« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月29日 (日)

重曹、クエン酸、どちらも神薬だと思います‼️

【どちらも薬局で安価で売っています‼️】

『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある‼️

重曹の効用は色々聞きますが、ガンにも効くとは!

リンクより引用

(以下、この歯科へ通っておられるガンの方が書かれた記事の要約です)

全く保険の効かない歯医者だけど、歯のことならブラック・ジャック並に治してくれるので20年来の行き付けの歯医者さんです。

先生は博士号を持っておられ、ガンの研究も熱心です。

最近はある患者さんの舌ガンの治療を治し、肝臓ガンの治療も取り組み治されました。

NHKやラジオ番組にたびたび登場する有名な歯医者さんです。

勿論、自分の悪性リンパ腫の事を言うと、びっくりされていたようで、
「もっと早くここに来ていれば私が治してあげたのに~」と、おっしゃってくれました。

ガンは自宅で簡単に予防することが出来、しかも重曹で治ると聞きました。

その先生の話では殆どのガンは重曹で治るそうです。

余命数ヶ月といわれていた肺ガンの患者さんは、この重曹で救われ既に15年生きているとおっしゃってました。

自分は話半分で聞いておりましたが、敢えて抗癌剤は必要ないということでした。

何故抗癌剤が使われているのかというと、医薬品が世界中で儲かるらしいからだそうで、現にその証拠資料や海外の資料まで沢山見せてくれました。

実際に、全てのガンが重曹で治ることをイタリアの学者が発見し発表したところ、暗殺されたそうです。

抗がん剤は、体を痛め、高いお金を払い、寿命を縮め、病気が治ったとしても、抗がん剤を打ったが為に、ガンリスクが更に上がってしまう可能性があるそうです。

取り敢えず重曹でうがいを行い、20%に薄めて少量飲むことを薦められました。
私が薦められたうがいの方法は、小さじのスプーン一杯に、ヤクルト1本分の量ほどの水で薄める事です。

かなり塩味の効いた味がしますが、やるのとやらないとの差はかなり違います。
やっていると、鼻の奥の痰のようなものが時間と共に出てきて鼻が気持ち良くなります。
興味のある方は一度試してはいかかでしょうか? 


【クエン酸は神薬だそうです‼️】(これから、クエン酸、重曹ブームがやって来る!)

クエン酸を毎日飲む

クエン酸は、神薬です。万能薬です。

しかし食品ですので 病気が治ると宣伝をすると薬事法違反で逮捕されかねません 
(こんな法律本当に正しいのでしょうか?)

しかしほとんどの病気はクエン酸を上手につかえばかなりの予防効果と治療効果があります。糖尿病には特に効果があります。

副作用もありませんし、安価なので特にお勧めします。殆どの病気の場合、体液は酸性になります。これを弱アルカリ性にするものがあれば優れた治療薬になりますが、WHOに登録されている約1500の食品 薬品成分表の中で弱アルカリ性にできるのは、ただ一つクエン酸だけであります。また、食品が体内でクエン酸などに変化しながらエネルギー化していくサイクルを解明したイギリスのクレブス博士は、クエン酸サイクル理論、を発表してノーベル賞を貰っています。

かつて、日本医師会のドンといわれたT会長の所にクエン酸の絶大な効果を、長田 正松氏(国連政治文化大学名誉教授)が話しにいったところ、T会長は、クエン酸はだめだめ、もしクエン酸が世の中に広まったら、医者も病院も薬屋も廃業するしかない。クエン酸が一番良いのはすでにはっきりと判っている、しかし安すぎて商売にならんし、第一、医者がいらなくなるので、とんでもないことだ、といったといいます。

補足・・・飲み方は、クエン酸、重曹を小さじ半分を適量の水に溶かして飲んでください。
水素水に溶かすとよりベターです。
私は、水素ガス吸引と同時に水素水も生成できる水素ガス発生器を使っています。
クエン酸、重曹は最高‼️完全無欠のコンビかもしれませんね‼️

この2つの神薬に、水素ガスを加えたならば、健康はぐっと近づいて来ると思います^_^

https://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/968a52c68d842890e2994663a3d2b61d




 

90%の病気は、ストレスが原因‼️

【水素ガスは、すべての病気の根源となるストレスを減らす‼️】

ストレスが健康に悪影響を及ぼすことは、多くの方がご存知でしょう。

ガンにかかる患者さんの多くは、発症の数年前に非常に大きなストレスを感じるような出来事に遭遇している方がほとんどだそうです。

そしてあらゆる病気のうち90%はストレスが関連しているといわれています。

慢性的にストレスにさらされるようになると、心身にはさまざまな悪影響が出はじめます。

たとえば、偏頭痛、胃炎、胃潰瘍、高血圧、心筋梗塞、脳卒中、ガン、便秘や下痢、アレルギー、うつ病など。

ストレスに関連しない病気を探すほうが、難しいといえるでしょう。

しかし、仕事や家庭、人間関係に関わる場合など、排除したり、気持ちを平常にコントロールするのは、難しいと思われます。

ストレスが生じると、その影響を和らげるために、私たちの身体は副腎皮質から「抗ストレスホルモン」を分泌します。

このときに『悪玉活性酸素』も生成されるため、慢性的にストレス状態が続くと体内から『悪玉活性酸素』が大量に生成されることになるのです。

そして、多くの場合、この『悪玉活性酸素🦹‍♀️』が胃潰瘍や胃炎、心筋梗塞や脳卒中、ガンなどを引き起こしています。

こうした悪循環を断ち切るために役立つのが水素です‼️

【水素ガス】を吸入することで、『悪玉活性酸素🦹‍♂️』を抑制し、細胞の酸化を軽減することで、ストレスに端を発するさまざまな病気を改善したり予防したりすることができます‼️

また、良質な水素ガスは、数十分以上吸入すると、シータ波🌊の脳波が出現して瞑想しているのと近い状態になります。

瞑想というのは、ストレス解消に最適の精神状態ですので、1日に1回水素ガスを吸吸入して精神の安寧を図ることは、重要であると考えます。

ストレスを発散するための趣味や時間がないという方にも、是非‼️

【水素ガス吸入】によるストレスケアをおすすめしたいと思います。

ただし、水素が発生しているガスならば、どれでもいいというわけではありません。

発生量、純度、濃度などが大切です。

ご興味のある方は、ご相談ください‼️

goodmoon51@yahoo.ne.jp













 

2019年9月28日 (土)

健康寿命を延ばすには、水素ガスが有効です‼️


日本人の平均寿命と健康寿命

●男性 平均寿命/ 79・55歳 健康寿命/70・42歳 差9・13歳

●女性 平均寿命/86・30歳 健康寿命/73・62歳 差12・68歳 

(平成22年厚生労働省調べ)

この統計をご覧ください!
健康寿命とは、元気で仕事をしたり生活できる年齢です。
一方、平均寿命とは、寝たきりになってベッド🛌で過ごしている可能性のある年齢です。
男性で、9・13歳、女性で12・68歳、長いですね(苦笑)

ほとんどの人の願いは、ピンピンコロリ、健康なまま、寿命を迎えたい、クォリティ・オブ・ライフ、質の高い人生を送りたいということだと思います。

実は、私はある本(水素ガスでガンは消える⁉️)を読んでいるのですが、ワクワクしてきました(笑)

それは、良質な水素ガスを吸引することで健康寿命が10年延びるというのです。

なぜ、そうなるのかは、本に書いてあります(笑)

ガンだけでなく、あらゆる病気にも水素は有効です‼️

是非、読まれてください‼️


https://m.youtube.com/watch?v=v2wwnj-oXVA&ebc=ANyPxKpHi71jWEPm6O8lJsRN6q4R4I39wcwhBF0JG0616FL14LIDnS92trxAEMhxplx46BkVFYpfUkN-MQ6hd_Mj2BN4QRKJQg

良質な水素ガスに興味がある方は、ご連絡ください‼️

goodmoon51@yahoo.ne.jp







2019年9月26日 (木)

今の若者が考えていることとは?


私には、今年29歳になった一人息子がいるのですが、息子に面と向かって考えていることの中身を聴いたことはありません(苦笑)

そこでいつも行っている喫茶店のマスター(言い方が古いかな?)、35歳独身、男性に、「お金やステータスについて」「自分の健康や、日本の将来について」一般の若者はどう考えているのか?聞いてみました。

まず、若い人たちはバブルを知りません。

大きな家に住むこと、高級車に乗ること、一獲千金を夢見てリッチな生活を送ることに多くの若者は興味がないようです。

お金に関しては、「なんとか食べて行ければいい、貯金も特に考えていない、年金もあてにならないので、掛けたくない」

健康に関しても、「今のコンビニ弁当や炭酸飲料は身体に悪いことは知っている」「しかし、それらを辞めても他に代わるものもない、病気になるのは嫌だけれど、なってから考えればいいのではないか?未病、病気になるのを防ぐ、という考えはない」
ということでした。

そして、結構衝撃的だったのは、「長生きしたいと思わない」でした。

自分や日本、世界、地球の未来についても、「どうなって行くのか、先が読めない、又、読んでも、予測しても仕方がない」というものでした。

私の感想は、「ごもっとも、私が今の若者だったとしても同じような考えになるな」と思ったのです。

若者は、今も昔も適応力や順応性があるので、上手く生きて行けると思うのです。

お金や物に固執しない、現在にも未来にも不安視しない生き方で良いと思うのですが、最近特に、ガンや原因不明の病気が増え続けています。

80代、90代のお年寄りが比較的元気で、50、60代の人が還暦を健康体で乗り越えることが難しくなり、それにも増して若年層のガンや糖尿病が急増している。

おじいちゃん、おばあちゃんが子どもや孫の喪主になるという「逆さ仏現象」が起きているそうです。

これは由々しき、憂べき現象です。

お金よりも、どんなステータスよりも大切なもの

それは健康です。

「体が資本」であることは、老若男女、共通の真理です。

若い人が病院のベッドで点滴や酸素ボンベに繋がれている姿は、似つかわしくありません。

病気になってからでは、遅い、手遅れになることもあります。(進行が速いから)

健康でなければ、青春を謳歌することも、仕事に打ち込むこと、好きなことをすることもできない。

今から、健康に留意して行くことが大切だと思います。

勘の鋭い?若者は、仕事の合間に、仕事中にも「水素ガス」を吸っているそうです。

40代、50代になったときに大きな差が出てきます。

日本、地球の未来は予測できなくても、何十年後かの自分の姿、形は予想できます。



D5be3e34f01940ecbb36d15bd11bb81c

9割の医者はガンを誤解している‼️

 

 

ならば私たち患者側がほぼ100%誤解してしまうのも当然です。

がんに罹るとほとんどの人がまるで呪縛にかかったかのように次のように想うのです。

1.ガンはやっかいな病気だ

2.早期なのか? ステージは?手遅れでは?

3.治療が苦しく辛い

4.長生き出来ない

5.ガン=死

これらの恐怖が益々がん細胞を増殖させることになってしまう

「9割の医者は、がんを誤解している」岡本裕著 飛鳥新社・・・では、がん細胞の正体をあばいてくれています。

正体がわかってしまえば後はこちらの考え方を変えるだけです。

対応の仕方がわかるからです。

事実、数多くの末期ガンの人がガンを克服し生還している‼️

一番肝心なことは、考えを変える→細胞が変わる→がん細胞が消える、だと思います‼️



がん細胞は死にやすい(本文から抜粋)

 
では、ここで、がんについて、現在わかっていることをお話していきましょう。
まず、がん細胞について。
がん細胞は、まるでエイリアンのように、どんな悪条件にもかかわらず、どんどん際限なく増殖していって、正常な細胞を食いつぶし、やがては患者さんを死に追いやるといった、そんなイメージを持たれている方が多いかもしれませんが、

実は、まったくそうではありません。 

がんは、むしろ内弁慶な細胞です。

体外に出してやると、とたんに死んでしまう、意外と生命力の弱い生き物です。

実験室で培養してみるとよくわかるのですが、とても育てにくい死にやすい、デリケートな細胞なのです。

放っておいてもどんどん増えていくというイメージとは程遠いものです。

温度調節や栄養補給などなど、手取り足取り、けっこうまめに面倒を見てあげないとすぐに死んでしまう、そんなひ弱な細胞なのです。

たとえば、がん患者のAさんのがん細胞を、健常人であるBさんに移植したとしたら、どうなるでしょうか?

本当にたとえばですが、仮にそんなことがあったとしても、基本的にはBさんはがんにはなりません。

Bさんの体内に入ったとたん、移植されたがん細胞はBさんの免疫力で簡単に撃退されてしまいます。

では、なぜAさんの体内にいる場合に限り、がん細胞は際限なく増殖していくのでしょうか?

それがたいへん不思議なところなのですが、それはAさんの身体が、がん細胞が成育し、増殖しやすい環境に変化したからなのだと考えられています。

イメージとしてはつまり、がん細胞が強くなったのではなく、まわりの環境が脆弱になってしまい、結果として、がん細胞が生き延びられるようになってしまったという感じです。・・・・・・・・・・・・・・・・・つづく

 

「9割の医者は、がんを誤解している」 岡本裕著 飛鳥新社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン細胞はゴミのようなものなのです‼️

 

 

【人間の神秘、無限の可能性を知れば、ガンは無に等しいことが分かります‼️】

人間が潜在的に持っている凄さ、素晴らしさがわかれば、ガンごときに負けるわけがないと思うのです。

その根拠を簡略化して説明します。


1.ヒトは60兆個の細胞から成り立っている

2.60兆とは60億の1万倍である

3.地球の人口がおよそ60億だから仮に細胞1個をヒト一人に見立てれば、ヒト一人分の細胞の数は、実に地球一万個分の人口に等しいことになる。

4.地球一万個分の細胞が集まっているにもかかわらず、60兆個の総合体は破綻することなく、数十年から百年近くまっとうに機能している。

5.あちこちやんちゃな細胞が出現してもおかしくない環境なのに数十年も秩序を保ち続けている。これは奇跡である。

6.ヒトにはガンになりにくい、人知の及ばない、とてつもない叡智が働いているのではないか?

7.このとてつもない力は自己治癒力であり、そのお陰でガンにならずにすみ、仮になったとしてもすみやかに治療せしめることができる。

8.実際、私たちの体内には毎日数千個レベルのがん細胞が発生しているが、自己治癒力のおかげで事なきを得ている。

9.自己治癒力はとてつもない力であるが、年齢(40歳を越える頃)、ストレス、その他免疫力を弱める食べ物、間違った生活習慣により自己治癒力が著しく低下したときに毎日数千個レベルで発生し、そして消えていたがん細胞が増殖することとなる。

10.発生するガン細胞が毎日6千個だったとしても全細胞の60兆個と比べると、100億分の一です。全細胞のうち100億分の一だけがコピーミスをする。
治癒力があるときはなにごともなく消してくれていた。

それがよほど弱っていたのか、10年~30年かけてがん細胞は少しずつ大きくなった、しかしまた、治癒力さえ戻せばがん細胞はあっさり消え去ってくれるのです。

私たちは必要以上にガンは強くやっかいなものだと思っていた。
しかし地球や宇宙に匹敵するグローバルな人間の存在(東洋医学では人間は小宇宙と言われている)は、とてつもない自己治癒力に比べれば取るに足らない存在なのです。
あなどってはいけませんが、等身大に見ても、非常に小さくて弱っちい、たいしたことのない奴なのだと思いましょう(笑)

人間の偉大さから観ると、ゴミのような存在なのです。

補足・・・良質な水素ガスの素晴らしいところは、脳波を宇宙意識のシータ波🌊にしてくれるのです。
いつの間にか、ポジティブになっています。
宇宙意識になるとコピーミスもいつの間にか、消えることもあるでしょう‼️
これを人は奇跡と言います^_^

宇宙の92.1%が水素分子で構成されています‼️
良質な水素ガスを求めている人は、ご連絡ください。
goodmoon51@yahoo.co.jp







 

 

 

 

 

食べてゆくための仕事は、「余技」である‼️

五井先生は、人間のほんとうの仕事(天職)とは、「世界平和の祈りを祈ること」であり、食べていくための仕事は余技であるとおっしゃっています。 余技とはおまけとか、専門以外という意味であり、祈りほど重要視していないのです。

 

もちろん、世のため人のために本気で一生懸命に打ち込んでいる人の姿は神そのものであり、素晴らしいのですが、それ以外の食べてゆくための仕事や、お金のためにとなると感情(勘定=お金)が入り、生命がエネルギーが汚れてしまうのです。

 

私はビジネス交流会などに時折参加するのですが、ほとんどのメンバーは我が仕事のため、どうすれば自分にメリットになるか、を考えており、世のため人のため、地球のため、宇宙のためなどとは思いもしないでしょう。

 

この世の仕事とは、それだけ汚れているのです。(すべてではありませんが)

 

 これから世の中は2極分化し、人のためを思って仕事をしている人と、「人はどうでもいい、生きようが死のうが知ったことじゃない」と思っている人とがハッキリと分かれてきます。

 

だがしかし、純粋なほんものの人はほとんどいないので、これから精神文明に移行するにしたがい、かなりの仕事が無くなっていきます。 人間の生命を損なうもの、クスリ、化学薬品を使った食品、加工した死んだ食べ物を作っているところ、暴利をむさぼったもの、詐欺まがいの行為・・・・・残念ながら9割の職は、本来の人間にとって不必要なものであり、生命を汚すものなのです。

 

人間は職を得るため、お金を稼ぐため無理やりに職を増やしてきました。 「風が吹けば桶屋が儲かる」式に、戦争があれば産業が栄える、病人が増えれば、医療業界が儲かると悪をお金に換えてきたのです。

 

今ある仕事は、これからほとんど無くなる、要らなくなる。 それなのになんとかまだ稼ぎ儲けようとしている。自分が悪に加担していること、良心に背きながら誤魔化しながら生きていることに正面から向き合おうとしない、今のままでは無理があるのです。 

 

 もうそんな時代じゃない。世のため人のためになる仕事しか無くなるのです。愛のない仕事はダメです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・そしてやがてお金も消えてゆく。 

 

仕事も商売もビジネスも汚れていようがいまいが、一度『世界平和の祈り』の光の溶鉱炉の中に入れてしまって、そこから生まれる仕事やヒラメキでこれからの仕事を考えることをしなければ、にっちもさっちもいきません。

 

そして光り輝いた仕事は、他人と一緒にやるものではない、一人で切り開いて行くものです。汚してはいけないのです。仕事とは自分一人でするものです。

 

すべてを一人でする、というのではありません。主になるものは自分でという意味です。神からの神智(インスピレーション)で生きる。 頼ったり、あてにしたり、共同経営などしてはいけません。 妥協するな、ということです。

 

仕事の中で『世界平和の祈り』を祈るのではありません。 『世界平和の祈り』の中に仕事を入れてしまうのです。

 

『世界平和の祈り』 が主で、肉体界での仕事(余技)は従なのです。

 

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます

 

 




 

2019年9月24日 (火)

地球環境に良いことをしましょう‼️


【洗濯マグちゃんの水素パワーが地球🌏を救う‼️】

我が家では妻が洗濯物を長時間部屋干ししています。

「洗たくマグちゃん」をつかうと
驚くことにカビ臭い湿った独特の臭いが全くしないのです。
「これだけでも十分嬉しい‼️」
と言っていました。

洗濯機の中にマグネシウムの粉末が入った小袋を入れるだけ、水道水がアルカリイオンの〝水素水〟になります。

【洗たくマグちゃん】

1.洗剤が要らない(2個使うと頑固な汚れも取れるそうです‼️)

2.臭いにおいが消える

3.殺菌してくれる

4.ふんわりほどよく仕上がる(柔軟剤が要らない)

5.洗濯槽の掃除が要らない

6.排水口が綺麗になる

そしてなによりも洗剤を使わないので地球🌏環境に優しい!
おまけに300回(1年間)使えるので家計も助かる😆

お待たせしました
お値段はネットで1300円前後
店頭に置いてあることはめったにないそうです。(洗剤が売れなくなるから)

9d7e87569604448a93cd43bf19b9d659









  

2019年9月23日 (月)

水素ガスで免疫力を高まり、ガン細胞が消える‼️

タイトルで答えを言ってしまいましたが(笑)
水素ガスがガン細胞を消すのではなく、良質な水素ガスを吸引することで、ガンの原因である「悪玉活性酸素🦹‍♀️」を除去し、細胞や遺伝子が蘇り、本来の働きをするようになるのです。

ガン細胞は、健康な人でも1日に5千から数万個発生しています。

それを毎日消しているのは、自然治癒力、免疫力、生命力です。


「悪玉活性酸素🦹‍♀️」は、ストレスや間違った食べ物などにより、異常に多く発生するものであり、その酸化力(細胞をサビさせ、老化する力)は、善玉活性酸素の数百倍と言われています。

それによって細胞や遺伝子、ミトコンドリア(エネルギーの工場🏭)を攻撃し、免疫力を弱らせているのです。

水素ガスは、この悪玉活性酸素だけを除去してくれるのです。

悪玉活性酸素を除去できるのは、水素だけです。

他の抗酸化物質は、良質な活性酸素までも消してしまいます。

そして、肝心の悪玉は消すことができない‼️

下の動画をご覧ください‼️

鳥取県のよろずクリニック、よろず先生が水素ガスがガンに有効(その他の病気にも)であるとハッキリ語っておられます。

それを証明する、書籍も発売されました。

いよいよ、ガン克服の時代がやって来ました‼️

良質な水素ガス発生、吸引器に興味のある方は、ご連絡ください‼️

goodmoon51@yahoo.ne.jp



https://www.youtube.com/watch?v=v2wwnj-oXVA&ebc=ANyPxKpHi71jWEPm6O8lJsRN6q4R4I39wcwhBF0JG0616FL14LIDnS92trxAEMhxplx46BkVFYpfUkN-MQ6hd_Mj2BN4QRKJQg













  

2019年9月22日 (日)

自分の運命も地球の運命も100年先まで決まっている‼️

先日、五井先生は、「地球人類🌏の100年、200年先のことはだいたい決まっている、だからジタバタするな」と仰った、と書きました。
ということは日本🇯🇵がこれからどうなってゆくのか?そして個人の自分がどうなるのか?は、守護霊さんはもちろんご存知なのです。
明日何をして、誰に会って、明後日にはどうなっているのか?自分は何もわかってはいないけれど、守護の神霊は百も承知です。
でないと、字のごとく護ることなどできません。
なのに私たちは、他人を変えようとしている、世の中を変えようとしている。

自分の運命、日本の運命、そして地球の運命も何億光年も前から決まっているのだったら、自分は何をすればいいのか?

それは宇宙法則、地上天国が滞ることなくスムーズに顕われるように、自分が発する波動、エネルギーを調えることをすればいいのです。

自分の発するエネルギーを調和したものにする、神さまが使いやすい、光を降ろしやすい器になる。(波動調整といいます)

そのために五井先生は、「世界平和の祈り」と印を降ろしてくださった。(昌美先生の器を通して)

「神聖復活目覚めの印」は誰でもが組めるのです。

組むと宇宙の波動と肉体波動が交流し、物質波動が消えて行きます。

病気、疲れ、業想念、ストレス、マイナスのエネルギー、すべて人間が作った粗い物質波動です。

組めば組むほど取れていきます。

スッキリ爽やかになり本心が光り輝いて行きます。

神聖が顕われてきます。

その光を浴びて、周りが目覚めて行きます。

私たちがすることはこれしかないのです!

すると守護霊さんが次のレール、ステップをつくってくださいます。

役割が与えられるのです。

これがもう一つのミッション(天命・天職)になって行きます。(最大ミッションは祈ること)

世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命がまっとうされますように
守護霊さまありがとうございます
守護神さまありがとうございます



  





2019年9月21日 (土)

糖質は中毒になる‼️

糖質中毒から抜け出すと、身体が軽くなる

「糖」には常習性があると指摘されています。

甘いものを食べると、脳の伝達物質であるドーパミンが大量に分泌されます。

これによって快感中枢が刺激されます。

また、血糖が急激に増えると、快楽物質のセロトニンが分泌されます。

セロトニンはうつ病の患者さんに使用する薬でもあり、脳内にモルヒネを放出します。

すると気分が高揚し、幸福感をあじわうことができると考えられています。

つまり、「糖」を摂取することで起こる幸福感は、モルヒネ同様、「もう一度味わいたい」という欲求を生む中毒性のあるものなのです。

危険ドラックや覚醒剤で逮捕された人が釈放後も薬をやめられないように、糖質も断ち切るのが非常に難しい常習性を持っています。

しかし過剰に摂取し続ければ、確実に身体の老化を加速させてしまいます。

とくに血管と肝臓、膵臓にかかる負担は大きく、生活習慣病を罹患する率は大幅に上がってしまいます。

糖質すべてをやめることは難しくても、炭水化物を一日一食にする、甘いおやつを控えるといった努力から始めてみてはいかがでしょうか。

糖質を減らしていくと、数週間で身体が軽くなることを実感できます。

また、食後の眠気を感じにくくなり、有効に時間が使えるようになるはずです。

 

『なぜ水素で細胞から若返るのか』辻直樹著

 

感想・・・・ なぜ今流行りの「タピオカブーム」が何年も続いているのか? それは、中毒性が高いからです。糖分が異常に高いので砂糖漬けになっているのです。脳がマヒする、脳が破壊される、若い人の認知症が増える、それらの原因が糖質の摂り過ぎだった、そして血糖値があがり血糖値スパイクによって血管がボロボロになり、糖尿病になる、合併症で失明することもある。糖質は精神と肉体を同時に破壊する要素があるのです。もうこの辺で糖質からの卒業をしましょう!

 

 


 

 

 

 


食べ繋ぐだけで生きていていいのか⁉️

肉体界に生きている人、つまり人間は死ぬまで必要なお金があって、美味しいものを食べ、感情を喜ばす趣味や娯楽があり、健康であったならば、それに加えて家族全員が平穏無事であればそれが幸せだと思っているのです。

 

だからそのうちの一つでも欠けると 「なんで自分だけが」 とか 「自分はいいが夫や妻、子どものすることが気にいらない」・・・・と不平不満を言うのです。そして肉体の死というものがわかっていないので、病気になると 「自分はいつ死ぬのだろう」 「死後の世界があるのか」さえもわからない、お坊さんに聞いても「あると思いますが?」(苦笑)と頼りない答えが返ってくる。

 

自分の中のあやふやな、流動的な幸せ感が現象の世界で繰り返されるので、自分が幸せなのかもわからない

 

????????? まるで夢を見ている夢遊病者のように生きているのです。

 

このような生き方に疑問を感じているのは、変人、哲学者、宗教者、現実逃避をしている人たちなのかもしれません。

 

「そんなことはどうでもいい、それよりもお金をしっかり稼げ!」 と、物質社会ができあがり、人間の欲望が際限なく広がった結果、今の地球になってしまった

 

人間の想念がこの地球をつくったのです

 

ところで今、「ほんとうに自分は、そして地球人類は幸せなのだろうか? 平和なのだろうか? 」 そして 「これでいいのだろうか?」 とたくさんの人が思っていると思うのです。

 

 自分たちが知らない間に、次々にいろんなことが起って来る、決められてゆく、AI(人工知能)が仕事を奪ってゆく、死んだ食べ物、化学薬品入りの食べ物を食べさせられ、薬漬けになり寝たきりになってゆく

 

テレビや新聞という情報に振り回され、都合のよいように洗脳されていく

 

情報が多過ぎてインターネットの情報が正しいのか? 誤りなのかもわからない

 

スマホやパソコンの電磁波を大量に浴びて、脳が侵され、思考力もなくなってゆく

 

人間らしさが失われ、楽を覚え、段々怠惰になってゆく

 

今の日本、今の地球を表面的、客観的に観ると、そうなっています

 

この状態を仏教では 「末法の世」 (世紀末)というそうですが、この様子を観て「絶望視」する人も出てくるのかとも思います。

 

人生につまずいた人は、悲観して、「生きていてもしかたがない」と想い、

 

だからといって「死んだ後の世界も知らない」のだから、どうしたらいいのかわからないという人も多いでしょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

しかし今のこの状態は、「末法の世」でも「世紀末」でもないのです。

 

人間が「これでいいのか?」と疑問を持ち、気づくために起こっていることなのです。

 

 

神(宇宙神)はパーフェクトなので無駄なことなど一切しない、人間にもさせないのです。

 

神はいったい何を気づかせようとしておられるのか? それは自分とは、人間とは何者であるか? です。

 

まだ、ほとんどの人は、人間は動物だと思っている、サルやチンパンジーから進化した存在だと思っている。

 

お釈迦さまやキリストさまは神仏であり、自分たちと違うと思い込んでいる

 

だから欲望のまま生きて良い、動物以下の酷いことをしてもよいとも教えられてきた

 

そして今の地球になった・・・・・・・・

 

物質世界が行くところまで行ったのが今です。 これ以上まだ発達するかもしれませんが、波動はエネルギーは精神文明、霊文明に変わっています。

 

精神文明、霊文明とは、人間が真理に目覚める時期に入ったということです。

 

夢遊病者のように、真理(我即神也・人類即神也)がわからずにさ迷っていたのが、気づく時期に来ている人たちから順番に、我(神)に帰るのです。 覚醒するのです。

 

今まで地球は6回、覚醒(次元上昇)に失敗してきました。滅びてきました。

 

しかしそれは時期ではなかった、失敗ではなかったのです。

 

今回7回目で覚醒する根拠とは、肉体人間のほんの一部の人たちですが、『神聖復活の印』 を組んでいるのです。先日までは『神聖復活目覚めの印』 だったのが、磁場が上がり、目覚める環境が調ったのです。

 

『神聖復活の印』のエネルギーは凄まじく、一人の人が一回組むと何万何十万の人たち光が入り、徐々に覚醒に近づいてゆくのです。

 

それにつれて、先ほど述べた洗脳から解かれ、正しい判断もできるようになるのです。 

 

そうなれば、日本の世界の地球の様相は一変します。

 

ほんとうの世界、実在する世界、神界(天国)になってゆくのです。

 

 

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます

 

 



2019年9月20日 (金)

こどもたちの脳が危ない‼️

【脳のダメージを軽減するには、「水素ガス」が有効です‼️】(現代人は、脳細胞が活性酸素だらけになっている!)

昨年の8月に「羽鳥慎一のモーニングショー」で水素ガスの特集が放送されていました。

コメンテーターの玉川徹さんが、慶應大学病院の佐野医師に取材をした時の記事です。

玉川徹さんは今回、“水素ガス吸入”という方法に限定して「水素の有効性を確認する臨床実験」を行っている「慶應義塾大学 医学部」を訪問し、その詳細を伺いました。

お話ししてくださったのは「慶應義塾大学 水素ガス治療開発センター」の佐野元昭(さの・もとあき)センター長です。

佐野センター長によれば、水素というのは、実は私たちの体内でも作られているんだとか。

「腸内細菌はコンスタントに水素ガスを生産しており、私たちの体は一定濃度の水素ガスで常に飽和されている」と佐野センター長は教えてくださいました。

「体内が常に水素で満たされているのなら、新たに外部から摂取する必要はないのでは?」という玉川さんの問いに、佐野センター長はこう答えました。

「腸内細菌が発生させる水素ガスはかなり微量で、影響の及ぶ範囲が限られている。しかし外部から吸入させれば影響範囲は全身に及び、濃度も高まります」。

佐野センター長のお話によると、「腸内で作られた水素はほとんどが肝臓・心臓の右心房・肺を通って体外に排出されてしまう」のだとか。

そのため胃・心臓・脳などには行き渡らないのですが、外部から吸入させれば「水素濃度の低いところにもプラスの効果をもたらせ得る」のだそうです。

「世界各国で行われている動物実験では、すでに『炎症の抑制』や『血行動態の安定化』などが認められている」という水素吸入療法。

中でも高い効果が認められたのが「脳梗塞(のう・こうそく)の縮小」だったといいます。

大量発生すると重度の臓器障害を引き起こすという「活性酸素」の増加を水素が抑えることで、最終的には梗塞部分が半分以下まで縮小したというのです。

補足・・・水素ガス(良質な)が素晴らしいのは、錆びついた脳細胞からサビを取り、細胞を蘇らせることです。
これを「還元力」と言います。
死んでしまった脳細胞も復活し、増えることも考えられます。
現状を維持するだけでなくマイナスからゼロに、さらにプラスに転じる。
まさしく水素ガスは救世主ですね‼️

補足の補足・・・みなさんはスマホやパソコンの電磁波がこどもたちの脳に悪影響を与えていることをご存知でしょうか?
片時も離さずスマホ📱を握っているこどもは、脳が活性酸素で一杯になり、脳細胞の発育が止まるそうです。
考える力や思考力までもが衰える、私は、これを防ぐ力が水素ガスにはあると思っています。
もちろん、大人にも有効です‼️

https://m.youtube.com/watch?v=aJulSU3tuYo&feature=youtu.be&fbclid=IwAR37nzIjEeM2PkvoeQHxIwi5MM_gUUeA7P3XkNssvtN3ascmN1sr8Fte6Qg



B0872d8fac4d4a2db0aa6aa617e93641


B07a5cfb3d594854ad41687d1aed1351

2019年9月19日 (木)

現代人がサビるスピードが早くなっている‼️

「人間がサビる? まさか、あっはっは」と失笑される人も多いと思います。

しかしここで言う「サビ」とは、「生活習慣病の原因とされる活性酸素からの害のことです。

もし、そのサビを消す、あるいは抑えるものがあれば、誰もが手に入れたいと思うのではないでしょうか。

実は、そのサビを抑制するものこそが水素だった、ということこそが、私たちが明らかにしたことなのです。


『水素水とサビない身体』日本医科大学教授 太田成男(著)

補足・・・上記の文章は『水素水とサビない身体』から抜粋したのですが、私たちは、外の肉体は目に見えているが、脳🧠や細胞、血管や臓器はどうなっているのか?見る👀ことができません。

しかし、昔の人は、機転が利かず、頭が回らなくなったとき、「頭がサビついた」と言い、身体が硬くなったり、スムーズに動けなくなったときに、「身体がサビついた」と言っていたのです。

このサビとは、「活性酸素」が大量に異常発生した、積もりに積もり細胞が傷んだ状態を言います。

イメージとしては、空気にさらされ半分に切ったりんごが、急速に黒ずんで傷んでいく様子に似ています。

りんごなら酸化された、サビたところを薄く切ってまた食べることは可能ですが、人間の場合はどうでしょう?

サビがガン細胞だとすると、変色している部分(部位)は、一箇所ではなくあちこちに広がっています。(これが転移です)

私たちは、普段、食べものや環境から大量の活性酸素にさらされているので、次から次へとサビは生まれています。

元の悪玉活性酸素を消さないで、上部のサビを取っても何の意味もないのです。

下からまた、悪玉活性酸素が生まれて来ます。

現代人は、もう、どうしようもない環境にいるのです。

このままだと国民のほとんどが、悪玉活性酸素で病気になり、老化が異常に進んでしまう‼️

・・・・・・

ところが、水素は、サビの根源である「悪玉活性酸素」だけを除去してくれるのです。

水素(H2)+活性酸素(2・O H)=水( 2H2O)

サビが取れると、細胞や遺伝子は、「水を得た魚」のように復活します。蘇ります。

水素には、元の元気な状態に戻す「還元力」があるのです。

水素を摂り入れる方法は、水素水、水素風呂がありますが、どちらも水の中にある水素ガスだけを必要としているのです。

ならば、直接「水素ガス」を摂り入れた方が効率的で効果があります。

活性酸素だらけになった現代人には、一瞬で消すパワーがある「良質な水素ガス」が必要です。(パワー不足のいい加減な、しかも高額な水素発生器が出回っています、ご注意下さい❗️)

ご興味のある方は、是非、ご連絡ください!

goodmoon51@yahoo.ne.jp


26816ec4a11d424589cbb0a30516fad7

F0fd6ce51bba486bb0ec450e282de9d8




 

2019年9月17日 (火)

肉体人間では何事もなし得ない‼️

 

“肉体人間では何事もなしえない” ・・・・・「これがほんとうにわかったならば、悟ったも同じだ」と五井先生はおっしゃっている。

 

私たちは自分の力で、肉体人間の力だけで何かを成し遂げようとしている。そして成し遂げたと思っている。

 

しかしほんとうにそうだろうか?

 

「仕事がうまくいった」 「必要なときになぜかお金が入ってきた」 「直観が働いて、土壇場で助かった」・・・・こんな修羅場をいくつもくぐっている人は、「いやこれは自分の力なんかじゃない、何かとてつもない力が働いている」と感じているはずです。

 

 そして「これは俺だけの力だ」 「俺はなんて凄いんだ」とうぬぼれて人はどこかで必ず頭を打つ、そしてやはり「自分の力なんて無いに等しいと気づくのです。

 

 人間が愚かなのは、「これは俺の力だ」と「いや神仏が働いているに違いない」を交互に繰り返し、なかなか自我を放せないところにあります。

 

それは守護霊、守護神の存在を知らないから・・・・24時間プラスアルファで守り続け、仕事のエキスパート、達人である守護霊さまが霊感でアドバイス・メッセージを送っているから成功しているのに、一人前に自分がやっていると思っている。

 

私たちは手足を動かしたり、五感を使っているのは自分自身だと思っていますが、実は違うのです。

 

五井先生は守護霊から 「おまえは自分で目を動かしていると思っているだろうが、それが違うということを今からわからせてやる」 と聞くと、急に右目だけがグルグルと勝手に回り出したのだそうです。私たちは、お釈迦さまの手の平に乗った「孫悟空」のように動かされているのです。

 

だから自分で何かをやっているなんてとんでもない、肉体人間はほんとうの存在から比べると無いに等しい。

 

肉体にくっついている幽体というボディはビル一棟分の大きさがあり、霊体は地球一個分、神体に至っては、宇宙大です。

 

私たちは肉体だけが自分だと思っているが、ほんとうは、幽体、霊体、神体も同時に纏っているのです。そして霊界から守護霊さまが神界からは守護神さまが肉体界にいる私たちをいつも守ってくださっている。

 

「肉体人間の自分では何事もなし得ない」とわかることは、「神さま助けてください」と全託するのと同じです。

 

全託するとその人の魂は神体と合体し、宇宙大になります。

 

お釈迦様、キリスト様と同じ境地になるのです。これから肉体人間は自分の無力さを徹底的に知ることになります。

 

しかしそれは、守護霊、守護神の存在を知り、自分が何者であるかを知るプロセスなのです。

 

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます






  

人間は愚かで弱い生き物だ


こんな職業に就いている人の口から、こんな言葉が出てくるなんて。

そんな思いも寄らない経験をするのも、取材の醍醐味のひとつです。

そもそも世の中の人が「きっとこういう職業の人はこんなことを言うだろうな」と思えることばかりが書かれたインタビュー記事では、ちっとも面白くありません。

したがって私にとっては、「こんな人がこんなことを言うなんて」という意外性を引き出すことが、取材の主眼のひとつだったりもします。

それがうまくいった実例が、この言葉です。

『人間は愚かで弱い生き物である』

哲学者や生物学者が言いそうですが、そうではありません。これは、数多くの企業再生を手がけた著名なコンサルタントの言葉です。

ガチンコのビジネス現場を数多く見てきた彼の人間観が、結実したものなのです。

倒産や破綻の現場をはじめ、人生の修羅場を迎えたとき、人間はその本性を現す。

そう彼は言っていました。

どんなに高い社会的地位にあろうが、屈強そうに見えようが、体力があろうが、異性にモテようが、超一流大学を出ていようが、出世が早かろうが、口がうまかろうが、結局のところ、人間は愚かで弱い生き物に過ぎないのだ、と。

ただし、愚かで弱いことに問題があるのではない、とも彼は言いました。 大事なことは、それをしっかり認識することだ、と。 そうすれば、愚かで弱いという前提で、自分自身を考える。

そして愚かで弱いなりに努力をせねば、と思える。 何かで常に律しておく。

誘惑に打ち勝つために精神力を培う。 思わぬ落とし穴に落ちる可能性も認識する。 追い詰められると危険なので、時にはガス抜きもする。 

愚かさから少しでも脱却するために、強くなるために、努力を続ける・・・・。

愚かでも弱くても、いいのです。 それを自覚さえ、できていれば。

——自分の弱さや愚かさを自覚できていますか?

『成功者3000人の言葉』上阪 徹(著)

999e627a5d9a4b24b9c5c58b8d89de48

病気にならないための3つの法則

【心的ストレスは別として】

病気とは、人間のライフライン、生命線である血流が悪くなることであり、それによって血管、臓器に血が滞り、血が汚れてゆくことを言います。これを瘀血(おけつ)と言います。

東洋医学では、「瘀血」が病気の最大の原因だと言われている!

体内を綺麗な血液がサラサラと流すには、どうしたら良いか?というと、

1.血を汚す毒素のある食べものを飲食しないこと

2.血流を良くすること

3.体温を上げる、免疫力を高める工夫、体が喜ぶ食べものを飲食すること

です。

1.は栄養価がない、加工食品など死んだ食べものや化学薬品などが入ったもの(コンビニ弁当等)などは、分解するときに莫大なエネルギー、つまり酸素が使われます。これが「悪玉活性酸素」となり、細胞を痛め、体が弱り、結果、血を汚し、血流を悪くするのです。

2.軽い運動、正しいやり方のストレッチをする。毎日運動をしている人は、していない人と比べて病気になりにくいのは明らかです。血流が良いからです。

3.体を冷やさない、冷えると血流🥶が極端に悪くなり、体温が下がり免疫力も落ちる、体を冷やす酸性の食べものを避けること、白糖などは最悪です。生命力のある、生きたもの、分解されやすい発酵食品、できれば無農薬の野菜を食べる。

クスリがなぜ、毒と言われているのか?というと、「悪玉活性酸素」などで細胞が傷つき、炎症が起きるのです。
クスリは、炎症を消すのですが、その時に体温が下がり、血流が悪くなり、免疫力が落ちるのです。他の病気までも呼び込んでしまう。

一方、「水素ガス」は血流が良くなる上に炎症も消し、体温を上げます。そしてほとんどの病気の原因である「悪玉活性酸素」を除去してくれるのです。




クスリとは真逆です。

健康になるためには、上記の3つを実践し、水素ガスを併用すれば良いことがわかります。


09e9acfbf2e44d0d8f1bf05264868aab


病気にならないための3つの法則

 

 

【心的ストレスは別として】

病気とは、人間のライフライン、生命線である血流が悪くなることであり、それによって血管、臓器に血が滞り、血が汚れてゆくことを言います。これを瘀血(おけつ)と言います。

東洋医学では、「瘀血」が病気の最大の原因だと言われている!

体内を綺麗な血液がサラサラと流すには、どうしたら良いか?というと、

1.血を汚す毒素のある食べものを飲食しないこと

2.血流を良くすること

3.体温を上げる、免疫力を高める工夫、体が喜ぶ食べものを飲食すること

です。

1.は栄養価がない、加工食品など死んだ食べものや化学薬品などが入ったもの(コンビニ弁当等)などは、分解するときに莫大なエネルギー、つまり酸素が使われます。これが「悪玉活性酸素」となり、細胞を痛め、体が弱り、結果、血を汚し、血流を悪くするのです。

2.軽い運動、正しいやり方のストレッチをする。毎日運動をしている人は、していない人と比べて病気になりにくいのは明らかです。血流が良いからです。

3.体を冷やさない、冷えると血流🥶が極端に悪くなり、体温が下がり免疫力も落ちる、体を冷やす酸性の食べものを避けること、白糖などは最悪です。生命力のある、生きたもの、分解されやすい発酵食品、できれば無農薬の野菜を食べる。

クスリがなぜ、毒と言われているのか?というと、「悪玉活性酸素」などで細胞が傷つき、炎症が起きるのです。
クスリは、炎症を消すのですが、その時に体温が下がり、血流が悪くなり、免疫力が落ちるのです。他の病気までも呼び込んでしまう。

一方、「水素ガス」は血流が良くなる上に炎症も消し、体温を上げます。そしてほとんどの病気の原因である「悪玉活性酸素」を除去してくれるのです。


クスリとは真逆です。

健康になるためには、上記の3つを実践し、水素ガスを併用すれば良いことがわかります。

 

補足・・・水素ガスも玉石混交、悪質なものも出回っています。

ご興味のある方はご相談ください。

goodmoon51@yahoo.ne.jp

 

09e9acfbf2e44d0d8f1bf05264868aab

Dd700163b58c4c8f9a64e2a447a21094

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年9月15日 (日)

これから素晴らしい時代になってゆく

 

これまでの物質文明が終わり、精神文明、霊文明が始まることはかなりの人たちが感じているようです。

 

これ以上便利になり過ぎる必要はないのではないか? AI(人工知能)により今までにあった仕事のほとんどは無くなるのではないか? キャッシュレス時代にともない、ほんとうにお金という存在が無くなるのではないか?

 

老後がどうなるのか?病気になったらどうしようとか?心配をしたり、欲望を持ち続けることに疲れ、もっと心が安定した精神的な豊かさを求めるようになるのではないか?と、思っている人は多いと思います。

 

その通り、そんな時代になって行きます。

 

そして争ったり、相手を傷めつけることができなくなります。 スポーツも勝ち負けがどうでもよくなり、敵味方関係なく、よいプレーに拍手が送られ、技を磨くことに喜びを感じるようになる。

 

儲けるためには何をしてもよいという考えがおかしいと気づき始める 

 

お金をたくさん持っている人が勝ちで持っていない人が負け、という概念が崩れ、お金無しで豊かに生活できる方法をみんなが求め、探し始める。

 

物々交換があちこちで行われ、助け合って生きることが尊い生き方だとわかるようになる。

 

直感で、食べてよいものといけないものがわかるようになる、病気が無くなってゆく・・・・・・

 

こんな世の中になれば“素晴らしい”という時代がもうすぐやってくるのです。 

 

 

世界人類が平和でありますように










  

2019年9月14日 (土)

病は「気」から

タイトルにあるように、病は「気」からは間違いないようです。


もちろん今は、悪い食べものから血流を悪くし、血を汚し毒素を溜めて細胞、内臓を痛めて病気の症状になることはありますが、昔のように自然から生まれた野菜や果物を主に摂っていれば、今のように原因不明のややこしい病気や、加齢により免疫力が弱まった老人がなるガンなどの病気は起こるはずはないのです。

・・・・

では、今昔関係なく共通の原因で起こっている病気はなんなのか?

それは、気持ちから来る病気です。

気、気持ちがとことん病むとどんな名医でも、優れたクスリでも治すことはおろか、改善することはありません。

それくらい「気」は良い意味でも、悪い意味でも強い影響力を持っているのです。

・・・・・

ところで、私たちは、食べものから得るエネルギーよりも、比較にならないくらい大きい割合で、天から戴く宇宙のエネルギー「霊要素」で生かされています。

霊要素は、頭のてっぺんにあるチャクラ「百会(ひゃくえ)」に入り、60兆の細胞に命を吹き込み、足の裏の「湧泉(ゆうせん)」から地球🌏の中心へと流れているのです。(これを引力という)

「健康」とは、宇宙からのエネルギーが人間の肉体の器に縦のエネルギーが滞ることなく、清らかに流れている姿です。

ところが、「心的ストレス」がかかると川に大きな石を置いた状態になり、これがエネルギーの流れ、つまり血流を悪くするのです。

私たちは常にストレスの中に生きています。

想い患って、重くなっています。(想いは重い)

エネルギーを速やかに流せていないのです。

それがやがて病気のような症状になっていきます。

私が水素が「救世主」になると盛んに(笑)に言っているのは、水素は宇宙の神霊エネルギーなので、「心的ストレス」を取ってくれるのです。

もちろん、全部ではありません。

水素ガスを吸ったから、もう大丈夫だではないのです。

しかし、かなりのストレスを取ってくれます。

では、ストレスとは何なのでしょう?

それは、人間が何千回、何万回と輪廻転生した間に溜まった業想念、業因縁、仏教では「カルマ」と言います。

・・・・・

前世でも病気であったことはもちろんありました。

その頃の神から離れた間違った想い、潜在意識が今、あらわれているのです。

潜在意識から湧き出る想いが(マイナスの想い、業想念)消えなければ本当の、スッキリした健康体にはなれないのです。

幸せな状態にはならないのです。

水素ガスは、想い(潜在意識)、マイナスのエネルギーを消すことで、宇宙からのエネルギーがスムーズに流れるようになります。

だから「救世主」なのです。

何度も言いますが、水素はこの世(地球上)にある抗酸化物質(ビタミンやミネラル)などではありません!

まったく異次元の高次元の

3次元を調和に導く、宇宙最高のエネルギーです。

なぜならば、宇宙エネルギーの92.1%は、水素分子で構成されているからです。

水素は宇宙のエネルギーです。

補足・・・水素ガスが救世主の働きをするには、メーカーがどういう目的で何のために作ったか?などの作り手のエネルギーや化学的に十分な水素ガス濃度が発生しているなどの条件が満たされていなければ、なりません。
巷には、お粗末なまがい物の水素ガス発生器が出回っています。
「水素ガス発生器」にご興味のある方は、是非、ご相談ください。
goodmoon51@yahoo.ne.jp



88f77398dce44dd8a19cb3e4014982de

2019年9月13日 (金)

五井先生は現在の姿をわかっておられました


■新しい人類を生み出そう


 
「平和讃」より 五井昌久 著

地球上が人間の我欲の想いでこんなに汚れきってしまうと

善いこと悪いことの区別がはっきりつかなくなって人と人とのつき合いも国と国との交際も厚い霧の中での交わりのように


お互いの正体がつかめず迷い合う

もう巖のように固まりきった業想念波動が国と国との対立を深め月毎年毎に核爆弾の貯蔵量をふやし天日をもしのごうとする

こんな時代に人々は一体どうすればよいのか、先ず生命の本源に想念波動を還さなければいけない、すべてを神のみ心にお還ししなければいけない


生命の本源は光輝くところ、無限の智慧無限の愛の満ち充ちているところ、宇宙大法則の発するところ

この大光明の中で身心を洗い浄めなければ、神の子本来の光が現われてはこない


業想念波動の中で右だ左だと叫んでいても真実の世界が生れてくるはずもなく平和な地球世界になるわけでもない

人類は今新しく生れかわらなければ駄目だ

世界平和の祈りの中で

新しい人類として神の子の第一歩を踏み出す全託への勇気が必要なのだ




感想・・・善いことと悪いことの区別が出来なくなっている、ほんとそうだと思います。

それは業想念という砂ぼこりが舞っている闇の中で答えを出そうとするから、肉体の頭(3次元の肉体意識)の低い次元、狭い範疇で「どうのこうの」と思案しているから、業想念でまみれた人間同士で、どうにかしようとしているから、

神界にいらっしゃる五井先生は今の肉体人間には、なんら期待をされていないと思うのです。

目覚めていない、眠っている状態の人間にいくら「そんなんじゃあダメだ」と言ったところで正しい判断が出来るわけがない。


そんな中でも1万人に一人でも真理に目覚める人が現われれば、そして『世界平和の祈り』を祈る人が生まれればアセンションは成功します。

成功するとは消えてゆく姿が極力小さく済むということです。

前回の地球滅亡のときは、300~400回も続く震度15クラスの地震が起きて、大陸が液状化して沈没していったのです。 まさに地獄図、人間は想像を絶するカタチで死んでいったのです。 生き残った人はほんの僅かでした。

しかしそのときには、五井先生はおられなかったのです。

当然 『世界平和の祈り』 もなかった

今世界の人口は、約73億人だそうです。

10万人の神人(しんじん)が誕生すれば、アセンションは成功するそうです。

それは、神人一人に対し7万3千の人が目覚めることになります。

キリスト様は千人の汚れた(魂)人を一人の浄まった人は救えると言っておられます。

お釈迦様も一人の出家(悟り)は九族救うとあります。 もの凄い救済力です。

そして『世界平和の祈り』の磁場が広がり祈りの光の力も強くなっています。

自分だけが難を逃れ、お金を儲けてもほとんどの地球人類が滅亡してはそれは幸せではありません。

書いている途中で、出家の意味や九族救われるという記事を見つけました。

なぜ悟ることを出家というのか? 生まれ変わり死に変わり(輪廻転生)、幽界、霊界、神界のこと

興味深いことが書かれています、是非、読んでください。

より真理、神秘的なことが理解できるようになります。

 

一人の出家は九族救う
 

世界人類が平和でありますように

<出家の本来の意味とは>

 人間の想念の働く世界を三界と言います。

 即ち階層的に表現しますと、

 肉体界

 幽界

 霊界の下層世界

 の三つの世界であります。


 三界の世界から人間が解放される事を解脱と言います。

 解脱した人は永遠の生命の世界に生きることになります。

 何故ならば、生まれ変わり、死に変わりの転生輪廻から自由になり、生まれ変わりによる因縁因果の解消が、必要なくなるからなのです。

 
 さらに、三界を超えた世界は、

 霊界の上層

 神界の下層

 神界の中層

 神界の上層

 虚空神界

 宇宙創造神のみ心の世界

 と成っております。

<一人の出家は九族救う>

 自己の潜在意識を深い信仰の生活によって浄め去り、出家即ち 解脱した人は、解脱の光明によって、自分自身の親類縁者すべてに自己の身体を通して、肉体界、幽界、霊界に救済の光明が輝き渡り、人々を救って行くのです。


 そして、世界平和の祈りは祈っている人が解脱をしていなくても、世界平和の祈りによって齎される、救世の大光明によって、出家 (解脱)した人と同じように、家族、ご先祖、友人知人、親類縁者の人々が、肉体界、幽界、霊界を通じて計り知れない霊的な進化を遂げさせるのです。


 このように、出家をすると言うことは、解脱をする事であり、解脱のむこうには自由自在、自由無碍、無碍自在の悟りの世界があるのです。
 
 故に、出家するという事は悟を得ることなのです。

 暗黒想念波動渦巻く世界から出る、人間の想念の働いている家から出る事なのです。

 悟るから、その悟りの光明で九族が救済されるのです。

 僧侶になる為に出家をするという意味ではないのです。


 そして世界平和の祈りは、祈る人が解脱せずとも九族を超えて、個人と人類を同時に救済して行く、人類愛の祈りであり、人類救済の祈りであり、世界人類すべてを最後の審判の日に無事通過させる為の大神様の無限の叡智と慈愛の光明溢れる祈りであり、創造主の偉大なる全託の祈りであり、大生命の宣言の祈りであり、五井の大神様の形無き祈りなのであります。


 

追伸・・・私は父や母、友人、知人など世界平和の祈りを伝えなければいけないと思っていました。

しかし自分が光の柱(パワースポット)になれば、結果として悟りの境地になれば縁の深い人は、自然と救われるのだとわかったのです。
 
では、真理の伝達は、誰に対しすればいいのか?

このブログを読んでくださっている、遠くに住んでおられるけれど、実は縁のある人たちだと思うのです。

今はインターネットの時代、SNSの時代、アナログ時代では絶対に繋がらなかった人たちと繋がるのです。

準備は整いました。
すごい世の中になったものだ、と思います。






     

自分を知ることで人生は変わる

 

私は2006年から13年間ブログを書き続けてきました。

その多くは五井先生や西園寺昌美先生のご著書の解説であったり、その他の本からの抜粋だったのですが、これからは主に自分がほんとうに書きたいこと、自分が自分で読んで楽しいこと、ワクワクすることを書いていきたいと思っています。

 

私がほんとうに伝えたいこと、それは自分が何者であるか?人間とはなんであるのか?を多くの人に知らしめることです。

自分が何者であるのか?がわからなければ何を軸に何を基盤として生きていけばいいのかがわかりません。

 

死に方もわからない

病気になったとき、貧乏になったとき、ピンチが次々に襲ってきたときにどう対応すればいいのかもわからない。

そして幸せをどこで感じればいいのかさえもわからない

お金がたくさんあって、多くの人に賞賛、尊敬され、健康であれば、それが幸せなのか?

ならば、事業が失敗し、人が離れ、それによって健康を害したならば、それが不幸なのか?

幸せとはそんな現象的なものなのか?流動的なものなのか?

もっと心の奥底から湧いてくるものではないのか?

奥底には何があり、誰がいるのか?

 

それがわからなければ、ただボウフラのように眠って生きているだけにすぎない

そんな刹那的な時間を過ごすために生まれてきたのか?

 

いやそうじゃない、なにかとてつもなく大きな目的があったはずだ

そのことがわかる時期に来ているのです

そのことに気づくために 今 いろんなことが起きている

物事には、そして起こることにはすべて意味がある、目的がある

今起こっていること、、、「ああなるほど、そういうことなんだ」・・・・とわからないで、ただ不安になって生きていて

 

「なにが幸せなんだ!」

 

もう私たちは、自分が何者であるのか、気づいてよい時期に来ている

 

 

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます

 

 

2019年9月11日 (水)

姿勢が良ければ、病気にならない‼️

正しいエネルギーの流し方

 
まず、足を10~15センチくらい開いて、出来るだけ良い姿勢で立ってみてください。
 
そして
 
1.頭のてっぺんから天(天井)に糸が伸びているとイメージする
 
2.糸に上に引っ張られているとイメージしながら、つま先立ちする
 
3.地面と目線の平行よりも少し高いところに目標を見つける(壁の掛け時計等)
 
4.目標を見たまま、出来るだけ身長を保ったままゆっくりとかかとから足を降ろす(小学生の子どもが少しでも身長を高く見せようとかかとを上げずに背伸びをしている姿 🤣 )
 
5.目線は、地面と平行より少し高く保ったまま、あごを少し引く(下げる)
 
これが立ったときの正しい姿勢です。
 
美しい姿になっています。
 
このときの意識が大切です。
 
天と地を意識し、天と地に繋がる祈り、世界平和の祈りを祈ってください
 
自分は天と地を貫いている光の柱になっているんだ、光の中にいるんだとイメージしてください。
 
頭のてっぺん(百会=ひゃくえ)から生命エネルギーが入り、血流となって血管を通り、身体中の60兆の細胞を駆け巡り足の裏(湧泉=ゆうせん)から地球の中心へと流れてゆく
 
このことを物理学では「引力」と言います。
 
イメージし意識するだけでエネルギーは縦に流れます。
 
私たちは、普段あまり縦を意識していません。
 
横ばかりを見ています。
 
横取りばかりをしています(笑)
 
だから ━(マイナス)が現われる
 
天、地、縦 を意識してエネルギーが ┃ に流れると
 
━と交差して 十 になります
 
これがプラスであり、キリスト様の言う真理(十字架)です。 
 
この時点で、身体はかなりよい状態になります。(小さな奇跡も起きるようになります)
 
エネルギー(気)がスムーズに流れるようになるからです。
 
病気とは、気(エネルギー)が病んだ、そして血流が停滞し、滞った状態をいいます。
 
天と地をつなぐ祈り
 
世界人類が平和でありますように
 
日本が平和でありますように
 
私たちの天命がまっとうされますように
 
守護霊様ありがとうございます
 
守護神様ありがとうございます
 
地球霊王様ありがとうございます

 
*地球霊王様とは地球の中心におられて中側から波動調整をし、守ってくださっている神様です。
 
 

 

 

 

2019年9月10日 (火)

宇宙は水素で構成されている‼️


『水素は地球と人間を調和(健康)に誘ってくれる』

みなさんは地球🌏上の大気の割合をご存知ですか?

私は酸素がほとんどだと思っていました。

しかし地球上で一番多いのが窒素で、全体の78.08%、2番目が酸素で20.95%以下、アルゴン0.93%、二酸化炭素0.03%であり、

水素はわずか0.00005%しか大気中に含まれていません。

では、地球を離れた宇宙の大気は何で出来ているか?

なんと、92.1%が水素だそうです。

宇宙は水素で出来ている‼️

そして、地球🌏は「水の惑星」と言われているように水が全体の70%を占めています。

人間も成人の平均は7割が水分です。

水素=宇宙=地球=水=人間

人間が調和のとれた宇宙のようになるには、大気中に0.00005%しかない水素分子の濃度を濃くして体内に補えば良いということがわかります。

水素ガスを吸うということは

宇宙の無限の素晴らしいプラスエネルギーを身体に注入することになります。

不調和なマイナス(病気、ネガテイブな気持ち)を消してくれることがわかりますね!

私の使用している水素ガス吸引器は、安全です。いくら吸っても副作用は一切ありません。
ご興味のある方は、ご遠慮なくお問い合わせください。
goodmoon51@yahoo.ne.jp


50175e21780847079022802915dfbe2b

波動を上げるとは、どういうことなのか?

今、地球世界は、七劫目(ななこうめ)に入っており、急速に霊文明、精神文明に移行して行きます。これまでの物質文明はやがて終焉を迎えます。

 

人間は人(霊止・神)と動物(感情)の間の存在から、ほんとうの人(霊止・神)になってゆく

 

個人、国の自我欲望が通用しなくなり、愛(神)の無いものは淘汰されていきます。

 

宇宙から降り注ぐエネルギーは細かく、霊化、神化され、その波動に合わなければ、生きてゆくことが苦しくなります。

 

そこでスピリチュアルな人たちは、しきりに「波動を上げなければならない」と言っているのですが、根本的に「波動とは何か?」 「上げるとはどういうことなのか?」がわかっていないのです。

 

波動とは、エネルギー、「気」 と同意語です。

 

私たちは気に囲まれ、気に包まれて生きています。いや生かされています。

 

空気、天気、電気、気持ち、勇気、元気・・・・・・

 

では、「気」とは何なのか? 

 

日本語の 「気を付けて」は英語で 「Good bye」=「God by you」であり、スペイン語で「Adio's」の dio'sは神の意味です。

つまり「気」とは神なのです。

 

ですから「波動を上げる」とは、「神の位(霊位という)を上げる」という意味であり、神は愛(か~あ み~い)なので、より愛深くなることなのです。

 

地球が七劫目に入り、二元対立が消え、地上天国が近づいているのは、人間が愛一元になることを意味します。

 

人間が愛深くなり、波動を上げるにはどうしたらいいのか?

 

それは人間が神(宇宙神)の波動に近づいて行けばいいのです。

 

宇宙神は宇宙(地球を含めた)がどうなればいいと望んでおられるのか?

 

宇宙が、宇宙人類が調和し愛が進化(深化)し、平和であることです。 それしかないのです。

 

『世界(宇宙)平和の祈り』はまさしく宇宙神の理念と一致するのです。

 

五井先生は、人間が本来の姿、神と一体になるためのメソッドとして『世界平和の祈り』を提唱されました。

 

そして、神界の五井先生から昌美先生が『神聖復活の印』を受け取られました。

 

今や『世界平和の祈り』 『神聖復活の印』 は世界で賞賛され、世界中に広がろうとしています。

 

地球平和は、もうそこまで来ているのです。

 

スピリチュアルを目指しておられる人たちも「どうすれば波動を上げられるのか?」模索されていると思います。

 

一日も早く気づいて欲しいと思います。

 

 

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます

 



 

「国」と「国家」は違う

 

 

メディアと同じように、どうも日本人が過度に信用していると思われるものがあります。



それは、国です。 これも取材で教わっことでした。




もちろん、自分が生まれた国への誇りはあってしかるべきでしょう。 しかし、「国」と「国家」はまったく違うものであると認識しておいたほうがいい、と教えてくれたのは、元大学学長の著名な先生でした。




国とは、変わり続けることなく存在している国土であり風土のことです。 英語で言えば、country(カントリー)




しかし、国を表す英語にはもうひとつ、nation(ネーション)があります。 これが、国家という権力機構です。 国家は、人間を支配する構造であり、為政者です。




歴史を学べばわかるように、為政者は常に変わってきました。 これは、人々が何のためらいもなく愛する国とはまったく違うものであり、国と国家はしっかり区別せよ、と言うのです。 なぜなら、国を愛する気持ちを利用して、国家というものは時に暴走することがあるからです。




その危機感が実は起業のベースにあった、という経営者がいました。 国家のみならず世の中で正しいと言われていることや立派だと言われていること、権威や大組織、世間体などを、すんなり受け入れられないのだ、と。




彼は幼稚園のとき、「先生に言われたからこうした」という話を父親にしたら烈火のごとく怒られたのだそうです。




「お前は先生に言われれば何だってするのか。 人だって殺すのか」と。 父親は戦争を経験していました。




実際のところ、それは極論ではありませんでした。 ほんの数十年前、国家に言われて人を殺しに日本人が海外に行った時代があったのです。 第二次世界大戦を戦ったのは、日本という国家でした。 人々が信頼していた国家が問題を起こした。 国家という存在は、そういうことを起こしうる、ということです。




時に為政者は自分たちの都合のいいように情報を操作もします。




だから、常に冷静な目で世の中を、国を見ないといけない。




それは、自分のため、でもあるのです。






——国家に対しても、冷静な目を持っていますか?




『成功者3000人の言葉』上阪 徹(著)



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

2019年9月 9日 (月)

水素ガスの糖尿病への効果はお医者様も認めています!

 

糖尿病患者は予備軍を含めると国内で2210万人いるそうです。(70年前はほんの数百人だった)

ほとんど国民病ですね。

糖尿病は文字通り尿に糖が混ざる病気で、疲れやすく体がだるい、力が出ないという症状が見られます。

白糖など糖質の高い酸性の食品を摂り続けると、高血糖になり、悪化すると網膜症で失明、細胞の壊死による足の切断、腎臓が機能しなくなり、人工透析を受けなければならなくなります。

恐ろしい病気です!

糖の濃度が高くなると、インスリンというホルモンが分泌されて、余分な糖をグリコーゲンと脂肪に換えるのですが、糖分の摂り過ぎがあると分解に多くのエネルギーが必要とされ、その時に大量の活性酸素が発生して、細胞をサビさせ、結果、インスリンの働きを弱めるのです。

水素が糖尿病に非常に効果があると言われているのは、水素が活性酸素を除去することでインスリン分泌細胞の働きを復活させたり、助けたりするからです。

インスリン分泌細胞がサビつくと糖分を控えてもインスリンが正常に働いてくれません。

サビを取らないことには、どうにもならないのです。

これから糖尿病の根本治療や、予備軍を未病に抑える対策として水素ガスが大活躍するようになると思われます。

それ以外のほとんどの病気も「活性酸素」が細胞をサビさせることが原因です。

水素ガス吸引器は、ピンからキリまでありますが、良い?ものは高額です。

しかし、比較的安く性能が良く家庭で使えるものもあります。(医療効果がある)

私が使っているものは、かなり優秀です。^_^

現代は、若い人も活性酸素だらけです!

家庭に一台あると家族全員の健康に役立ちます‼️

https://m.youtube.com/watch?v=rp-A3Jio6pQ

 

 

 

地球を救ってゆくのは高次元のエネルギー

 

 

  

日本で一番次元の高いところは、どこかというと3.5次元の富士山の麓です。



ここには、『世界平和の祈り』の本部、本山があるところであり、ここから地球の波動を上げているのです。




波動が上がると光(愛のエネルギー)が強くなり、闇が薄くなって幽界の生物たちが眩しそうに眉を寄せるのです。




闇の勢力は行き場を失うようになって、やがて光一元になるのですが、徐々に徐々に確実に霊文明へと移行しているのです。




昨日、「神聖復活祭」で昌美先生がおっしゃっておられたのですが、今、環境汚染でプラスチックが海だけではなく空気中にも混ざっているそうです。




そして子供たちの喘息の原因にもなっている。




こんな話だけを聞くと、地球はもはや世紀末です。




自我欲望は、環境を破壊し、地球の生命体を狂わせやがて地球は自滅してゆく・・・




しかし、神々はそれを望んでいるのではなく、『世界平和の祈り』や『神聖復活の印』を人間たちに託すことで、神々と一体となり、危機を乗り越えようとしているのです。




これから地球は、もちろん良い意味でいろんな消えてゆく姿を鑑賞することになります。




なぜ、鑑賞かと言いますと、消えてゆこうとしているもの(幻)を掴んではいけないからです。




最初は、ほとんどの人が掴んでしまいます。




掴んで、また同じことを繰り返すのです。




しかし、真理がわかり、消えてゆく姿を理解している人は慌てずに見守っており、その人の周りはなぜか大難が小難になり、すぐに消えたり、禍い転じて福となすというような状況になります。




周りの人は、不思議に思うのですがやがて真似?をするようになり、感化され世界平和の祈りを祈り、印を組むようになります。




そして、次元が益々上がるようになると、この世(3次元)のエネルギーは消えてゆくのです。




プラスチックも消えて無くなります。




戦争が行われている戦士は、武器を地面に置き




人々は、スマホを捨てる




食べものは、肉、魚、その他の加工食品や人工的に作られたものは無くなり、野菜、果物、ナッツ類が主食になって行きます。




その過渡期として、水素ガスが吸われ、宇宙のエネルギーがこもった明日葉やサジーが非常食のように採られるようになるでしょう!


(明日葉、サジーについては調べてみてください)

 

 

 

 

体は足から弱ってゆく

 

寝たきりにならないために

足を鍛えなければ、不健康になるし、老後は寝たきりになってしまう、しかし私たちは正しい鍛え方を知らない・・・・

椅子の足が地面に対し直角になっていない椅子に腰かけたとしたら、体は一瞬のうちに床に打ちつけられるでしょう!

これと同じことを体操教室では当たり前のように行っています。

・・・・・

足には全体の筋肉の70%が集まっています。
そして下半身に溜まった血を上へ上げて血流を良くするポンプの役割があります。

血流が良くなると体温が上がり免疫力も高まります。

足を鍛え、健康になるには、スクワットが有効です。

足は他の部位の中でも最も弱りやすい一方、正しく鍛えれば、筋肉量は確実に増え、一生を豊かに導いてくれます。

ただ、間違った鍛え方をするとかえって膝や腰、骨を痛めてしまいます。(折れることもあります)

上半身だけでも100キロを越えるお相撲さんがなぜ怪我をしにくい体になっているのか?

下図のように、ひざから下の足が地面と直角(90度)になっていないと、腰や膝、骨に歪んだ負荷がかかってしまいます。

お相撲さんの“腰割り”トレーニングに隠されたすごい秘密 元一ノ矢じっぴコンパクト新書

 

38ca2e543df64e82a2ce51b804b6a83f

 

6189359e7c394082939214f19ea192dd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

神聖復活の印で世の中が変わる‼️



人間が一番幸せな時期は、8〜10歳ぐらいなのだそうです。

なぜならば、頭のてっぺんにある百会(ひゃくえ)というチャクラが開いている。

神界(天国)からのエネルギーがそのまま降りて来ている。

頭で何も考えていない、何も浮かばない、この状態を「無邪気」と言います。

神界からのエネルギーは愛そのものであり、光り輝いています。

いのちがキラキラ光っている

その光を観て、私たち大人は癒されます。

ところが10歳を過ぎると百会のチャクラは閉じ始め、過去世で「いじめられていた」ことを思い出し、仕返しを始めるようになる。

天使が餓鬼に変わってゆき、多くの人がそのまま大人になって、潜在意識を抱えたまま生きている。

思いたくない、思い出したくないことが脳裏をよぎり、想念に振り回される

人間の不幸とは、お金がない、病気であるとかではないのです。

想いが幸せを邪魔している

澄み切った、雲一つない境地が幸せ、平和なのです。

お釈迦さまは、「空になれ」 キリストさまは、「幼子のようになりなさい」 老子さまは、「無為になせ」(〇〇のためにしようとするな)とおっしゃった

幸せになるためのメソッドは同じなのです。

『神聖復活の印』は想念を消します。潜在意識(過去世)を消してくれます。

自分の中の想念だけではなく、周りの人、日本人、世界の人々の想いを消すのです。

神(愛)から離れ、間違った生き方、死に方をした魂たちを浄めてくれます。

迷いの世界、幽界が浄まると私たちは、「空」の状態になります。

『空即是色』です。

空になった後に見えて来る景色、色は、無色透明、雲一つない青空です。

そのとき、百会は全開します

近未来の私たちの姿です

世界人類が平和でありますように


 

2019年9月 7日 (土)

日々の指針(是非、読んでください)


1.人間、人のために何の努力も奉仕もせず、自分のためにのみ励み、生き、それで一生を終わっていいのか。 悔いはないのか。

 

 

1.自分のためにいかに努力し、励み、精進し名をあげても、それだけでは、その人の一生は虚しいものである。

 

 

1.どんなに成功し、名を成し、富や権力を得ても、それだけでは人は決して満たされない。 最後に人々に寄り添い、奉仕し、捧げる意識に向かえば、その人生は最高であろう。

 

 

1.人はみな、自分に出来る範囲でいいから、人々のために少しでも尽くし、役立つことほど真理にかなった生き方はない。

 

 

1.自らの人生が成功しようが失敗しようが、そんなことは取るに足らない問題である。 大事なのは、死を迎える瞬間、どのような意識であるか。 後悔のみに終わるのは残念であろう。

 

 

1.自らの人生が、いかに苦しみ悲しみ、失敗の連続であったとしても、死ぬ前に、それでも一生懸命まじめに生きてきたことに感謝できたなら、それは尊くかけがえのない生き方である。

 

 

1.現在、地球破壊、人類滅亡の予兆をはらんだ暗闇の真っ只中に生きている我々は、人に知られることなく粛々と神聖復活の印を組みつづけている。 その一条の光を世界の人々に送り込んでいる生き方ほど尊く、崇高な生き方はない。

 

 

              西園寺昌美





 

 

 

2019年9月 6日 (金)

糖質を摂り過ぎてはいけない理由とは⁉️


【人間は糖を分解する機能が極端に弱いのです‼️】


地球人類は誕生してから長い歴史の中で、ほとんど糖質を摂取してなかったのです。

そして

糖、特に白糖は思いっ切り酸性であり(人間の健康体は弱アルカリ性)、体を冷やし免疫力を落とす、そして人間は元々糖分を摂るような体(作り)になっていないので、分解するすい臓のホルモン、インスリンの力がかなり弱いのだそうです。

脂(油)やタンパク質を分解する力が10とするなら1しかない‼️

人間が1日にギリギリ分解出来る許容範囲はたった25グラム(角砂糖7個)

何も考えず、特に制限していない人は、おそらく500グラム(角砂糖140個)は行っちゃってるでしょう!

なんと、20倍の砂糖を摂っている、体に負担をかけている、血中に砂糖が残り、尿に糖分が混ざっている(これを糖尿病という)

朝はパン🍞、お昼麺類、夜は白米、おやつにコーヒー☕️にケーキ🍰、炭酸飲料・・・最悪です‼️

「私はそんなに摂っていない」という人も

500mlの炭酸飲料水やカップ麺1個には、既に15個の角砂糖が入っていることを知るとア然とすると思います。

コンビニ、スーパーで売られているものは、無農薬野菜や新鮮な魚🐟以外は、ほとんどが死んだ酸性の食べ物ばかりです。(体内が糖分と活性酸素だらけになっている)

90%はたべてはいけないものばかりです。

今や糖尿病患者、予備軍含め約2200万人

国民医療費40兆円‼️

経済破綻へまっしぐらです。

国だけでなく、個人の経済も医療費で破綻します。

身体も破綻します。

大阪府は「府政だより」で〝血糖値スパイク〟を特集しました。

〝血糖値スパイク〟とは糖分を摂ることで血糖値が上がり、血管をスパイク(尖った剣で突き上げる)した状態を言います。

怖いのは糖尿病だけではありません。

高血糖は、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、ガン・・・・ありとあらゆる病気に派生して行きます!
白糖は、ガンのエサだとご存知でしたか⁉️


981406ad236d490e8e1503161978c27c



2019年9月 4日 (水)

生まれて来た目的とは?

 

 

自分はいったい何のために生まれて来たのだろう?

これは誰しもが思うことだと思います。

そして、自分とはいったい何者なのか?

どこからやって来たのか? そして死んだらどこへ行くのか? 墓なのか?

しかし、歌手の秋川さんは、「私は墓にはいません」と言っています(笑)

実は、こんな知っていて当たり前のようなことをほとんどの人は知らないのです。

だから生きていても足が地に着かない、物質的(お金)だけの目に見える幸せだけを求めてしまう。

目に見える幸せは、常に変動し、いつかは消えてしまうので、常に不安がつきまとう

そこで自分は「神の子」であること、生命は永遠に生き続けること、真理(我即神也)を知り、光り輝く本来の神聖な姿を肉体に顕してゆくことが、唯一無二の目的であったことを知ること、思い出すことが本当の幸せなのです。

目の前に現れているすべてのことは、神聖が顕れるための消えてゆく姿です。

すべてが消えて、神の姿、愛だけが残ります。(か〜あ み〜い)

意識を消えてゆく姿(業想念、業因縁)に合わすのではなく、本当の姿、神だけに意識を合わせ続けることが何よりも大切です。

意識が神の世界、神界にあれば、目の前で何が起ころうと不動心でいられます。

その心境が、幸せなのです。平和なのです。

心の幸せに導いてくれるメソッドが、『世界平和の祈り』であり、『我即神也の印』『人類即神也の印』『神聖復活目覚めの印』です。

世界の平和を祈り、宇宙神と直接繋がれる印を組めることが既に幸せを手に入れていたことに気づくのです。

生まれて来た目的を行なっているからです。

 

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今はいい時代だ‼️

 
不況だ、経済が最悪だ、こんなにひどい状況はなかった、などと言われて、いったいどのくらいの年月が経過したのでしょうか。 
バブル崩壊から数えれば、もう20年以上になります。 でも、そうした悲観論こそ世の中に振り回されている例、大きなメディアに間違った情報を植え付けられている例かもしれません。
取材をすればするほど、私はそんな実感を強くしています。 メディアに報じられているほど、世の中が言っているほど、今はひどい時代なのでしょうか。
ある経営者は、しみじみと言いました。
「今の時代は、日本の歴史の中で、最も恵まれた時代じゃないか。 最も豊かで、最も自由。 かつてこんな時代が、日本の歴史にあったか、調べてみたらいい」
彼の主張はこうです。 たしかに経済は低迷している。 しかし、不況や株価低迷で命が取られるわけではない。 だが、過去を見れば、飢餓に苦しむ地方都市を救おうと青年将校が決起したり、都市のど真ん中に空から爆弾が落ちてきた時代があった。
それは、ほんの数十年前のことだ。 それを考えれば、これだけ平和な状況で文句を言っていてどうするか、と。
終身雇用や年功序列もなくなり、雇用の安定性が失われた、という声もありますが、ある大学教授はこんな話をしていました。
そもそも日本の歴史において、終身雇用や年功序列が実現していたのは、1980年代からの20年ほどに過ぎない。
たった20年だけ実現していたものが、あたかも日本の文化であるかのように伝えられていたのが、おかしかった。
言ってしまえば、あの時代が異常だったのであって、今が通常。 勘違いをしてはいけない。
 一方で客観と主観の重要性を語っていた作家がいました。 ある人にとって10万円は大したことがないお金。 でも、ある人にとっての10万円は本当にありがたいお金。
同じ10万円でも、人によってまったく違って見える。 時代についても、それと同じで、大きな幸せを実感できる人も、いつまで経っても幸せが実感できない人もいるのです。
——自分で今を判断していますか?
『成功者3000人の言葉』上阪 徹(著)

 

 

聖徳太子はなぜ、7人の声を同時に理解できたのか?

 

 

今、世間はリストラの嵐で (2011年9月12日のブログより)


以前は4人でしていた仕事が3人 

3人でしていた仕事は2人というように仕事量は増えているのに、給料は減らされて、人員も減らされています。 

仕事量が増えるということはミスも増える 

ミスをすると余計に時間がかかったりする。 

益々ストレスが増えていきます。 

それでもまだ仕事があるだけ有り難いと思おうとするのだけど 

人の倍働いてもミスなく疲れもしない 

って方法があればいいのに 

って思いますよね。
 
聖徳太子は同時に7つのことが出来た(7人の話を同時に聞けた)と言われています。 

それはどういうことかと申しますと 

聖徳太子には7人の守護霊様が付いておられたのです。 

だから7倍仕事が出来た。 

聖徳太子本人も居るのだから8人分ではないのか? 

そうではないのです。 

肉体人間は馬鹿だから一人前にもならないのです。(聖徳太子であっても) 

聖徳太子は役割りが大きかったので7人の守護霊様が付いていましたが、普通の人でも2人の守護霊さまが付いてくださっています。(人によって違います) 

2人であっても凄い人たち?です。 

あらゆる仕事を知り尽したエキスパートです、肉体界の人間のどんなにすぐれた人よりも優秀なのです。 

肉体人間には明日のことも数時間、数分先のこともわかりません。 


でも守護霊様は未来において何が起こるか全部わかっておられるのです。 

霊界から、幽界(潜在意識の世界)、肉体界を俯瞰して観ているからです。

 

霊界の中に、幽界、肉体界が入っているからです。


このような人?を味方につけたら鬼に金棒、なにも怖いことはありません。 

守護霊様は字のごとく人間を守るために存在してくださっている。 

それに甘えればいいのです。 

「私には、この先に何が起こるのかわかりません、仕事もどうしたらいいかわかりません、人間関係もどうしていいかわかりません」 


わからないことはいくら考えてもわからない 

わからないことは守護霊様にお願いして教えてもらう (他力)


そして、一番良いようにして戴く 

だけど肉体人間の自分に出来ることは自分でやる (自力)

そう考えると 

肉体人間の自分に出来ることなんて 

たかが知れている 

とわかります。 

そうです、肉体人間の自分に出来ることなんて 

ほとんどないのです。 

だから聖徳太子みたいになっちゃえばいいのです。 

聖徳太子のようになる方法が世界平和の祈りを祈ることです。

世界平和の祈りは、宇宙神につながるのでその途中にいらっしゃる守護霊さん、守護神さんとは自動的につながります。

守護霊さまからメッセージを戴くと鬼に金棒です、パーフェクトです。

近い将来、人間はみな聖徳太子のような聖人になっていきます。

アセンションとはそういうことです。

 

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます

 

 

 

クエン酸や重曹を混ぜる水は、「白湯」が最適‼️

 

良い水を選ぶのは難しいと思いますが、自宅で、それも水道水で理想的な「活きた水」を作れるのです。
それは、昔から飲まれて来た「白湯(さゆ)」です。
口から入った水は胃を通り腸で吸収され、不純物をろ過した後で血管の中を流れます。
なぜ単純に水が良いかというとコーヒーやお茶には自然ではあるけれど実は25〜27の自然科学物質が入っているからです。
この中には人間の体、細胞に合わないものがあり、それらの科学物質を消すために病気の原因になる大量の活性酸素を発生させてしまうのです。(毒素を消すため)
動物は、絶対にコーヒーやお茶を飲もうとしないことからも不自然な飲みものであることがわかります。
お茶の先生や、1日に何杯もコーヒーを飲む人の胃腸は酷い状態だそうです。(新谷医師談)
では、パワーのある活きた水の作り方です。
1.水道水をやかんに入れる(少し多目)
2.やかんのふたを取る
3.ガスの火をつける
4.換気扇を回す

5.沸騰した状態で12〜15分火にかける(沸騰したら弱火にする)

この5つに共通することは、水道水に含まれる毒素(塩素・トリハロメタンなど)を取り除くためです。

ふたをするとこれらの毒素、悪(あく)がまた戻ってしまう、濃くなってしまうのです。
換気扇を回すのは悪(マイナスのエネルギー)が部屋に残らないためです。
そして悪、毒素はすぐには抜けてはくれない、完全に抜けるまで最低10分は必要です。
そして1番重要なのは、火力を与えることで水に火のパワーが移り、宿ります。
健康であるためには、
気=エネルギー・空気(酸素)・対流力
血=エネルギー・熱
水=水力
が大切です。
それに火力が加わります‼️
正しく作られた白湯にはこの4つのパワーがバランス良く含まれています。
死んだ水が活きた水に生まれ変わる‼️
血管に入った活水は勢いよく60兆の細胞まで酸素と栄養素を運んでくれます。
アルカリイオン水なども、もちろん良いですが(人間の体内は弱アルカリ性がベスト)
昔から健康を維持するために飲まれてきた「白湯」は素晴らしいソウルウオーター、魂のお水だと思います‼️
ちなみに私は、コーヒー☕️は1日一杯(もちろん砂糖、ミルク抜き、よって不味いコーヒーは飲めません)、お茶の代わりにお白湯を飲んでいます。
あっ肝心なことを忘れていました。
白湯は血が熱を失わないためにも温かい状態(体温と同じくらい)、そしてなるべく早くお飲みください‼️
飲み慣れると美味しいですよ^_^




 

私が水素の素晴らしさを知ったのは、NHKのニュースでした‼️

 

「老化や病気の悪化に関係する活性酸素が、水素によって除去されることが確認されました」
「さまざまな病気の予防や治療に活用できると期待されています」
清楚なNHKの女性アナウンサーが、画期的な研究成果の発表が世界になされたことを強調していました。
そうなんです。今から12年前の7月5日にNHKで放送されました。
それから12年、水素は飲む時代から「水素ガスを吸引する時代へ」と進化し、現在に至っています。
みなさんはまだピンと来ていないかも知れませんが、大学病院や個人のクリニックなどでは実際に治療に活用されています‼️
水素ガスは、水素を摂取するのに非常に効率が良く、1分間に3リットルの高濃度水素水を飲んだことに匹敵するものもあります。(私が使用しています)
では、水素の素晴らしさと無限の可能性をこの動画で感じてください‼️

 

2019年9月 3日 (火)

月(星)を観ている自分は星よりも大きいのです!

人間は分かれているけれど、元は一つなのです


(一)




悪といい




不幸といい




病気といい




妬みといい




恨みといい




怒りといい




そういう業想念は




神さまの光が追い出しているわけなのです




追い出され追い出されて




潜在意識から追い出されて




表面意識に現われ




想いとなり行為となってゆく




追い出すものは神さまの光で




追い出されて業想念は消えてゆくのです




それを摑んで 引き戻そうとするのが




ふつうの人間のやり方です




昔の修養というのがそうでした




いちいち反省する




反省することは結構です




反省がなければ困ります




悔い改めをする




それも結構だ




けれど省みすぎちゃって




知らないうちに業の中に入っちゃうんです




自分は悪いものだ 自分は悪いものだ




人間というものは駄目なものだ 駄目なものだに入ってゆく




それは本心というものと業想念というものとの




区別がついていないからです




本心は神の子である




神の分霊であって




光明燦然としているものである




ということがわからない為です




この世界は善悪混淆しています




堕落する人が多い




自分勝手なことばかりする人が多いから




人間の世界は悪いものだ という性悪説が生れたんです




それで人間はだめだ だめだと思う




駄目だ 駄目だといっているうちはダメなのです




駄目なものは何かというと 神さまから離れた人間の想いなんですね




神さまを離れている想いはダメなんです




神さまにくっついている想いは




神さまと一つになっている想いは




愛なんです




何故ならば神は唯一神なのです




一つだからなのです




そこから守護神として守護霊として




或いは分御霊(わけみたま)として何十億と分かれているわけです




元をただせば一つの神さまの中にある




人間というものは分かれているけれども




実は元は一つなのです




神の光が分かれているのです




それがわからないで




地上の肉体の世界ばかり見ている人たちが




神さまを離れてしまって




神さまである人間を忘れてしまって 業想念を作ったんです




あなたと私は別なんだ




向こうとこちらは別なんだ




と全然別個に考えた




いわゆる相対的にものを考えた




ところが相対的というのは現われの世界だけであって




本当の霊の世界においては




絶対なのです




絶対から出ている光なんです




太陽から光線が出ていますね




それを見て




ああ光線は別々だとは思わない




それと同じように




人間は 「絶対」 から出ている光線なのです




人間は神の子なのです




神の子人間なのです




それを神というのを忘れて




人間という肉体人間になってしまった




肉体人間というのは物質なんです




霊の人間というのは霊妙不可思議な物質を超えたひびき 光なんです




要するに光体といって光の体なんです




それがわからないといつまでたっても人間はよくならない




皆さんが年中私の話をきいたり




浄められたりしていますと




いつの間にか肉体から霊体に化してゆくのです。


 




『大決意』 五井昌久著 白光出版




 


感想・・・もっと日常的なこと、健康、お金に関すること、近未来に起こること等を書いたほうがみなさんも喜ばれることはわかっているのですが、「人間は物質ではない」 『光なんだ、霊なんだ、神の子なんだ』という原理原則がわからないことには、現われる現象に振り回されて、今起こっていることの説明がつかず、安心して生きてゆくことも出来ず、自分の存在意義もわからず、なんにも、何~んにも何一つわかっていないことになるのです。

今は糸が絡まって巨大なマリになっています。 それがマイナスのエネルギーで膨張した人間、地球の姿です。

本質、本当の姿、真理、解決法がわかるためには、元がわからなければなりません。

巨大のマリを紐解いてゆくと、中心にある一本の糸なんです。

この一本の糸の正体が判れば、巨大なマリの正体も判ります。 太陽の光もそうです。

光が当たった先だけを見ていると元がわかりません。

目線を上に向けるとそれが太陽の光であったことがわかります。

私たち人間も元は一つの光から分かれた分霊だったのです。

光の元は、宇宙神です。(宇宙の大元)

肉体はやがて消えてゆく物体に過ぎない。

私たちのほんとうの生命は宇宙(神界)にあります。 

物質を超えた奥の世界にあります。

自分は天地を貫く光の柱だ、とイメージするのです。

頭の上は宇宙の中心、下は地球の中心をイメージしてください。

上はどこまでも高く、下は地球の中心で止まるのではなく突き抜けて行くのです。

地球を突き抜けるとそこはまた、宇宙です。

人間はイメージした通りの存在になります。

天地を貫く光の柱をイメージすると

意識、いのちは宇宙大に拡がって行きます。

そうです、人間は宇宙(神)そのものなのです。



2019年9月 2日 (月)

みんな救われている‼️



日本の政治や各国の様子を見ていると、近い将来アセンション(次元上昇)するなんてとても思えない。


次元上昇で何が起こるかというと天と地がひっくり返るということです。

つまり天界(天国)が地上に現われるということ。

3次元から4次元を超えて一気に5次元、多次元への突入です。

こうなると人間の7つのチャクラは完全に開き、地球上の人間全員が覚醒する。

意識があがって、肉体意識から宇宙意識になる。

宇宙意識とは神意識のことです。

お釈迦様やキリストのように自由自在心になるのです。
 
でもどうしてもそんなことが起こるなんて信じられない。

このままの調子で行くと破滅は想像出来ても天国が現われるとは到底考えられない。

私も祈りだけの力でアセンションが起こるのは少し無理があるなと思っていました。

でも、それは確実に起こるのです。

絶対に間違いないことなのです。

そのことを昨日(8年前ですが)、調和波動気功のセミナーで于先生が教えてくださいました。

ところで、私の書く日記の中に五井先生がしきりに出てきますが、五井先生は覚者です。

覚者とは神我一体となった人のことです。

神我一体とは、肉体の我(われ)と神が一つになった

つまり神様、仏様と合体したということです。

キリストしかりお釈迦様しかりです。

宇宙には霊位(れいい)と言って霊(神)の位を計る尺度があります。

お釈迦様、キリスト様は金星から天下って来られたのですが、同じ金星の人?でも段階があるのです。

お釈迦様は、業想念で汚れた地球に降りて来て、真理を説き、たくさんの人々を救ったので霊位が高いのです。

金星の中でも大尊敬されています。

五井先生は、もっと汚れた状態の地球に降りて来られた方で、キリストやお釈迦様よりも霊位が高いのです。(霊位が高くなければ浄めることが出来ない)

神界でもかなり高い所におられる神様です。

その神様が肉体の五井先生の器に降りて来て神界の教えを説いた。

その教えが世界平和の祈りだったのです。

この祈り言を人間が唱えることで地球と人間が救われていく

お前の役割りはこの祈りを人間に伝えることなのだ

と神示が降りた。

そして

五井先生には地球の未来を観ることが出来た。

天界(天国)が地上に降りて来るところを霊覚でハッキリと観ていたのです。

そしてそこで何が起こったのかを観たのです。

そこのところの文章を抜粋します。

『みんな救われている』五井昌久 P35から

世界平和の祈りの中には、神々が光り輝いている。

この祈りは救世主がやっているのですから、救世主の大光明なんです。

その大光明が世界平和の祈りとして私に説かしている。

他にいろんなことを説かしているでしょうが、私には世界平和の祈りを説かしている。

その祈りの中に守護神がやがて降りてくるだろう。

宇宙人が肉体と同じような形で降りてきて、宇宙科学をもってサタンの武器を押さえるであろう、というのが私への神示なのですよ。

それで私は一生懸命世界平和の祈りをやっている。



もう一度書きます。


宇宙人が肉体と同じような形で降りてきて、宇宙科学をもってサタンの武器を押さえるであろう、というのが私への神示なのですよ。

そうなのです。

世界平和の祈りを祈る人の数が臨界点を超えたとき

救世の大光明霊団の中から宇宙人、守護神が人間の形で現われて、サタン(悪魔、人間の業想念)から武器を取り上げるのです。

それを3次元に住む私たちは肉眼で見せられる。

神様が地上に現われるのだから

それはもう気絶するくらいのショックだと思います。

映画「よみがえり」では死者が霊界、幽界から肉体界に戻って来ましたが、それどころの驚きではないと思います。

でもその頃には、意識も波動もあがった人たちが何人もいて冷静に受け止めることが出来るのです。

その未来の姿(様子)を五井先生は霊視された

だから確信を持って

「絶対に大丈夫なんだ」

「人間も地球も救われるんだ」

とおっしゃったのです。

そこには大確信があったのです。

ならばグッドムーンにもその大確信があったのか?

いえ、私も五井先生が宇宙人が人間の姿で現われるという話をされていたことは知らなかったのです。

おそらく、時期ではなかったので封印されていたのだと思います。

そんなことはまだ知らなくてもいい

今はただ一生懸命に祈っていればいいんだ

だったと思うのです。


でも、封印を解く時期が来た

それが今です。

よりリアルになって来ました!(腑に落ちました)

これからたくさんの人が祈るようになるためには奇蹟が起こることを具体的に説明する必要があります。

科学的にも証明しないと駄目なのです。

理屈っぽい人は何を言っても信じない

目の前に神が現われないと信じないのです。

このことは徐々に人々に知られていくようになるでしょう。

そしてたくさんの人が世界平和の祈りを祈り

印を組み

マンダラを書くようになる

すべては神々のご計画なのです。



世界人類が平和でありますように 

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます


守護神様ありがとうございます



補足・・・こう書いていてもほとんどの人は半信半疑だと思います(苦笑) 私もみなさんよりも信じてはいますが、完全はありません(笑) そこで一度五井先生のご著書を読んでみてください。このことが書いてあった本のページを開いてください。本は不思議なもので波動です。五井先生のエネルギーが入っているので読んでいるだけで細かい神霊波動になります。すると内容もスーッと入ってくるのです。理屈だけではありません。波動、エネルギーがすべてのすべてなのです。


『みんな救われている』 五井昌久著 白光出版