« 自分の上司は自分(自分を向上させるのは自分) | トップページ | 疲れの直接原因は活性酸素だった‼️ »

2019年6月23日 (日)

冷たいものを摂り過ぎるのは自殺行為です!

  
【なぜ夏場になると体調を崩しやすいのか⁉️】
 
暑くなると、冷たいものが欲しくなります。
 
キンキンに冷えたビール、アイスクリーム、スイカ、かき氷、炭酸飲料水・・・・。
 
しかしこれらが体にもの凄い負担をかけていた。
 
なぜならば、冷たいものが体に入ると体が冷え体温が下がります。
 
体温が下がると下記のような状態になるので、体は必死で平熱を保とうとするのです。
 
そのときに大量のガソリン(活性酸素)が使われる。
 
大量に発生した活性酸素で細胞や遺伝子が酸化、サビつき各臓器の働きが悪くなる。
 
これが体調を崩し、病気になる大きな原因です。
 
みなさん、不思議だと思いませんか?
 
どれだけ冷たいものを飲んでもおしっこで出るときは、生温かくなっている。
 
この差を埋めるために体はフル稼働してくれています!
 
体が背負い切れなくなったとき、体温が下がり、がん細胞が暴れ出す!(低体温はすでに非常に危ない状態です)
 
体を冷やすのは “万病の元” であることを知ってください!
 
『冷たいものは極力控える!』
 
そして体温に近い温度の食べ物、飲み物(白湯など)を摂ることが大切です。
 
補足・・・下がってしまった体温を上げるには、良質な水素ガス吸引が有効です。血流を良くし、発生してしまった悪玉活性酸素を除去し、各臓器などの機能が戻ることによって体温が上昇します!
自然治癒力が蘇ります‼️
 
 
 
 
 
 

« 自分の上司は自分(自分を向上させるのは自分) | トップページ | 疲れの直接原因は活性酸素だった‼️ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分の上司は自分(自分を向上させるのは自分) | トップページ | 疲れの直接原因は活性酸素だった‼️ »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ