2017年5月23日 (火)

テレビを観ると病気になる


みなさんにわかには信じられないかもしれませんが、犯罪は減っているのです。

いじめも自殺も減っているのです。(統計を見ればわかります)

減っているからこそ、ニュースになるのだそうです。

みなさんは、ご自分が以前に比べて穏やかになっていることに気づいておられると思います。

そして、これまでしょっちゅう怒っていた人が、あまり怒らなくなった(笑)

喧嘩や言い争いをしている人を最近見かけなくなった。

暴走族がいなくなった(笑)

・・・・これらが減ったからこそ、話題にすれば逆にみんなが関心を持つのです。

そして減っているのに増えていると勘違いをする。

煽られている踊らされているのです。

グルメ番組もそうです。

お肉を食べなくなってきているので、人気のタレントさんが美味しそうに食べているのです。

牛乳、炭酸飲料が飲まれなくなってきたのでコマーシャルをしている。

牛乳は、カルシウムを含んでいる健康飲料というのはとんでもないことで、反対に人体のカルシウムを溶かします。

市販の牛乳は錆びた脂と同じなので体を錆びさせ、病気(潰瘍性大腸炎・クローン病・アトピー等)をつくります。

清涼飲料水(炭酸飲料)の多くは、大量の糖分(角砂糖10~15)が含まれており、糖尿病を誘発させます。

コマーシャルを観た若者たちが軽い気持ちで飲んでしまうと体内に大量の砂糖が投入されるのです。

血液をドロドロにし、血管を詰まらせ、炎症が起きます。

そして大切な目にまで悪影響を与え、失明することがあります。

しかし国や企業はわかっていても止めることをしません。

それどころか、「飲め、飲め」と煽っているのです。

私はテレビが好きなので、つけながらブログを書いたりしているのですが、9割はおかしいです。

9割は営利目的のために嘘を言っています。

みなさんこのことに気づいてください。(テレビを観なくするのも一つの方法ですが)

でも、情報はなんらかの方法で仕入れなければならない。

ネットもSNSも煽るものは嘘が多い、ほんものもしくは、ましなものは1割です。

どうすれば見分けがつくようになるか?

それはまた、書いていくことにします。



  


  

2017年5月22日 (月)

食品業界が淘汰される日



先日は、医療業界が衰退することを書きましたが、アセンションに伴い食品業界も大変革されることを述べていこうと思います。

しかしほんとうはこれは変革ではなく、本来のまともな人間の姿に戻ってゆくだけなのです。

人間は本来健康そのものです。

だから、医者要らず、薬要らずになるのは自明の理です。


ところで人間の歯は全部で32本、その内訳は門歯(前歯)8本、犬歯4本、臼歯20本になっています。

前歯と臼歯の28本の歯は、植物をすり潰すためにあり、犬歯も植物をかみ切るためにあるそうです。

つまり人間とは草食動物なのです。(人間は狩猟民族だから肉はどんどん食べろという説があるようですが)

牛や馬の草食動物が、共食いをしますか?

そんなことをしたら発狂します。(狂牛病)

キリスト様は、「肉を食うな、食えば凶暴になる」とおっしゃっています。

動物の感情(エネルギー)をそのまま受け取ってしまうからです。

そして体にも良くありません。

動物の体温は人間よりも高いのです。

牛や豚は38.5~40度、鶏はそれよりもさらに高い41.5度です。

これらの肉が人間の体内に入ったとき、ベタッと固まってしまい血を汚すのです。

消化できないのです。異物を入れるのと同じです。

今、アルコールと同じようにお肉を食べれなくなっている人が増えています。

宇宙からの波動が細かくなっているので、体が霊化されているのです。

動物の波動は人間よりも粗いので、本来合うはずがないのです。

それを美味しく感じたり、食欲をそそっていたのは、人間の波動が粗かったからです。

お肉だけではありません。

牛乳などの乳製品も摂らなくなります。

牛乳は本来牛の赤ちゃんが飲むものであり、体の構造の違う人間が飲むと当然、拒絶反応が起きます。(下痢等)

乳がんの原因も乳製品が大きく影響しています。(マーガリン・ヨーグルトなどは最悪)

なぜ、こんなに体に悪い食品が巷に出回っているのでしょう?(9割は食べてはいけないものです)

素朴にそう思いますよね、それは先に述べた人間の波動が本来の波動(霊波動)ではなかったために粗い波動と共鳴したから、そして人間が「悪いことと知りつつもお金を儲けたい」という金銭欲に走っているからです。

パン屋の社長は、「自社製の白いパンは食べない」そうです。

お医者さんは「家族に薬を飲まさない」酪農家の人は、「市販の牛乳は飲まない(腐った脂だから)」そうです。

みんな自分の仕事に誇りを持っていないのか?と思いますね。

だから今の世の中は世紀末なのです。

今の人間はどうしようもない、動物以下の生き物なのだ、だから守護霊守護神の力でどうにかしてもらわなければならない、世界平和の祈りで神界とつながって神界のエネルギーを地上に降ろさなければならないのです。

近未来の人間の食事は、スムージーのような食物繊維が豊富な飲み物、そして体が温まるスープのようなものが中心になるそうです。

そしてもちろんお肉も食べません。お魚も食べなくなります。

動物たちはやっと人間から食べられることから解放されます。

それが近未来の人間の食生活です。(後数年ですよ)

そんな世の中が早く来るためには私たちはどうしたらいいか?

神様の光を降ろす世界平和の祈りを祈るしかないと思います。



世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます




追伸・・・私はこの本を読んで、人間の体の基礎を知りました。どうすれば健康を保てるか?詳しく書かれています。推薦致します。

「病気にならない生き方」新谷弘実著サンマーク出版


  

 


 

いじめは殺人です


 

先日、調和波動気功のセミナーがあったのですが(2010年9月26日)、

そのときにある人が于先生に

「娘が学校に行きたくないと言っています、どうも順番にいじめがあって今、娘がいじめられているようなのです、どうしたらいいでしょう?」

と質問されました。

于先生は

「いじめは殺人です」 とハッキリとおっしゃいました。

そして娘さんに世界平和の祈りを祈ることを教えること

それから、先生にいじめの事実を伝えることだと言っておられました。

そうなのです、いじめは殺人と同じだと私も思うのです。

いじめらた子どもが自殺しなければ罪にならず

自殺をしたらいじめた側が罪に問われるのではない。

事実として、相手の心を痛めつけることにはなんら変わりはありません。

痛めつけた時点でもう殺人を犯している・・・・。

そして相手の心を傷つけるとは自分の心を傷つけているのと同じです。 (元は一つの光から分かれた分霊だから)

この世を去って、次の世界(他界)に行ったとしてもその想念はずっと残ったままです。

恨んだ想念も恨まれた想念もずっと消えないで残っています。


だからいじめを肉体界に具現化(現実化)させてもいけないし、恨み恨まれの想念を死んだ後の世界にも残してはいけないのです。

肉体界にいるうちに早期に手を打つ

勇気を持って、先生なり、保護者たちに伝えるべきです。

いじめによる自殺があっても多くの学校側は

「いじめの実態を知らなかった」と言います。

責任逃れをします。

いじめられた保護者は

いじめがあったことを報告すると自分の子がもっとひどいいじめに遭うのではないか?

逆恨みをされるのではないか?

色んな不安もあると思います。

でも、今勇気を出さないと後でもっともっと後悔することになります。

今生で根を切ってしまわないと来世ではもっと苦しむのです。(これを地獄と言います)

来世での苦しみは今生どころの比ではないのです。


そして子どもに世界平和の祈りを教えることはどういうことかというと、世界平和の祈りを祈ると守護霊様はその子を守りやすくなります。

守護霊様ありがとうございます、という感謝の言葉は光なので守護霊様が力を得るのです。

力を得た守護霊様は、相手の守護霊にも光を送ります。

そして相手の守護霊は、業にまみれた自分の孫に光を与え、我に帰らすのです。

「自分はなんて愚かなことをしていたのだ」

・・・・・・・・・・・・・・・と




世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます


   

2017年5月20日 (土)

医療業界は終焉を迎える



今、かなり大きな、有名な病院でも経営危機にあるそうです。

一昔前のように薬をバンバン出していくらでも儲かる時代ではなくなり、「薬は毒」という常識?も拡がり始め、それに拍車をかけるようにAI(人口知能)のお医者さん?が膨大なデータに基づいて、的確な診断をしているそうです。

5つの病院に通ってそれぞれ違う診断をされて困っている患者さんがいる。

一方で、AIが出した薬を飲んで即治った患者さんがいるそうです。

そうなると高い給料を払って病院経営をする必要は無くなります。

北海道のある地区では、お医者さんが居なくなったために病人が増えるどころか減ったという皮肉な結果が出ました。

お医者さんや薬に頼ることが出来なくなったために自分で治そうとする人が出たからではないでしょうか?

これからは、自分の病気は自分で治す、癒すようになります。

人間とは光の波動体で出来ていることを知り、下丹田を極める人は自分で自然治癒力を高め波動調整が出来るようになるのです。

病院とは外科的な分野だけが残ることになります。

これから薬学や医療関係を目指す人は気の毒ですが、医療関連の需要は極端に減っていきます。

それでは老人が増え、介護施設や老人ホームは残るでしょうか?

それも無くなります。

波動調整が出来るということは、自分の波動(エネルギー)をコントロールすることが出来るのです。

そして人間は創造主(我即神也)です。

自分で自分をどのようにも変化させることが出来るのです。

80歳のおばあさんが、17歳の女子高生に戻りたいと思えば(想像すれば)その通りになるのです(笑)

アセンションとはそういうことです。

想像(創造)した通りの自分になれる。(今の世の中では想像も出来ませんよね、でも真実です)

医療業界だけではありません。

ありとあらゆる既存の産業がほとんど無くなります。(必要とされなくなるから)

そして新しい文化(精神文明)が生れる。

これから世の中は加速度的に変わって行きます。

もちろん善い方向へと向かいます。


世界平和の祈りは、自分で波動調整が出来るようになるための基礎のツールです。

神界と通じていないと波動(エネルギー)は動かないからです。

波動とはエネルギーであり気です。

気功とは、気の働きです。

気功とは何なのか?
 


幽気、霊気、神気の気の働きであり、神様の働きである。

日本語の 「気を付けて」は英語で「Good bye」=「God by you」であり、

スペイン語で「Adio's」の「dio's」は神の意味である。気とは神の意味である。



神様の気持ち、み心がわかるようになったとき

始めて波動調整が出来るようになるのです。


神様と波動が合う祈り言葉

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます



調和波動気功法

http://www.harmony-wave.jp/



   


  

テレビに向かってぼやいたり、悪口を言っていいのか?


 

言葉が言霊でありエネルギーが宿っているとわかったとき、面と向かって相手に言うのではなく、間接的に言うのはまだましかな?と思う気持ち、わかります。

ニュースなどで幽界のお化けちゃんに取り憑かれて馬鹿なことをしてしまった人、お酒を飲んで死亡事故を起こす人、政治家で失言する人、教育者でありながら淫行行為をする人、

・・・「バカだなぁ」「なんて奴なんだ!」と怒りたくなる気持ちはわかります。

しかしそこがテレビであっても罵詈雑言を放ってしまってはいけないのです。

なぜならば、相手に対するそのエネルギーは相手の人にも届きますが、ブーメランのように自分に返って来るからです。

マイナスのエネルギーもプラスのエネルギーも2倍になって返って来ます。

これは宇宙の法則なのです。

消えて無くなったり、どこかで吸収されることはありません。(そして宇宙で蓄積され、業となりカルマになります)

前世で行なった想念行為が今生で返って来るのと同じです。

自分の心の内でなんとか抑えられるほどのストレスだったらいいのですが、どうしようもなく溜まった鬱憤はどうするのか?

相手にぶつけることができないのなら自分の中で溜め込むことになります。

これもよくありません。

そこで守護霊さんは、「私にぶつけなさい」「私に吐き出しなさい」とおっしゃっておられます。

私もどうしようもなく苦しかったとき、思いっきり守護霊さんの悪口を言ってスッキリしたことがあります。

「オレがこんなに苦しんでいるのになんで助けてくれないんだ、お前は守護霊だろう?守るのが役割だろう?バカヤロー、しっかりしろ!」と聞くに堪えないような悪口を言った覚えがあります。

そんなこと言って大丈夫なのか?と思いますよね(笑)

守護霊様はものすごい強くそして優しい人(霊止)なのでしっかり受け止めて想いを消してくださるのです。

・・・

その方法もありますが、私はマイナスやぼやきが湧いて来た時には、「世界平和の祈り」を祈るようにしています。

するといつの間にか怒りの感情が消えているのです。(世界平和の祈りは光の溶鉱炉なのでどんなマイナスの想いも消して、プラスにして還してくださるのです)

どちらも試してみることをお薦めします。

 

「守護霊・守護神に代わってあなたに語る」

 

6、羨望の心が湧くのも致しかたない。 
  
嫉妬心にもだえるのもまたこれ仕方がないではないか。 
  
そして人の幸福を妬み人の不幸を心ならずも喜ぶのもまた致しかたない。 
  
人の心は感情によって左右されるものであるから、感情を無くさない限りこのようなことはすべて人の心の中に起こり得る現象である。 
  
この世は物質肉体の世界、完全なる霊なる世界と違って不自由な束縛ある世界、よくないことだと充分にわかっていながら、正しいことではないと充分に理解していながら、神から反している行為だと充分に納得していながら、やはり現れてくるのが現実なのである。 
  
おさえる必要はない、出すだけ出すがよい。

だが、出来るだけ人に迷惑がかからないように出してゆくのだ。 
  
相手にまともにぶつからず、声を出して私にぶつけなさい、私にどなりなさい、私に非難をあびせかけるがよい。 
  
私はあなたの心が充分にわかるだけに、あなたが愛しくて可哀相でならない。 
  
私の大きな翼であなたを包んであげよう。 
  
癒してあげよう。 
  
心の中にある鬱憤をすべて私に吐きすてるのだ。 
  
私が聞いてあげよう。 
  
私が代わって祈ってあげよう。 
  
あなたがあなた自身で祈れる時がくるまでは。

 偽善者 になるよりはよほどよい。


 

『守護霊・守護神に代わってあなたに語る』西園寺昌美



  



  


  

下丹田ダイエット(これがほんとうのダイエットです)


 
アセンションを迎え、近い将来の私たちはみんなちょうどいい体型を保つことになります。

それはなぜかと言いますとテレビやSF映画などに登場する宇宙人はみなスリムです。(笑)

そして進化した大人の宇宙人はみな穏やかで感情を顕わにすることはありません。

地球人が「幼い兄弟たち」と言われているのは、感情のコントロールが出来ていないからです。

先日、太っている女性たちがダイエットに挑戦するテレビ番組を観ていたのですが、共通して言えることは、みなさん感情的であったということです。

一喜一憂し、泣いたり怒ったり、悩んだり、がっかりしたり感情の起伏が尋常ではなかったのです。

「やけ食い」という言葉がありますが、感情を紛らわす為に、イライラを抑え込むために食べ過ぎるのです。

お腹が空くと体は糖分を要求します。

そして「糖分を補え」という指令が来るのです。

ほんとうは少しの糖分で空腹は満たされるはずなのですが、感情的になっているとセンサーが働かず、食べても食べても、「これでいい」というメッセージが届かないのです。

食べていいものと悪いものをジャッジするときに「自分の体に聴け」と言います。

その人の体に合わないものはちょっと食べてみると「あれっなんだかおかしいぞ、やめておいたほうがいいな」とわかるはずです。

体の細胞が拒絶反応を起こすからです。

だがしかし私たちは人間が本来持っているセンサーが鈍くなってしまいました(無限なる直観!)

自分にそんな素晴らしい直観があるとは思っていないので置き忘れてしまったのです。

だがしかし下丹田(へそ下3.5センチ)には、抜群のセンサーが宿っています。

食べていいものか、悪いものか、これ以上食べてはいけないのか?だけでなく、これは正しいのか?正しくないのか?この人は信用していいのか?いけないのか?など、五感を超えた能力、叡智、直観力が詰まっているのです。(先日ご紹介した「女は胆力」園田天天光著を読んでください)

私は、巷に溢れるダイエットは、かなりの確率で失敗すると思います。

リバウンドすると思います。

それは感情をコントロールできたわけではないからです。

冷静になったわけではないからです。

センサーが働かないからです。

下丹田を意識していると感度が上がります。

五感を超えたセンサーが働きます。(ちょうどいい量のところで「もういいよ」がわかり空腹感も無くなる)

それは、下丹田が神界とつながっているからです。

神界にはほんとうの自分がいる。

冷静で穏やかで感情を超えた不動心のパーフェクト(我即神也)な自分がいるのです。

食欲は感情です。

感情をコントロールするには下丹田を意識すればいいのです。

前にも書きましたが、下丹田(へそ下3.5センチ)に小さな透明のカプセルがあるのをイメージしてください。

そしてそのカプセルの中に肉体の自分を小さくして入れるのです。

そして世界平和の祈りを祈りながら徐々にスピードを上げてカプセルを回転させます。

イメージするだけで下丹田は熱くなっていきます。(ことわざで「へそで茶を沸かす」があります)

下丹田は、体の中で一番エネルギーが交流、交差する場所です。

そしてシェルターでもあります。(マイナス想念をブロックし余計なことを考えなくなります)

そこは台風の目のような場です。

台風の目は、台風の中心にあり、どれだけ周りが荒れ狂っていてもそこはまったく動いていないのです。

回っているコマの中心が回って見えないのと同じです。

そうです、下丹田でカプセルを回すのは、コマを回すことと同じです。

下丹田を意識しカプセルを回すと自分や周りが浄化されていきます。

自分が冷静になるだけではなく、センサーが働くだけではなく、悪いものが早く消えて周りも調って行くのです。

たくさん書いてしまいました(笑)

まずは、下丹田を意識すると、無敵のダイエットが出来ると理解してください(それだけではもったいないですね!)




世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます



  

 

2017年5月17日 (水)

なんであんなにいい人が・・・・



真理カウンセラーをしていてよく受ける質問が

「なんであんなにいい人が病気になったり貧乏になったり、不幸になったりするのでしょう?」

「なんの罪もない人がどうして無残な死?殺されなければならないのか?」

「幼児を虐待して殺してしまう母親がいる、なぜそんなことが出来るのでしょう?」

「自分は一生懸命に努力している、でも豊かにならない幸せにならない、なぜ?」

これらの原因はすべて前世にあります。

今生の60年はどんなによいことをしていても、前世で1000年悪いことをしていたのなら、計悪い歴940年です。(苦笑)

だから悪いことしか現われて来ない。

また、成功哲学を一生懸命に学んでその通りに実践しても結果が出ないのはそういうことです。

しかし前世の記憶が無いのでわけがわからない。

周りの人も真理を知らないので理解に苦しむのです。

そこで占いなどで前世を知ってしまったのなら愕然とします。

絶望します。

これから20年、80歳になるまで良いことをやり続けてもまだ計920年悪いことが勝ってしまう。

自暴自棄になってもう善い人でいること、善い事をするなんてやめてしまおう。

になります。

心が前世に把われてしまいます。(心が把われることが一番いけないのです)

こうなると人生めちゃめちゃです。

これが占いの恐ろしいところです。


では、神様は救済の道をつくってはくださらないのか?

運命を変えることは出来ないのか?

出来るのです。

それは陰徳を積みまくることです。(笑)

罪(マイナス)をプラスに変えるほどの無限のプラスのエネルギーを自分の中(内)から出すことです。(下丹田を体得してパワースポットになって)

守護霊、守護神にお願いしてすがって、全托して(自分ではもうどうしようもないと一旦諦めて)神界、霊界からコテコテに汚れている前世(潜在意識)を浄めていただくことです。

守護霊、守護神にリセットして戴く

そして

因縁因果律から果因説に考え方を変えて明るい未来をイメージするのです。(果因説はこれからの新しい考え方、これから述べていきます)

これらを実践して自分が真の神になる(神我一体)のですが


基本、大元、一番大切なのは世界平和の祈りです。

世界平和の祈りは神界から五井先生を通して降りて来たのです。

神様は人間を不幸にしようなんて思っておられません。

人類全員の魂を救おうとされています。

なぜならば神は愛だからです。(か~あ み~い)

世界平和の祈りはものすごい光のエネルギーなので幽体を浄めるのです。

時空を超えているので前世も浄まるのです。

そして明るい未来を創ります。

真理(真実)を知っても、そこから何もしなければ何も変わることはありません。

運命を変えることなんて出来ません。

占いのダメなところは、事実だけを教えることです。

正しく善くなるやり方を教えないことです。

うそを教えることです。(そして壷を売りつける)

もう過去(前世)に振り回されることはやめましょう。

真理を知らぬ存ぜずで避けて生きることはやめましょう。

自分の幸せだけを願うことはやめましょう(光が弱いのです)

ここでは真理をお伝えすることは出来ます。

しかし知っただけでは何も変わりません。

人間は自分と人類同時に幸せ(平和)になってはじめて天命をまっとうするのです。

天命とは天から命ぜられた使命です。

私たちは世界平和の祈りを祈るために生まれて来たのです。




世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます



 
追伸・・・五井先生のご講話です。素晴らしいので是非、お聞きください。


https://www.youtube.com/watch?v=pXMc0XylFFU&t=750s


  
  

人間とは光の波動体である



宇宙はすべて波動(波の動き)で出来ていることは今の科学でもわかっています。

では宇宙の一部である人間(小宇宙)はどうやって出来ているか?(目の前に現われているのか?)

それは波動の細かい精神波動と波動の粗い物質波動で出来ているのです。

精神波動とは魂、心のことです。

物質波動は肉体です。

精神波動に物質波動が合一したのが人間です。

そして大切なことは、精神波動が主で、物質波動は従ということです。

心が主で肉体が従、心に肉体が纏っている、くっついているのです。

だから肉体が滅びても、主である魂、心は残るのです。

それを今の人間のほとんどは肉体が無くなったら心まで消滅すると思っている。

目にみえるものしか存在しないと思っているので、肉体が主で、魂、心が従になっているのです。

覚者である五井先生は、肉体の死を驚くほど軽く?簡単?に説いておられます。

「肉体界の用事が終わったので、霊界に戻りま~す」

「これからは身も心も軽くなった霊界、神界で働きま~す」という乗りです。(笑)

私たちの不幸?の始まりは、死の恐怖ではないでしょうか?

だから病気が恐い、「人間は病気で死ぬ」と思っているからです。

五井先生は、「人間は病気で死ぬのではない、寿命で死ぬのだ」とおっしゃっています。

現に、病気をたくさん持っていても100歳まで生きる人がいる。

昨日までピンピン元気だった人が、突然死、交通事故などでいとも簡単に若い年齢で死んでしまうことがある。

それもこれも肉体界の役割が終わったから、必要なくなったから物質波動が無くなっただけなのです。

生命のほんの先っぽの現われの肉体が消えた、でも幽体、霊体、神体のボディは残るのです。

そして想念で汚れている幽体が浄まり無くなったら、綺麗なエネルギー体の霊体と神体だけになる。

これがアセンションなんですね。

そして人間みんなが悟りの境地、状態になります。(地上天国の完成)

話を元に戻して、

物質である肉体も顕微鏡で見れば、細胞、分子、原子、最後は微粒子の集まりであることがわかります。

非常に細かい粒子で出来ている、そしてそれが波のように動いているのです。(目を細めて相手の人の肉体を見たら波を打っているのがわかるときがあります)

そしてその波は光の粒子で出来ています。(だからパワースポットになれる)

それが人間の本体です。

五井先生が「人間は波動体である」ことをわかりやすく説明してくださっています。

是非、ご覧ください。

そして安心してください。


https://www.youtube.com/watch?v=qu-JQWJ0SSM


  
   

  

2017年5月16日 (火)

イチローは天界(神界)を現わしている

 
 
イチローが10年連続の200本安打を達成しました。(2010年9月24日のブログより)野球

イチローはバッティングだけでなく、守備も素晴らしいです。

3拍子も4拍子も揃っている、そのすべてが超一流です。

なぜ、そんなプレーが出来るかというとイチローがプレーをしているときは

空になっているのです。

つまり頭を空っぽにして、天からの本当の力をそのまま肉体に降ろしている。

だから普通の人の何倍も何十、何百倍も力が出るのです。

普通の人は肉体からしか力が出せない。

しかしイチローは天界の力を使うことが出来るのです。

それは、オーミング・アップのときのストレッチから準備は始まります。

身体の力を抜いて意識、感情を鎮めて、天界と交信するために統一に入っていく。

本人は統一を自覚してしているのかはわかりませんが、前世からの修行の習慣で自然としているのだと思います。


イチローは地球上に居て、天界の世界を肉体に現わしているのです。
 

こういう人を人は天才と呼びます。わーい(嬉しい顔)指でOK


イチローだけでなく、音楽界にも芸術界にも、もちろん一般の社会でも天の恵みを受けて、現わしている人がいるのです。

イチローはスポーツ界で、天の調べ(波動)を表現しているのです。

そしてイチローの背番号は51番です。

51とは五井先生のことだそうです。

五井先生は、肉体という器を使って肉体界に神界(宇宙)の教えを伝えました。

イチローもその器を使って、肉体界に神界の波動を伝えているのです。
 

五井先生の魂が生きているのです。


今この時期にイチローが偉業を達成したのはすごく意味のあることだと思うのです。




人間よ、空になれ!


肉体意識から脱皮して宇宙意識へシフトせよ!

 


そう言っているように思うのです。




 
世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)

我即神也

人類即神也



  

7は完成を意味する




ついこの間七夕があったのですが七夕と言えば7月7日です(2009年7月9日のブログ)

でも、この7にすごく深い意味があるのです。

7は宇宙の完成された数字なのです。

地球も宇宙なので地球上でも7が節目になります。

一週間、潮の満ち引き、赤ちゃんの生まれる周期、ラッキーセブン、ウルトラセブン・・・・・・・・

7とは宇宙の無限を意味するのです。

それが証拠にどんな数字でも(割り切れる数字以外)7で割ると同じ数字の繰り返しになるのです。

1÷7=0.1428571

2÷7=0.2857142

8÷7=1.1428571

すべての数字が

1428571・・・・・・・・・・

の繰り返しになる

これって奇跡ですよね 夜

そしてもっと奇跡的なことは後数年で地球がまったく新しい星に生まれ変わるということです。

でも、宇宙的にみれば太陽がいつもあるように星が無限にあるように当たり前のことなのです。

地球が進化した星になることは決まっているのです。
 

でも私たちはそうは想わない。


今の状況でなぜ進化出来るんだ

むしろ退化しているのではないのか?

人間はダメな方向へ行っている



人間の頭で考えるからそう想うのです。


しかし、宇宙的に観ればそうではないのです。


本文


地球はね

今七劫という周期に入っています。

26000年ごとに大浄化されるのですが2012年がその時期なのです。

これまでに何回も浄化されてきたのですが完成までに至らなかった。

それが、今回でやっと完成するのです。

今までに完成されなかったのは、まだ生まれ変わる時期ではなかったからです。
 

愛が本物でなかったからです。

真理が本当にわかっていなかったからです。

 

地球は太陽系で一番遅れた星でした。

意識が低かったのです。

だから戦争があった

だから対立があった

だから神さまは次元上昇を認めなかったのです。
 

意識の高い星にはなれなかったのです。



肉体の自分しかみていないからです。

ダメな自分しか

愚かな人間しか

認めてこなかったからです。



私たちは一人一人が創造主なのです。

私たちは星を創っていけるのです。

そのことがわかるようになるのがアセンションの瞬間なのです。


真理とは我即神也なのです。


わたしたちが創造主なのです。


これがすべてのすべてなのです。
 


 我即神也
  西園寺昌美  白光出版  



  

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ