« 情報を鵜呑みにしたりしていませんか? | トップページ | 頭に何も浮かんで来ない状態を幸せと言います! »

2019年8月 7日 (水)

肉を常食すると体が腐ってくる!

 
『人間の歯はほぼ草食動物の歯です』
 
人間の歯は32本です。
 
その内訳は、野菜、果物を食べるための門歯(前歯)が8本、穀物をすり潰すための臼歯が20、肉を噛み切る犬歯は4本だけです。
 
この割合でいくと植物食が七(8+20)に対し動物食は一(4)になります。
 
全体としては、穀物を50%、野菜や果物を35~40%、動物食は10~15%
 
これがもっとも基本的な食の割合になるのですが、
 
体調を壊したり、ガンなどの病気になっている人の多くは、肉食や乳製品(ヨーグルトも含む)、糖質の多いものが主食になっています。
 
新谷医師は、これらを食している人の胃相や腸相、つまり胃や腸の顔、中は「非常に汚い」と述べています。
 
腸内環境が最悪なのです!
 
そして、牛や豚、鶏の体温は39~41度あります。
 
つまり動物の脂は人間の体内では溶けないで残った脂が血液を汚し、血流を悪くし、血管をボロボロにします。
 
肉食の犬、ネコ、ライオン🦁が短命なのは、血管(臓器)が早く痛むからです。
 
そして病気が多い、成長が早い、老化が早い!
 
草食動物の人間が動物肉を食をするというのは、牛や豚が共食いをするのと同じです。
 
旨味成分を出すために仲間の死骸を食べさせられた牛は狂牛病になります。
 
その狂牛病になったお肉を私たちは食べています。(特に輸入肉)
 
エネルギーも良くありません。
 
キリストは、「肉を食すな、狂暴になる」とおっしゃいました。
 
お肉の食べ過ぎは体を破壊するだけではなく、精神のバランスも崩します。
 
こんなことを書くと「肉を主食にして100歳まで元気で生きていた人がいる」と反論が返ってきます(笑)
 
しかし、肉食でなけれは、その人は120歳までピンピンしていただろうと新谷医師は語っています。
 
私もそうだと思います。
 
乳製品、白糖、お肉からの卒業が近づいて来ていると思います。
 
このままだと国も個人も破滅します。
 
食生活、生活習慣、健康について真剣に考えましょう!
 
「病気にならない生き方」新谷弘実著 サンマーク出版
 
 
補足・・・犬や猫は肉食なので短命で病気がちです。
 
それは、共食いすることによって活性酸素だらけになるからです。
 
水素ガスを吸わすとほんとに気持ち良さそうに倒れるように眠りにつくそうです。
 
水素ガスは一瞬で活性酸素を除去します。
 
アトピー性皮膚炎が改善されたワンちゃんもいます。
 
家族だけでなく、ペットも元気になります。
 
 
 
  
 

« 情報を鵜呑みにしたりしていませんか? | トップページ | 頭に何も浮かんで来ない状態を幸せと言います! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 情報を鵜呑みにしたりしていませんか? | トップページ | 頭に何も浮かんで来ない状態を幸せと言います! »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ