方」 を省みてはどうでしょうか?

 

個人指導の時、五井先生が 


「今日は病気が治る秘訣を教えてあげましょう。三つの約束が出来ますか?」

とおっしゃいました。

あなたは患部を触って、こんなに大きくなって、一体どこまで大きくなるんだろうか、と心配ばかりしている。

だからいけない。


明日から絶対に患部に触ってはいけない。


それが一つ。


二つ目は私がお浄めで病気の想いを消してあげても、あなたは病気だ病気だと、家に帰ると思う。

私は病気だからいつ頃死ぬのかな、とカレンダーを見れば、私の命日はいつかなと思い、先生が消せば、そばから病気だ病気だと思っている。


それではいくら消しても限りがない。


もう明日から、決して病気だと思っちゃいけない。



三つ目は、あなたはあと一ヶ月で死ぬか、三ヶ月で死ぬか、と思っているけど、人のいのちは神よりほかに知らない。

丈夫で歩いている人だってあと五分後のいのちかもわからない。

今夜にも自動車にはねられたり、ガス中毒で死ぬかもわからない。

そうかと言って、今、寝ている人が十年二十年生きるかもわからない。

だから、もう今日一日のいのちだ、と思って、半年後だの三ヶ月後だのと考えることは絶対にやめなさい。


あなたは今日一日、夜までだと思いなさい


先生に言われて、約束しますと申上げました。


そうしたら翌日から、何か皮がむけたような気がして、花も星もみなきれい、犬も猫も子どもたちもなんて可愛いんだろう、と思えるようになりました。

何か仕事をするんでも病気なんて思わないんです。

晩までのいのちなんだから、一生懸命にやろう、という気になりました。


 
  

2017年1月29日 (日)

うそのようなほんとの話

 

実は、つい最近

私の血圧は200を越えていました。

妻も170を越え

自宅で血圧計で計るたびに

「病院に行かないと」

と言っていたのです。

しかし

もし病院で血圧降下剤を出されたらどうするか?

2人とも飲んでる姿をイメージ出来ない

そこで、ネットで

血圧を下げる方法

を調べてみました。

するとある整骨院の先生が語っていた言葉は

「深呼吸をすると血圧は下がる」

でした。

そこで試しにやってみると

205→186→170→155→140→134→128

と計るたびに下がって行ったのです。(下も80台)

すぐに妻に深呼吸のことを伝えると実践し

同じように下がり始め

2人で

「良かった、良かった」 と喜んだのでした。

深呼吸くらいで血圧が下がる?

そのときは不思議でしたが

後になって考えてみると、思い当たるふしがあるのです。

血圧の高かったときの私は凄いストレスを抱え、呼吸が浅くなっていた

潰瘍性大腸炎を再発させてしまい、食事療法で治そうとしていました。

2ヶ月も仕事(自営業)をしていなかったで、リズムが狂い経済的にも不安でした。

それにも増して大きなストレスになったのが

髪が抜けるという現象でした

フサフサしていた髪が一日約500本近く抜けていくのです。

薬が原因なのか? 

体調を崩した後からなのか?

食事を変えたからか?

そしてストレスからか?

「髪は女の命」?

私は男ですが(笑)

無性に気になるのです。

大らかな性格なのに、髪に関しては異常に気になるのです。

髪が抜けた原因は?

それは、ストレスにより、気の流れが悪くなっていたのです。

詰まっていたのです。

そして頭皮の毛穴を詰まらせてしまった

それを教えてくれたのは

美容院を経営する私の友人でした

リンパマッサージをした後で(すごく気持ちが良かったのです)

「詰まっている気がする、何か詰まっていることがあるんじゃないですか?

それが取れれば、元に戻りますよ」

ハッとした瞬間でした。

それから仕事中心に考えをシフトし

他のことにエネルギーを集中させることをやめた

すると不思議(当然のこと)なことに抜け毛が減ってきたのです。



すいません、話が長くなってしまいました(笑)

深呼吸をすると

気(エネルギー)の流れが良くなるのです。

ストレスがあるときとは

呼吸が浅くなっている

血の流れが悪くなっている

心臓に負担を掛ける

血圧が上がる

のです。

深呼吸の方法ですが(調和波動気功法による)

静かに吸って、静かに吸って

穏やかに止めて、穏やかに止めて

爽やかに吐きましょう 爽やかに吐きましょう

宇宙に充満する無限のプラスのエネルギーを感謝しながら息を吸う

車が徐行してストップするように止める

身体の中の老廃物をすべて出すように最後は細く長い息で出し切る


深呼吸の長さは自分のリズムでやればいいのです。

人それぞれリズムがあるからです。

私は

5:5:5 (5秒ではありません)

でやっています。

吐く息は、吐き切らないといけないので 7かな?

とにかくあまりこだわらなくていいです。

そして不思議なことを発見しました。

息を止めているときって考えることが出来ないのです。

想念停止状態になります。(やってみてください)

私たちは要らないことばかりを考えています(笑)

それがストレスとなり、流れを悪くし、病気のような状態をつくってしまう

息を止めている間はストレスが無いのです。

続けていると

吸うときも吐くときも

要らないことを考えなくなります。

深呼吸により

血圧が下がったのは

当然だと思ったのでした。

 

2017年1月 3日 (火)

お肉、牛乳を食べない日がやって来る 3



牛乳、乳製品がなぜ人間の体にとって有害なのか?


1.『牛の乳は、子牛のための飲み物である』
 

2.『市販の牛乳は「錆びた脂」ともいえる』


このタイトルを読んだだけでぞっとするのですが(笑)

牛乳(乳製品)、そして肉食を常食としている人の腸相(腸の顔)は決まって酷く汚いそうです。

それは人間の身体に異物が入って拒絶反応(炎症反応)が起こるからです。

人間にとって牛乳(乳製品)や肉がほんとうに必要なのか?

それとも不必要なものなのか? が一番肝心です。

牛の乳が牛乳ですが、子牛が幼い頃だけに親牛から授乳していたものを別の生き物である人間の子どもが受け入れて大丈夫なのか?

子どもだけでなく大人には全く必要のないものではないのか?

自然に反していないか?

を考えてみると自ずと答えは出てきます。

牛の子どもが飲むための牛乳と人間の子どもが飲むための母乳とでは含まれている成分がまったく違うのだそうです。

だから拒絶反応で下痢を起こす、腸が炎症し潰瘍性大腸炎、クローン病、アトピー、乳がんその他の病気を引き起こすのです。

次に2.ですが、取れたての加工する前の牛乳は確かにいろいろな 「よい」 成分が含まれているそうです。

炭水化物である乳糖や脂肪、タンパク質を分解するエンザイム、抗酸化、抗炎症、抗ウイルス、免疫調節作用などの効果があることで知られるファクトフェリンも入っている。

しかし市販の牛乳では、そうした 「よいもの」 は、加工される過程ですべて失われてしまっているのです。

市販の牛乳が作られる過程は、だいたい次のようなものです。

まず牛のオッパイに吸引機を取りつけて搾乳し、それをいったんタンクにためます。

そうやって各農家で集めた生乳をさらに大きなタンクに移し、かき回してホモゲナイズします。

ホモケナイズというのは 「均等化」 という意味です。

なぜ均等化するのかというと、生乳に含まれる脂肪の粒だけが浮上するからです。

こうしたことを防ぐためにホモゲナイザーという機械を用い、脂肪球を機械的に細かく砕いているのです。

これを 「ホモ牛乳」 といいます。

ところがホモゲナイズすることにより、牛乳に含まれていた乳脂肪は酸素と結びつき、「過酸化脂質」に変化してしまいます。

別の言い方をすれば、 「ひどく錆びた脂」 ということになります。

酸化した脂が体に悪いのは言うまでもありません。

しかも牛乳の加工過程はそこで終わらず、高温殺菌(130度)をすることでエンザイムはほぼ完全に失われてしまいます。

その他、牛乳以外のチーズ、ヨーグルトは支障がないと思っている人が非常に多いのですが、それも間違いのようです。

詳しくは 『病気にならない生き方』 新谷弘実著を読んでください。

私は情報を鵜呑みにすることはしませんが、自然の摂理に照らし合わせて考えるとこれらの説は腑に落ちるのです。

私はそこで判断しています。








お肉、牛乳を食べない日がやって来る 2


 

人間の歯はなぜ32本なのか?

 

人間の歯は全部で32本なのだそうです。

その内訳は、門歯(前歯)が上下で8本、犬歯が上下で4本、そして臼歯が上下で20本です。

門歯は植物を噛み切るため、臼歯は植物をすり潰すため、そして犬歯は肉を噛み切るためにあります。

あたり前ですが、人間の身体は人間が創ったものではありません。

神様(大自然・サムシンググレート)が創ったものです。

大自然はパーフェクト、不完全な身体を創るはずがありません。

ということは、4本(犬歯)対28本(臼歯・前歯)で肉食一に対し七は植物食ということになるのです。


わからないことは大自然(自然の法則)に聞くしかありません。

私はこの法則が答えだと思っています。

だったら85日対15日の割合で肉食をしてもいいのか?ということになりますが、私はそれでも多いと思っています。

それは人間の身体ではお肉を分解し栄養を充分に吸収することが出来ないのです。

動物性タンパク質を多少摂れたとしてもそれ以上にデメリットの方が多いのです。

この考え方は、『病気にならない生き方』 新谷弘実著から抜粋したものですが、体温に関係しています。

牛・豚の体温は人間よりも高い38.5~40度、鶏は41.5度だそうです。

こうした人間よりも高い体温の動物の脂は、その温度でもっとも安定した状態にあり、それよりも体温の低い人間の体内に入ったときには、ベタッと固まってしまう。

この脂のベタつきが、血液をドロドロにしてしまうのです。

ドロドロになった血液は流れが悪くなり血管の中で停滞したり詰まったりします。

「血液が汚れる」 のです。

人間が主(85%が)に草食動物だとすると、人間がお肉を食べることは牛や馬が自分たちの肉体を食べる(共食い)ことと同じになります。

肉食動物は草食動物だけを食べ、草食動物は植物だけを食べる。

これが自然の摂理です。

この自然の摂理を無視すると必ずしっぺ返しを受けます。

その代表例が 「BSE(牛海綿状脳症)」 です。  狂牛病ですね。

草食動物の牛に 「肉骨粉」 という動物性の食物を与えること自体が自然の摂理に反しているのです。

肉骨粉を与えると、牛に含まれるタンパク質やカルシウムの量が増加し、旨みが増し、これらが多く含まれるお肉、牛乳は高く売れるのだそうです。


次は牛乳(乳製品)について書きます。


  


  

お肉、牛乳を食べない日がやって来る 1



今、糖質制限が盛んに叫ばれていますが、

私は

「炭水化物(お米・パン・麺類)その他糖質を含んだ菓子・炭酸飲料などさえ断てば、お肉や牛乳、チーズなどはいくら摂ってもよい」 という考えはどうも腑に落ちないのです。

人間はそもそも700万年は肉食生活を送っており穀物食になったのはまだ1万年にすぎない、

だから 「人間はもともと肉食動物なのだ」 というのは???なのです。

キリスト様は「肉を食すな、食すと凶暴になる」とおっしゃっておられます。

肉食動物(ライオンや犬、猫)は感情的です。

もちろん穏やかなときもありますが、そのときは空腹が満たされているときです。

かわいい猫が獲物をねらって襲いかかりネズミをくわえている姿は、想像するとぞっとします。

それと比べて草食動物の牛やキリン、ゾウはめったなことでは感情をあらわにしません。

人間がお肉を食べて元気になったというのは、感情が高ぶることが元気になったと勘違いをしているのではないでしょうか?

お肉を食べるということは、その動物の想念ももらってしまうということです。

屠殺場(とさつじょう)で屠殺されるときの牛の叫びの波動(エネルギー)を受け取っていると考えると、「美味しいから食べる」という思いにストップがかかるのではないでしょうか?

次にどうして肉や牛乳(乳製品)は人間の体に良くないかということについて具体的に述べていきます。


    

2016年7月26日 (火)

精神病は治る、いや無くなる時代がやって来る







これからありとあらゆる病気が無くなっていくと先日のブログで書きましたが、当然、精神病も無くなっていくのです。

言葉が非常に悪くて申し訳ないのですが、精神病とは、気違い病と以前は言われていまし

た。

気が違うとはどういう状態なのか?

そして気とはいったい何なのか?

気とはエネルギー、波動、バイブレーションのことです。

そしてもっと詳しく言えば、気とはズバリ神様(宇宙)のことです。
 

于先生のご著書の中に



 
気功とは何ですか?

幽気、霊気、神気の気の働きであり、神様の働きである。

日本語の 「気を付けて」は英語で「Good bye」=「God by you」であり、

スペイン語で「Adio's」の「dio's」は神の意味である。

気とは神の意味である




とありますが、精神病とは神様からの生命エネルギーが正常に入っていない状態を言うのです。

どうしてそうなるのか?

それは、周りの人の影響、身内の影響、先祖の魂の影響を大きく受けます。

大人物と言われる人の近くに精神を病んだ人が結構多いのは、大人物の波動圏が大き過ぎるので、守護霊守護神が処理する(浄める)ことが出来なかった業(カルマ)が身内の人に行くことがあります。

ですから大人物の人が正常に仕事や役割を果たせるのは、目に見えないところで身内の人が受けて助けているのです。


話を元に戻して、これから徐々に精神病が無くなっていくというのは、エネルギーがクリーンになるから、光が細かくそして、強くなるからです。(5次元へ突入したから)

そうすると、生命エネルギーは歪むことなく真直ぐに肉体、魂に入って行きます。

気(神様)と合う状態になるのです。

いつ、そうなるのか?

それは人間の意識にかかっています。

たくさんの人が世界平和の祈りを祈り(宇宙と共鳴するために)、

印を組み(宇宙のエネルギーを降ろすため)、

パワースポット(光の柱)になれば、その日は早くやって来るのです。






精神病のことが詳しく書かれています。参考になさってください。

 
「手にあましている病気の原因は?」


http://goodmoon51.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-39f8.html





  

2015年6月 1日 (月)

病気は治る(歯は一日で治る)


   

2、3日前に歯茎からかなりの量の出血をした

歯ブラシが少ししか触れただけなのに

なぜ?

歯槽膿漏? なんらかの歯の病気?

なんにしても歯茎が弱っていることには違いない

私は、以前読んだ本 「歯は一日で治る」 のことを知っていたので

すぐに指の腹を歯茎に当て、ゴシゴシこすりながらマッサージを始めた

歯茎は、ピンクと白の色に交互に変わり 血行をうながしている

歯茎に溜まった淀んだ血は流れつづけ 生ぐさい臭いがしている

それでもかまわずゴシゴシ ゴシゴシ・・・・・・
 

しばらくしてから水で口をすすぎ 血が止まってからしばらく放っておいて

思い出した頃にまた ゴシゴシ ゴシゴシ・・・・

血はまだ出てくるが少しずつ減ってきた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2,3日すると歯磨きをしても血が出ない

歯茎もピンク色の健康そうな色をしている

「歯は一日で治る」 によると ほとんどの歯の病気は

指腹マッサージで治るらしい

私たち人間の身体も宇宙も すべて波動(エネルギー)でできている

不調和な状態とは このエネルギーが正常に流れていないことをいう

宇宙から入って来たエネルギーは血管を通るという

血はエネルギー 血の流れをサラサラにすることが

健康の秘訣なのです。




「歯は一日で治る」 谷口 清著 

「目は1分でよくなる」 今野清志著




  

続きを読む "病気は治る(歯は一日で治る)" »

2014年9月26日 (金)

病気を治す3つの方法 (病は気からはほんとうだった)




このブログは2010年6月今から4年ほど前に書いた文章ですが、今読んでも非常に

大切なことが書かれています。

よかったらお付き合いください。




  先日の調和波動気功法のセミナー で于先生が

病気を治す3つの方法を言っておられました。



1.手を触れない

2.いつどうなるかを考えない

3.今日一日しかないと思う




1.の手を触れないとはそこに(悪い場所)に意識を持っていかないということです。

そこを意識するとエネルギーを与えて大きくして しまうからです。


2.はどうしても結果を気にします。
早く治って欲しいとそればかり思うのです。

病気を想うとまたそれを潜在意識に入れてしまうのです。

病気は時期が来れば必ず治ります。その時期を人間はコントロール出来ないのです。

だからどうぞ神様、お任せしますのでよろしくお願いしますと預けてしまうのです。


3.はここが一番大切ですね、これが出来れば、1と2は自然と出来ているのです。

もう今日しかないんだ、明日は無いんだ、だから今日を一生だと思って大切に生きようと

思うことなのです。

そう思ったら、病気よりももっと気になることがあるのです。


「いつもは、嫌いだからと避けていた人に挨拶をしておこう」(笑)

「明日死ぬとして、他の人が部屋に入って来たらかっこ悪いからかたずけをしておこう」

「読みかけの本を読んでしまおう」

「もう明日がない」 と思えばいつもよりもやる気、勇気が出てくるのです。



私の病気を治す3つの方法の感想は以上なのですが、そのことについて五井先生

の本から抜粋したものがあります。

よかったら読んでみてください。


  







個人指導の時、五井先生が 

「今日は病気が治る秘訣を教えてあげましょう。三つの約束が出来ますか?」

とおっしゃいました。




あなたは患部を触って、こんなに大きくなって、一体どこまで大きくなるんだろうか、

と心配ばかりしている。

だからいけない。


明日から絶対に患部に触ってはいけない。


それが一つ。




二つ目は私がお浄めで病気の想いを消してあげても、あなたは病気だ病気だと、

家に帰ると思う。


私は病気だからいつ頃死ぬのかな、とカレンダーを見れば、私の命日はいつかなと思い、

先生が消せば、そばから病気だ病気だと思っている。


それではいくら消しても限りがない。


もう明日から、決して病気だと思っちゃいけない。





三つ目は、あなたはあと一ヶ月で死ぬか、三ヶ月で死ぬか、と思っているけど、

人のいのちは神よりほかに知らない。



丈夫で歩いている人だってあと五分後のいのちかもわからない。


今夜にも自動車にはねられたり、ガス中毒で死ぬかもわからない。


そうかと言って、今、寝ている人が十年二十年生きるかもわからない。


だから、もう今日一日のいのちだ、と思って、半年後だの三ヶ月後だのと考えることは

絶対にやめなさい。


あなたは今日一日、夜までだと思いなさい


先生に言われて、約束しますと申上げました。


そうしたら翌日から、何か皮がむけたような気がして、花も星もみなきれい、犬も猫も子ど

もたちもなんて可愛いんだろう、と思えるようになりました。


何か仕事をするんでも病気なんて思わないんです。


晩までのいのちなんだから、一生懸命にやろう、という気になりました。







感想

・・・・・・・・・・・文章はずっと続いていき、とうとうこの方の病気は治ってしまうのですが、

プロセスとして、ご自分が病気のことを忘れてしまって、そして今日一日で自分のいのち

は終わりだと思うことで一日一日を一生懸命に生きるようになって、心が寛容に優しくなっ

て、人格が変ってしまったのです。



心の持ち方が以前と変わったのですね。


そして病気や色んなことに対する捉われが無くなったので、身体の中を流れるエネルギー

がサラサラと流れるようになった。


人間は、光のエネルギー(気)体で出来ているので、エネルギーが正常(健康)になった

のです。


そして気(エネルギー)が滞って病んでいた状態が治ったのです。


世間で言われる

「奇蹟が起こって、癌細胞が消えた!」


というのは癌を持っている人の心境が変化したことをいうのです。


自分で自分のエネルギーを整えたのです。(これを波動調整といいます)



だから奇蹟でもなんでもないのです。



病気とは何か?


なんとなくわかっていただけましたか?


そして病気を治すことよりも心の持ちようがいかに大切か


心の持ちようが現象(病気)に現われてくるのです。


だからやっぱり 病は気から なんですね。



  
 


参考図書

『みんな救われている』 五井昌久 白光出版




  

 

2014年8月25日 (月)

太りすぎの人は水が溜まっているのです。


 

広島の土砂災害は、水の恐ろしさを嫌というほど思い知らされました

人間の体重の70%は水であるように、地球という星の70%が水であるように

水は人間にとって欠かせないものであると同時に過ぎると私たちの命を脅かすことに

なります。

そして

豪雨で水はけの悪いところは、冠水します

水が排水溝にスムーズに流れて行かないと あっという間に車も家も水に浸かることにな

ります。

人間も同じなのです。

水分を摂った後にすぐに余分な水が身体から出ていかないと身体の中も冠水するのです

それが水太りです。

水太りは、体重が重くなるだけではなく

身体を冷やします

身体が冷えるということは、水が氷になると想像してください

身体が固くなるのです

低体温となり、血流が悪くなり(筋肉痛、神経痛になる)新陳代謝が落ち

余計に水分が出にくくなる

低体温で脂肪も燃えないので

身体の中は脂肪と水で一杯になる

成人病はこうして起きるのです

今起こっている自然災害は

そのまま自分の身体にも起こりうると自覚してください

・・・・・・・・・・・・・・・・

もちろん水分の摂りすぎ(水害)

だけでなく

食べすぎもダメですよ

だって癌という字は

三つの口で山のように食べると書きますよね

病気の原因は

精神的なことももちろんありますが

身体に負担をかけることでも随分起こるのです

意識して

水分を飲みすぎていないか

食べ過ぎていないか

をチェックするようにしましょう。





 

追伸

人はそれぞれ特異体質があります

水分を摂ってもすぐに体外に出るので普通の人の倍水分を摂らないと

脱水症状の出る人もいるのです

だから自分はどんな体質なのかを知る必要がありますよね




 
「湯川れい子さんの末期ガンが治ったのはなぜ?」


http://goodmoon51.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-eac4.html




「病気が治る3つの方法」


http://goodmoon51.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-47a8.html
 



「ガンが治る人、治らない人」


http://goodmoon51.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-31a4.html




  


 

 

 

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ