« 私たちは真理を知る時期に来ている 1 | トップページ | 想いは時間、空間を超えて物質化現象を引き起こす »

2019年8月15日 (木)

私たちは真理を知る時期に来ている 2

 

 

  

人は誰でも、自らの輝かしい人生を創造してゆくためには、道、即ち真理を避けては通れないものです。

 

21世紀に至ってもなお、個人も人類も苦しんでいます。 誰も彼もが皆、迷っているのです。 迷い多き人生を歩んでいるのであります。

 

 

人類が迷うたびに、新しい病気がつくり出されてゆく。

 

人類が迷うたびに、テロや紛争、戦争が激化してゆく。

 

人類が迷うたびに、貧困や飢餓、そして環境破壊や自然破壊が絶えなくなる。

 

人類が迷うたびに、所有欲、物欲にますます傾いてゆく。

 

人類が迷うたびに、真の価値観を見失ってゆく。

 

人類が迷うたびに、自らの心に悩みの種、争いの種を増やしつづけてゆく。

 

 

そして、人類が激しく迷った時、猛毒さえも薬に間違えるのです。

 

迷いとはかくも恐ろしきものです。

 

この迷いから生じてくる種々さまざまなる苦悩、悲惨、絶望、不幸から、自らを解放してゆくためには、道、即ち真理を知ること以外にありません。

 

いや、真理を知らずして生き切ることはできないのです。

 

人は真理に生きることによって、初めて迷いから覚めるのです。 自らの人生を輝かしいものへと創造してゆくことが出来るのです。

 

真理の法則で一番知らなくてはならないことは、“自分に生ずるいかなる不幸や苦悩といえども、決して他から生じたものではない” ということです。

 

他を恨んでみても、妬んでみても、非難してみても、何一つ解決には至らないのです。

 

唯一の方法は、「自分自身を知ること」に尽きるのです。 自らの存在そのものを自覚することにあるのです。

 

そのための方法が、本書にはしたためられています。 読後、皆様方は、すべての執着から解き放たれ、自分が自分自身に無意識に課していたすべての呪縛から解放され、真の自由を手にすることでしょう。

 

             『真理の法則』 西園寺昌美(著) 白光出版

 

 

 

 

 

 

 

 

« 私たちは真理を知る時期に来ている 1 | トップページ | 想いは時間、空間を超えて物質化現象を引き起こす »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私たちは真理を知る時期に来ている 1 | トップページ | 想いは時間、空間を超えて物質化現象を引き起こす »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ