« 水素ガスは、体内の水分量を最適にする‼️ | トップページ | 自分のアイデンティティ(自分というもの)を外すと、ワンネス(すべては繋がっている)を体験できる! »

2019年7月 6日 (土)

今、想っていることとはどこからやって来ているのだろう?

 

 

本文

 

(続き)また、生まれ変わりの年限は、その霊魂の因縁によって違うが、近来、非常にその年限が短縮されて、死後二、三年や、七、八年で生まれ変わる人がたくさんできている。

しかし、霊のそのものが生まれ変わるのではなく、魂(こん)(幽界に蓄積された想念、普通霊魂と呼ばれている)が、魄(はく)(すなわち肉体となる原子)を、寄せ集めて、肉体界に生まれ変わってくるのである。

そのすべての原動力は、その人のみ霊元(たまもと)、いわゆる直霊から来て、守護神が、その誕生を、指導するのである。

であるから、Aという人間が、肉体界に生まれ変わりとして生活していながら、前生からつづいているAという霊魂の想念は、幽界にも生活しているのである。

いわゆる二重写しのようになっているのである。もっといいかえると、想念は、霊、幽、肉の三界(さんがい)を貫いて活動している、ということになり、その想念活動の力は、分霊から発しており、その元は直霊にあるのである。

しかし、こうした説明は実にむずかしく、ややこしいので、普通は霊魂の生まれ変わり、と簡単にいっているので、そうした説明だけで、納得されていてもよいのである。ただし、この現界を、現世(うつしよ)、というのは写世(うつしよ)、霊界から写し出されている、という意味の言葉であるのだ。(五井昌久『神と人間』108頁,109頁)

 

感想・・・・五井先生のおっしゃる通り、霊魂のことは非常に難しく私たちが今、想っていることとは自分の心(本心)の他に前世の想い、周り、地球(宇宙)人類の集合意識などが肉体頭脳を駆け巡っていることになり、かなり複雑です。

今想っていることは、いったいどこから来たのだろう?と思ってしまうことがあるのです。

そして「こんなことを想ってしまう自分はなんてダメなんだろう!」という気持ちは誰もが経験しています。

しかしほとんどの人は、想いがどこから来るのか? どういう仕組み?になっているのか皆目わかっていないのです。

答えは、想いは肉体界、幽界、霊界の3界を巡っているものであり(神界は想いはない)、これが霊魂、人間になっています。

私がいつも言っています、『世界平和の祈り』 『我即神也の印』 『人類即神也の印』 『神性復活目覚めの印』は本心にまとわりついた業想念、業因縁を取り去り、スッキリ爽やかになるために実践しているのです。

もちろん自分がそうなるだけではなく、地球人類の人たちがそのような波動体になって、本来の姿(神)に戻るためにするのです。

人間が本来の姿(本心・神)に戻ったとき、ほんとうの幸せが訪れ、地球は完成(愛の星)するのです。

 

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます

 

 

 

 

 

« 水素ガスは、体内の水分量を最適にする‼️ | トップページ | 自分のアイデンティティ(自分というもの)を外すと、ワンネス(すべては繋がっている)を体験できる! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 水素ガスは、体内の水分量を最適にする‼️ | トップページ | 自分のアイデンティティ(自分というもの)を外すと、ワンネス(すべては繋がっている)を体験できる! »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ