« 病気は近い将来無くなる | トップページ | 思いは現実になる‼️ »

2019年12月13日 (金)

考え方が変わる→細胞が変わる→ガンが消える


【私たちはがん細胞を怖いものだと思っていた、思い込まされていたと言えば言い過ぎでしょうか⁉️】(医者も私たちもガンを誤解していた)

多くの人がガンで亡くなっている一方、末期ガンから生還する人も多く存在します。

その人たちに「なぜ、ガンが治ったと思いますか?」と聞いたところ1番多かった答えは、「考え方を変えたから」・・・だったそうです。

考え方が変わる→細胞が変わる→ガン細胞が消える

本文

『あなたが変わればガンは治る』

では、ここで、がんについて、現在わかっていることをお話していきましょう。

まず、がん細胞について。
がん細胞は、まるでエイリアンのように、どんな悪条件にもかかわらず、どんどん際限なく増殖していって、正常な細胞を食いつぶし、やがては患者さんを死に追いやるといった、そんなイメージを持たれている方が多いかもしれませんが、

実は、まったくそうではありません。 

がんは、むしろ内弁慶な細胞です。

体外に出してやると、とたんに死んでしまう、意外と生命力の弱い生き物です。

実験室で培養してみるとよくわかるのですが、とても育てにくい死にやすい、デリケートな細胞なのです。

放っておいてもどんどん増えていくというイメージとは程遠いものです。

温度調節や栄養補給などなど、手取り足取り、けっこうまめに面倒を見てあげないとすぐに死んでしまう、そんなひ弱な細胞なのです。

たとえば、がん患者のAさんのがん細胞を、健常人であるBさんに移植したとしたら、どうなるでしょうか?

本当にたとえばですが、仮にそんなことがあったとしても、基本的にはBさんはがんにはなりません。

Bさんの体内に入ったとたん、移植されたがん細胞はBさんの免疫力で簡単に撃退されてしまいます。

では、なぜAさんの体内にいる場合に限り、がん細胞は際限なく増殖していくのでしょうか?

それがたいへん不思議なところなのですが、それはAさんの身体が、がん細胞が成育し、増殖しやすい環境に変化したからなのだと考えられています。

イメージとしてはつまり、がん細胞が強くなったのではなく、まわりの環境が脆弱になってしまい、結果として、がん細胞が生き延びられるようになってしまったという感じです。・・・・・・・・・・・・・・・・・つづく
 

「9割の医者は、がんを誤解している」 岡本裕著 飛鳥新社

補足・・・どんなに良い医者がいて、特効薬の高い薬があったとしても、ガンを怖がりネガティヴ思考だったならば、絶対に治らない!
ガンの正体(弱っちい奴)を知って今までの自分の「考え方を変える」、これしかないと思います。

実は、この「考え方」の助けをしてくれるのが、「良質な水素ガス」なのです。水素ガスは、宇宙の波動(宇宙の92.1%は水素で構成されている)、だから脳波がシータ波🌊に変わり、ポジティブ思考になります。
実は水素ガスの一番優れているのは、「思考が変わること」なのです(^^)

良質な水素ガスが欲しいという方は、メールください
goodmoon51@yahoo.ne.jp



3b4ddcfd60af48eca328edbc849f8307


B999edf18a644c6f820fae530f8bbdc4


C9f694f41df74f89a5c962d96ea55dda

« 病気は近い将来無くなる | トップページ | 思いは現実になる‼️ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 病気は近い将来無くなる | トップページ | 思いは現実になる‼️ »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ