« 良質の水素ガスは、自律神経を調える! | トップページ | 入れ歯はあっても「入れ眼」はない‼️ »

2019年5月23日 (木)

ほんとうの世界、神界と肉体界の間にはどんな世界があるのか?

 

 

本文

 

人間とは肉体ではなく、霊そのものをいうのである。

肉体とは霊の容れ物であって、霊の心のままに行動するものなので、ちょうど自動車が運転手によって走っているように、霊の運転によって種々の行動をなすのが肉体なのである。

ただ先に述べたように、直霊(神)から分かれた分霊が、まず幽体を創り、その幽体を下着やシャツのように着け、その下着をつけた上に、肉体という上衣を着けた姿を、普通は人間と呼んでいたので、その肉体の消滅を、人間の消滅、と残された肉体界の人びとは思いこんでしまっていたのである。

これを物理学的にいうと、霊体は非常に細かい周波数をもつ波長の体であり、肉体は粗い周波数をもつ波長の体であり、幽体はその中間の周波数をもつ波長の体である、ということになり、分霊はその三つの体を自己の体としているのであるが、肉体に入るには必ず幽体をつけてゆかねばならぬのである。

それは霊体から肉体に移るには波長の周波数があまりに違い過ぎて合わぬからである。(五井昌久『神と人間』68頁)

 

 

感想・・・・上記の文章をわかりやすく言うと、肉体界と神界(天国)の間には、幽界、霊界があり、(肉体界→幽界→霊界→神界)、それらの世界と同時に、人間は幽体、霊体、神体というボディを纏っています。

 

神界のボディである神体がそのまま、肉体に降りて来たらそのまま覚者であり、お釈迦様、キリスト様になります。

 

神我一体です。

 

しかし霊界(神界に近い霊界)、神界の波動は非常に細かく、肉体は粗いので合わないのです。

 

そこで霊界(幽界に近い霊界)と肉体界の間に幽界ができた

 

ここに人間の想念行為、間違った想念、業想念が集まり、記録された。(潜在意識という)

 

幽界には、肉体界に居るときに苦しんだ霊魂や、さ迷った霊魂などもおり、肉体界に悪影響を与えているのです。

 

今の肉体界には、幽界が写って来ており、地球界は混迷しています。暗雲が覆っています。

 

そこで守護霊様、守護神様が懸命に幽界を浄めておられ、今現在はかなり浄まって来ているのです。(ほとんどの人は守護霊様守護神様の働きを知らない)

 

そして個人的には肉体にくっついている幽体というボディが浄まらなければ、個人の運命もやはり好転しないのです。

 

世界平和の祈りは、個人地球人類、宇宙人類が同時に平和に幸せになって行くための宇宙最高の祈りです。

 

素晴らしい祈り言霊なのです。

 

 

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます

 

 

 

 

 

 

« 良質の水素ガスは、自律神経を調える! | トップページ | 入れ歯はあっても「入れ眼」はない‼️ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 良質の水素ガスは、自律神経を調える! | トップページ | 入れ歯はあっても「入れ眼」はない‼️ »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ