« 人間の誕生について教えてください! | トップページ | 体内に水素を摂り入れましょう! »

2019年7月 3日 (水)

第一志望の会社に入るな!

 

 

 

就職活動に失敗した。

 

第一志望の会社に入れなかった。 不本意な業界に入らざるを得なかった・・・・・・。

 

誰もが希望通りに行くわけでもないといっても、ショックです。

 

こういう思いを長期にわたって引きずってしまう人がいます。

 

一方で、面白いデータを人事コンサルタントから教わりました。

 

ある会社で次世代リーダーの育成モデルを探っていて、びっくりすることがわかった。

 

出世コースの先頭を走っている人たちを調べてみると、ある共通項があり、それは「第一志望で入社していないことだった」と言うのです。

 

第一志望の会社に入ると、意外な落とし穴が待ち構えている、とも彼は語っていました。

 

目標を達成した気になってしまい、入ってから伸びず、伸びようとする意欲もない、と。

 

逆に、不本意ながら入社した人の場合、不満もあるけれど、だったら自分でこの会社を変えてやる、踏み台にして大きくステップアップしてやる、と伸びるケースが出てくるのだそうです。

 

第一志望の会社に入ることが、必ずしも人生にプラスになるわけではない、ということです。

 

ましてや今は、入社後も定年まで安泰にいられるとは限らない時代。 会社が途中で傾いてしまうかもしれないし、リストラの危険もつきまとう。

 

最も危険なことは、自分自身が成長できないことです。

 

それでは、自社のみならず、他社でも使い物にならない。

 

第一志望に入れたと喜んで、その後の成長意欲を失ってしまうと、むしろ大きなピンチを招きかねない。

 

ちなみにリーダーに早期で選抜された人の共通項、第二は、若いうちに修羅場を経験していること。

 

そして第三が、海外だったり、まったく違う事業をしている子会社であったり、異文化の中に放り込まれた経験があること。

 

要するに入社前も入社後も、苦労してきた人、ということに他なりません。

 

つらい思いや苦しい思いは、長い目では大きなプラスになるのです。

 

━━━ 思うような就職ができなかった、と引きずっていませんか?

 

 『成功者3000人の言葉』 上阪徹著

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:コーヒーカップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

« 人間の誕生について教えてください! | トップページ | 体内に水素を摂り入れましょう! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間の誕生について教えてください! | トップページ | 体内に水素を摂り入れましょう! »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ