« お肉は人間が食べるものではなかった! | トップページ | 日々の指針 »

2019年5月14日 (火)

祈っている人といない人の差が歴然と現われる!

 

 

  

アセンションに向けて、宇宙から地球に向けて降り注ぐエネルギー(霊要素という)が非常に細かくなってくると、細かい粒子(まるで水素原子のような)は、粗い波動とぶつかって焙りだしのように次々に表面に粗いエネルギー体が浮かび上がって来ます。

今、いろんな事件、事故、信じられない、混沌とした出来事が起きているのはそのためです。(個人的には病気、貧困、不調和な出来事)

現われては消え、消えては現われるのですが、そのときに自分という波動体が宇宙と共鳴していないと、まともに粗い波動を受けることになるのです。

地球人類がこれまでに溜めてきた過去からのマイナス想念エネルギーの蓄積をまともに受けてしまうのです。

それは病気であったり、貧乏、破綻、破壊、地震、台風、竜巻などの自然災害まで及びます。

しかしまったく異次元の波動に入っている人はそれらの粗い波動の洗礼?は受けません。(受けても極最小限度です)

『世界人類が平和でありますように』と唱えると宇宙神、神界のエネルギーと共鳴し、光の柱の中に入ります。 パワースポットになるのです。

光の柱は、宇宙のプラスのエネルギーなのでバリヤが張られ守られるのです。

これも宇宙の法則です。

波動が違うものとは絶対に交錯しない、共鳴しないのです。

バリヤ(光の柱)の中から消えてゆく姿を観ることになります。

そのときに慌ててはいけません。 自分の枠の外で起きていることなのです。

高次元と低次元の境界線があるのです。

お釈迦様やキリスト様、老子様などの聖者は、まったく違う世界に住んでいました。

肉体は肉体界、地球、3次元に住んでいても、意識は宇宙、神界、高次元にあったのです。

意識が主、心が主、肉体、物質は従です。

3次元の粗い波動、マイナスのエネルギーにどっぷりと浸かって、ありとあらゆる業、カルマ、マイナスの現象を受けるのか?

消えてゆく姿を枠の外から守られながら次元上昇を経験してゆけるのかは、お金をどれだけ持っているか?

地下へシェルターを持っているか? 頑丈なビルに住んでいるか? などではありません。

目にみえない波動、エネルギーは物質的にどれだけ厚く覆われた壁をもつき抜け、肉体というボディの中に入って来ます。

自分を守り、地球人類を守るには、宇宙(神界)にある無限のプラスのエネルギーと共鳴し取り入れるしかないのです。(これが波動調整です)

今、すぐにでも高次元のエネルギーと交流しなければいけない時期に来ています。

今しかありません。 それは難しいことではありません。

宇宙と共鳴する『世界平和の祈り』を祈り、自分が神であることを思い出し、エネルギーとして顕わす『我即神也』の印を組み、人類を目覚めさせる『人類即神也』の印、幽界の生物たちに取り憑かれ、ミサイルのボタンを押しそうになっている人に強烈な光を送り、覚醒させる『神聖復活目覚めの』の印を組み、宇宙からのエネルギーと自分が発する波動とを合致させるのです。

多くの人がそれを出来るようになっています。(これも宇宙法則!)

今まで地球の完成(アセンション)は、6回失敗してきました。

それは人間がまだ未熟だったからです。

宇宙(神界)の愛の波動、ほんものの波動にアクセスする準備が出来ていなかったのです。

しかし今回は違います。 七劫目に入ったのです。

地球が完成する、パーフェクトに調うことは約束されています。

それは安心してよいのです。

しかしやるべきことをやらなければ、不幸のままでアセンションを迎えてしまいます。

他力で待つだけになってしまいます。

それでは肉体を去った後で、よその星に行ったときに苦労するのです。

「自分は何もしてこなかった」 「アセンションは経験したが、傍観者で終った、自分はほとんど進化、成長していない」・・・・・なんとも情けない体験で終ります。

自分のためだけではない、人のため、地球人類のため、宇宙の仲間たちのために世界(宇宙)の平和を願う、祈る、それが『世界平和の祈り』です。

祈らなければ自分が損をする、そんな次元の低い話をしているのではありません。

これは、自分の本心、守護霊さま、守護神さま宇宙神からのメッセージなのです。 

 

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます

 

*この祈りは五井先生と神界との約束事で、この祈りをするところに必ず救世の大光明が輝き、自分が救われるとともに、世界人類の光明化、大調和に絶大なる力を発揮するのです。

 

 

 

 

 

 

« お肉は人間が食べるものではなかった! | トップページ | 日々の指針 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お肉は人間が食べるものではなかった! | トップページ | 日々の指針 »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ