« 人間は悪魔の子ではない! | トップページ | 人間は悪魔の子ではない 2 »

2019年8月 3日 (土)

水素で自然に水分調整をしましょう!

 
【水分不足、水分摂り過ぎどちらも良くない】
 
人間の70%は水分、水で出来ている、その水分が1%足らないだけで血液はドロドロになり身体全体の機能を狂わすそうです。
 
だから水分を切らさないように水はこまめに摂らないといけない。
 
しかし一方、摂りすぎは身体を冷やし、血管に負担をかけ血圧を上げ、腎臓に負担をかける。(水害といいます)
 
そしてそんなに飲めるはずがない!
 
 真っ二つに意見が分かれているのです。
 
ところで私は水素ガスを吸い始めてから、おしっこが近くなりました。
 
それほど水分を摂っているわけではないのに何度も何度も行くのです。(そしてたくさん出ます)
 
それは何を意味するかといいますと、身体の中で水を作っているのです。
 
腸の中には微量の水素ガスが存在していて水をつくる仕組みがあります。
 
腸の中には分解し切れなかった不完全燃焼の燃えかす(活性酸素)が残っており、この活性酸素が悪さをするのです。
 
それを水素が無害の水に変えてくれます。
 
H2(水素)+2・OH(活性酸素)=2H20(水)
 
これって凄いことですよね!
 
そして余分な水(毒素)は体外に出される。
 
 必要な水、水分は体内に残っている。
 
 赤ちゃんの身体は80%が水分です。
 
 母乳やお乳、ミルクからも水分を摂っているのだろうけれど、赤ちゃんは自分で水を作っています、産み出しています。
 
 赤ちゃんは身体の中で大量の水素ガスを発生させているからです。
 
男の厄年(42歳)はこの水素ガスの量が急に減るのだそうです。
 
抵抗力、免疫力が弱まるのです。
 
 老人になると水分が少なくなる(約50%)のは、筋肉が落ちて脂肪が増えるからです。
 
 筋肉には水分を溜める細胞がたくさんあるそうです。
 
脂肪は水をほとんどストック出来ません。
 
だから適度な運動をして筋肉量を減らさないようにしなければいけないのです‼️
 
 水、水分は大切です。 バランスが大切です。
 
 水素はそのバランスを自然に取ってくれるのです。
 
  
 追伸・・・・水素水から水素を摂るのも良いのですが、身体に水素を補い、充満させるにはやはり水素ガスが効率的です。
 
 水素は飲む時代から吸う時代へ入って行きます。
 
 腎臓にも負担をかけないし、血圧も上がりません。
 
 水素ガスを吸う、水素水を適量飲む、これでいいと思います。
 
巷に出回っている水素ガスは玉石混交です。効果が少ない、いい加減なものも大手電機店で売られています。
 
真剣に考えている人はご相談ください‼️
 
 

« 人間は悪魔の子ではない! | トップページ | 人間は悪魔の子ではない 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間は悪魔の子ではない! | トップページ | 人間は悪魔の子ではない 2 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ