« 霊能について教えてください! | トップページ | クエン酸は神薬だそうです‼️ »

2019年9月 1日 (日)

精神文明、霊文明がやって来る‼️


まだ、実感としては感じていないかもしれませんが、私たちの地球は今現在、物質文明から霊文明へ確実に移行しています。

 

物質文明とは目に見えるものやお金など、3次元中心の世の中です。

 

宇宙から注がれるエネルギー、波動は4次元を通り越して5次元、多次元になっています。

 

にもかかわらず5次元の世界(地上天国)が現われていないのは、ほとんどの人間の意識がまだ3次元、肉体界のみにあり、低次元にあるからです。

 

今、地球では極僅かな人々が「霊文明」がソフトランディングで訪れるようになるために、『神聖復活目覚めの印』を組んでいます。

 

この印のエネルギーには、「肉体が自分である」「自分は動物である」「人間は死んだら終わりだ」と思い込んでいる人たちに、「自分は神の子であり、霊なる存在なんだ」「生命は永遠に生き続けるのだ」「人間には無限の可能性がある」と真理に目覚めさせる強烈なエネルギーが宿っているのです。

 

しかし何百、何千、何万回と輪廻転生している間に真理(我即神也)から離れている間に自分は肉体人間なんだという意識が潜在意識に植え付けられて来たので、すぐに神聖が蘇るのではないのです。

 

目覚めた人から順番に印を組むようになって行きます。

 

『神聖復活目覚めの印』のエネルギーを受けて、輪廻転生によってつくられた業因縁が取れてくると、粗い波動に合わなくなります。

 

お肉が食べれなくなる、体に悪いものが受け付けなくなる、欲望が少なくなる、穏やかになる、愛深くなる・・・・印によるエネルギーと宇宙から降り注がれる両方のエネルギーによって意識も神意識に近づいて来るのです。

 

すると体も整ってくるので、病気になることもなくなるのです。

 

医療業界は、慌てます、これまでのように薬を与え手術をして患者からお金を奪い取ることが出来なくなるからです。

 

医療業界だけではありません、お肉、牛乳などの乳製品も摂らなくなるので、酪農業界も淘汰されます。(お肉や乳製品は本来人間が食べるものではなかったからです)

 

食品業界も9割は要らなくなるでしょう。完全に供給過多になった不動産業界も、生き残りが困難になります。

 

人々はお金に頼らない生活を始めるので、経済は停滞し、金融業界も必要なくなります。

 

運送業も、AIによる自動運転で、人々は、多くの職を無くします。

 

働いてお金を稼ぎ、ステータスを上げて行くという概念が崩れるのです。

 

お金のために働くことが無くなります。(ボランティア要素の多い仕事が増える)

 

霊文明になると、感情(勘定=お金)の時代を超え、感動(愛)の時代になるので、感情(勘定)処理に使われたお金が必要なくなるのです。

 

お金の役割が終わります。

 

キャッシュレスなどはその象徴です。真理に目覚めた人は、欲望に走らなくなるのでお金に執着しないのです。

 

いつそんな時代になるのか?は言えませんが、今は信じられないかもしれませんが、目にみえない波動は確実にアセンション(次元上昇)に向かっています。

 

私たちは新しい時代に備え、波動を上げなければならないのです。 でないと地獄図になるからです。

 

他の人は関係ありません。自分の中に宇宙があるからです。自分が世界を創っているからです。

 

私たちは何のために地球に降り立ったのでしょう? それは自分の波動を神波動にして同時に地球の波動を上げるためです。(個人人類同時成道)

 

宇宙に貢献するためです。それしかありません。

 

『世界平和の祈り』 『神聖復活目覚めの印』はそのためのツールです。

 

私たちは、祈るために生まれて来た、印を組むために今ここにいる

 

それしかないのです。

 

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます



 

« 霊能について教えてください! | トップページ | クエン酸は神薬だそうです‼️ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 霊能について教えてください! | トップページ | クエン酸は神薬だそうです‼️ »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ