« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年2月27日 (水)

私たちの脳は疲れ切っている!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「飽きた」は危険信号

 

 

 

 

 

総務省が2009年度(平成21)に日本で流通している情報量を推測した結果、1日でDVD約2・9億枚分にも達するという結果が出ました。

いまや指先ひとつで瞬時に海外出張中の同僚ともコミュニケーションがとれる時代ですが、それはすなわち、数えられないほどの情報処理をつねに行っているということを意味します。

長時間のデスクワークやパソコン作業などで脳?を使い続けると、こめかみのあたりが重くなる、頭がぼんやりする、肩が凝るなど何らかの症状が現れると同時に、「飽きた」という感覚を覚えることがあるでしょう。

それらはまさに脳が発する疲労のアラームですが、このうち「飽きた」という感覚は、脳そのものが疲弊してきているという警告として注目する必要があります。


『すべての疲労は脳が原因』梶本修身(著)

 


感想・・・私たち現代人はスマホ、パソコンによって脳はゴミ屋敷状態であり、電磁波で大量の活性酸素が発生しています。

少しでも早く脳内のゴミの掃除(サビ取り)と活性酸素による酸化を防がなくてはいけません。

それが出来るのは、〝水素ガス〟だけです。

ラット(ネズミ)などの実験では、明らかに鬱状態のラットに改善傾向が見られたそうです。

近い将来、脳や自律神経の治療に〝水素ガス〟が使われるようになるでしょう!

しかし、それまで待っていられません。

自分の身、健康は自分で守り、癒し、維持してゆく時代です。

人任せにしてはいけないと思います‼️



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下丹田が個人、人類を救う

 

 

ストレスの多いバリバリに働いているビジネスマンは短命だそうです。

ある大手の企業社員の平均寿命は62歳と言われており身を削って生きているのです。

企業が追求するのは利益であり、お金であり、お金は勘定、感情です。

相手との腹の探り合い、駆け引き、お金は有限なのでどうしても「自分が儲けたい」という我が出ます。(横取りが始まる)

みんながウィンウィン、幸せになるようなビジネスならば良いのですが、「三方良し」は欲望が渦巻く肉体界ではそれも難しく、個人事業主、ビジネスマンは感情(勘定)が渦巻く中で生きているのです。

肉体の頭とは、人類の感情が集まっている集積所であり、頭に意識があると、どうしても感情的になるのです。

頭の中は、お金のことか、損得勘定か、感情に関することで一杯になっているのです。

渦の中に入るとイライラし、相手を責め、策略を練ることになります。計算高くなるのです。相手に対し不信感を持つようになり感情は暴走します。

そんなときは、頭で解決するのではなく、感情の渦の中から離れ、シェルターの中(下丹田)の中に入ってしまえば良いのです。

これは理屈ではありません(笑)

やってみないとわからないのです。

頭で考えるのではなく、下丹田、ヘソ下3.5センチにほんとうの頭があるとイメージするのです。

下丹田は宇宙(本心)と繋がっており、自分の想念、相手の想念、人類の集合意識などは入って来ません。(無いからです)

下丹田から意識が外れないようにしていると必要なメッセージだけが入って来るようになります。

守護霊様からのメッセージも入りやすくなります。

どうすればいいのか?が直観でわかるようになります。

宇宙法則に乗るからです。

 

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます

 

 

 

腸内で水素ガスは発生している!

 

 

 

 

 

 

実は、吐いた息(呼気)やオナラの中に極微量だけれど〝水素ガス〟が含まれているそうです。

 

人間は地球という星とイコールなので、地球が水を生み出しているように人間の体内から水素によって水をつくっていたとしても何ら不思議はないのです。(地球🌏も人間も約70%は水)

 

人間の体の原点は腸だそうです。

 

最初に腸があって、そこから他の臓器、胴体、頭、足が出来ていった。

 

そして腸は、「第2の脳」または、「第1の脳」と言われている。

 

神経系統は脳よりも多く集まっているそうです。

 

そんな〝腸〟で生命の原点である水が水素ガスによって生み出されていた。

 

すごく神秘的ですね‼️

 

そして赤ちゃんは80%が水分なので腸内で大人よりも多くの水素ガスが発生しているのだと思われます。(だから生命が活き活きしている)

 

そして水素は病気の原因である悪玉活性酸素を除去してくれます。

 

 

 

2・OH(悪玉活性酸素)+H2(水素)=2H2O(水)

 

 

 

人間にとってなくてはならないものです。

 

水素が不足していたから、水不足(脱水症状)になりやすくなった、病気など不調和になりやすくなった

 

そこで〝水素ガス〟を体内に補ってやると俄然、生命力を取り戻すのです。

 

水素は水の素(もと)でありますが、生命の源でもあります‼️

 





 

 

 

神と人間

本文

 
人間は神によって創られた者であって、あくまで神の下僕である、と、ことごとに神の審判を恐れつつ、しかし行いを謹んで神にすがっている人びと。
 
この人びとは、真の人間観からいまだ遠いが、他人を傷つけぬ場合は、天国の階段を昇り得る。
 
人間は神によって創られた被創造者であるが、神は愛であるから、愛の行いを積極的にしていれば、決して自己に不幸はこないのである、と確信している人。
 
この人も天国の階段を昇っている。
 
 (五井昌久『神と人間』12,13頁)

 
 
 感想・・・上記の場合はどちらも、自分と神様は別であり我即神也の境地には至っていないのです。
しかしそこから次の段階で「人間は神の被造物(つくられたもの)ではなく、創造主そのものなのかもしれない」「自分の中に宇宙(神)があるんだ」と気づいて行くのだと思います。
「神様なんているものか!」「神様なんて必要ない!」と言っている人たちは、かなり長い間、暗闇を歩くことになるのです。

神から離れるということは、愛が無い中で生きることであり、神=愛なのです。

 か〜あ
 み~い
  
 

2019年2月26日 (火)

宇宙一小さな水素分子が活躍する時代がやって来る!

 

宇宙の90%以上は水素原子で構成されています。

しかし地球上の大気には、約78%が窒素、20%が酸素であり、水素は0・00005%しか含まれていません。

大調和の宇宙は水素エネルギーで構成されている。

混沌とし、病気など不調和な現象が現れている地球🌏の大気には、水素がごく微量なのです。

もし、この宇宙エネルギーである水素をもっと体内に効率良く摂り入れることが出来たのなら、心と肉体は癒されて行くのではないか?

医療現場では、水素ガスを使った臨床試験が行われ、次々に不思議な好結果が生まれています。

宇宙エネルギーなので、エビデンス(科学的根拠、医学的根拠)にならないものもあります。

良過ぎるのだけれど、なぜ良過ぎるのかがわからない(笑)

・・・・・

わかる必要などないと思います。

地球人が今の時点でわかっていることは、サハラ砂漠の砂の一粒にも満たないそうです。

宇宙一小さな水素エネルギーは、人間の体内で侵入困難とされる脳(血液脳関門)に入って行き、脳内の痛んだ細胞や遺伝子を修復してくれます。

現代人は、スマホ、パソコンのやり過ぎで、脳内がゴミ屋敷状態になっています(苦笑)

体内のすべての疲労は脳が原因であることが解明されました。

脳がスッキリ正常な状態でなければ、他は整って行かないのです。

〝水素ガス〟は非常に効率的に水素エネルギーを摂取することができます。

高濃度の水素水3リットルの水素をたった1分で取り入れられるものがあります。

同次元のものでは、あらゆることが、もう解決不可能になっているのではないでしょうか?

高次元の水素エネルギーだからこそ、無限の可能性、神秘力がある。

これから水素の時代がやって来ます‼️

 




 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

人間は霊が主であり、肉体が従である




本文

 
人間とは肉体のみにあらず、肉体のうちに、生命となって活動している何かがある、と認識して、そうした方向に生きている人。
 
それは天国への階段を一歩踏み出した人である。
 
人間は霊が主であり、肉体が従である、という思いに入った人。
 

これは同じ階段を二歩三歩昇った人びとである。(五井昌久『神と人間』)
 

 
 感想・・・肉体の物質の物体の自分が生きているのではない、肉体は長くて100年もすれば消えて無くなるのです。

私たちは肉体に生きているのでなく、宇宙からの生命エネルギーによって永遠に生きている、生かされている、生き続けるのである、目に見えないエネルギー体、波動体であるとイメージすると、ふっと身体の力が抜けて楽になるのです^_^






 

2019年2月23日 (土)

超自然に自分らしく、宇宙法則に乗るには?


 
守護霊様、守護神様は守っている孫やひ孫たちが幸せに平和になって行くことを願っています。

それは、肉体人間が自分の祖先や、これからの若い人たちの幸福を願う気持ちとまったく同じです。

どうすれば、人は幸せになれるのか?

それは、自分が何者(我即神也)であるか?を知り、本来の道、幸せになるための道、「宇宙法則」に乗ることがほんとうの幸せに繋がるのです。

「宇宙法則」は完璧、パーフェクトであり守護霊様、守護神様が願っている道であり、地球が完成(地上天国)するための大切な道しるべになるのです。

私たちはなぜ苦悩があるのか?

物質的なものが満たされたとしても心は満足しないのか?

ほんとうの幸せ感を得られないのか?

それは本来の自分の姿(我即神也)を忘れて、神様から離れた言動行為を行っているからです。

ほんとうの自分ではない

これを不自然と言います。

ほんとうの自分になるためには、ほんとうの自然体になるには、

宇宙法則に乗るにはどうしたらいいか?

まず第一に、肉体の頭で考えないことです。(極力)

くどいようですが、ほんとうの頭は肉体にはありません。

肉体界の狭い範疇の、それも業想念や集合意識や人類のマイナスエネルギーの入った想念の集積場が肉体の頭なのです。

地球人類はいつからか、頭で考えるようになった、本来の自分(神)から離れて行った。

自分と他人は、表裏一体一つの生命(神)から分かれた分け霊(みたま)だったのに二元対立するようになった、自分、自国さえ良ければそれで良いと考えるようになった。

肉体の頭だけではないけれど、業想念は頭で考えるようになってから生まれたカルマなのです。

今、私たちは原点に戻る時期に来ています。

これ以上、本心から離れた肉体の頭を使っていては、自分も人類も滅亡へまっしぐらです。

まず、極力頭で考えないようにしてください。(頭で考えてもロクなことはありません)

考えそうになったら想念を「世界平和の祈り」の中に投入するか、下丹田(かたんでん)、ヘソ下3.5センチにほんとうの頭があるとイメージしてそこで考えてください。

答えが欲しかったら守護霊様、守護様にお願いしてください。

とにかく考えないことです。

考えない努力をすることです。

そうすれば、いつの間にか

宇宙法則に乗っています(笑)

世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命がまっとうされますように
守護霊様ありがどうございます
守護神様ありがとうございます

オススメ本

『調和波動気功法』于寿明(著)三晃書房
『無限なる癒し』于寿明(著)星湖舎
『無限次元への誘い』于寿明(著)
『無限なる幸せを体得する方法』于寿明(著)
『無限なる勇気』于寿明(著)

病気は水素ガスで治す時代がやって来た‼️

【糖尿病、高血圧、その他ほとんどの病気の治療、未病に水素ガスは当たり前の時代になります‼️】(家庭で吸引する時代です)

患者さんのために真剣に治療を考えている医療人、医療機関は〝水素ガス〟を既に導入し、治療に使っています。

しかし、一般の人にはまだまだ知られていません。

そして動画にもあるように、どの〝水素ガス吸引器〟を使えば良いのか?もほとんどの人は知らないのです。

よろしければご相談に乗らせていただきます‼️


https://www.facebook.com/TZ168/videos/808257326233468/


病気の原点を知りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

(元を知れば解決策が見えてくる)

ガンであろうと、脳梗塞、心臓病、高血糖、高血圧であろうとほとんどの病気の原因は、「活性酸素」の過剰な発生により、善玉活性酸素が「悪玉活性酸素」に変貌することから始まります。

この「悪玉活性酸素」が一番多く集まって悪さ?をするところが脳?であれば、脳の病気になるのです。

「悪玉活性酸素」がなぜ悪さをするか、というと酸化、サビ化させるからです。

リンゴを切って空気(酸素)に触れると酸化され黒ずんできます。

鮮度も落ち、やがて生きた食べ物から死んだ食べ物、腐っていくのです。

私たちの細胞もそうです。

悪玉活性酸素によって酸化された細胞は傷つき、遺伝子も損傷されます。

これが病気の原因です。

病気を治すには、原因、大元である「悪玉活性酸素」を除去するしかありません。

クスリや抗酸化物質は、悪玉活性酸素を除去してくれるか?

いいえ、除去してくれないのです。(抗酸化物質はある程度は効果はありました)

だから、対処療法(クスリ)であったり焼け石に水(抗酸化物質)であったのです。

そこで救世主、切り札と現われたのが〝水素ガス〟(良質な)です。

水素分子は、宇宙一小さな分子なので、体の隅々のどんなに狭く、やっかいなところでもスイスイと入って行き、病気の元である「悪玉活性酸素」を除去してくれます。

「悪玉活性酸素」が取り除かれると本来の働きを邪魔していたサビ(酸化)が取れるわけですから、正常な状態に戻って行くのです。

水素ガスは悪玉活性酸素だけと結合し、無害の水に変えます。

病気(未病)の人が水素ガスを吸うとなぜかトイレに頻繁に行くのは、悪玉活性酸素が水に変わったためです‼️

この水(毒素の含まれた)は、おしっこになって体外に出されます^_^


2・OH(悪玉活性酸素)+H2=2H2O(水)

 

 

 


補足・・・今、営利目的で水素ガス発生量や濃度の薄い、医療効果が見込めない水素ガス吸引器がたくさん出回っています。
高ければ良い、のでもありません。
ちゃんとした説明を受けて、ご自分でも研究して、十分納得してから購入するようにしてください‼️
水素の基礎が非常にわかりやすく書かれているのは、この本です。
『水素水とサビない身体』太田成男(著)

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年2月20日 (水)

脳疲労を取ってスッキリ爽やかになりましょう‼️

昨日、テレビを観ていたら、スマホのやり過ぎで脳内がキャパオーバー、「ゴミ屋敷」状態になり、物忘れが酷くなる、怒りっぽくなるなど感情をコントロール出来ない人が増えていると、心療内科のお医者様がおっしゃっていました。

先日、「すべての疲労は脳が原因」梶本修身(著)であると述べましたが、疲れているのは体じゃない脳だったのです。

体の疲れは、脳に溜まる、そして考え過ぎや悩み過ぎ、心配し過ぎも心的ストレスになり、その上、スマホ📱のやり過ぎも脳に過剰なストレスを与えてしまうのです。

脳細胞の中は、活性酸素でパンパン溢れていると思われます(苦笑)

そして脳細胞は、酸化しサビ付き、壊死し、脳細胞が減少する・・・

一刻も早く脳(細胞)を活性酸素から守ってやらないと、若年性アルツハイマーや痴呆、認知症が増えていきます。

〝水素ガス〟は、宇宙一小さい分子なので、「血液脳関門」といわれる非常に入りにくい関所まで入って行きます。(他の抗酸化物質では無理なのです)

そして細胞内のサビを取り、細胞、遺伝子を修復してくれます。

今、私の「水素ガス吸引仲間」が毎日吸引していますが

「頭がスッキリした」
「脳内の空間が広がったようだ」
「イライラすることがあったけれど、そのイライラが消えてしまった」
など、嬉しい報告を受けています‼️

〝水素ガス〟を吸うと脳波が宇宙の波動であるシータ波🌊になるそうです。

宇宙(異次元)のエネルギーが脳🧠や身体を癒してくれているのだと思います‼️


2019年2月19日 (火)

今、この瞬間、肉体を纏って存在していることが奇跡なのです‼️

 

本文

先覚者釈尊は、自己の肉体を超越して本源の光に達した時、自己そのものが、光明身そのものであることを悟ったのであり、それ以来、自由自在に神の力を駆使して、数多の奇蹟を行い、その弟子たちも、霊界の守護神の力を借りて、それぞれの神通力を発揮した。

仏教学者は釈尊の偉大さを、その哲学的な説教におき、その奇蹟の面は、釈迦の偉大さを称えるための一つの物語的に解釈さているむきが多いが、あの奇蹟があったればこそ、仏教哲理が現在のように広がったのであり、この点、キリストの奇蹟も真実のものであることを私は明言する。


(五井昌久著・高橋英雄編『日々の祈り』54頁 )

 

感想・・・私たちは「奇跡はまだ見たことがない」と思っていますが、実は、私たちが今ここで肉体を纏って存在していることこそ奇跡であり、天文学的数字でなければあり得ないのです。

地球はもうすぐ🌏アセンション(次元上昇)を迎えますが、地球が生まれてから気の遠くなるくらいの年月を経て、子どもの星から大人の星(精神的に)になろうとしているのです。

これは宇宙の中でも超稀な大、大、大イベントなのです。

宇宙の生き物?魂、存在者たちは是非ともこの瞬間を経験したいと希望するのですが、宇宙神に選ばれて体験できるのは天文学的数字になるそうです。

3億円の宝くじを連続で数万回当たるのに匹敵するそうです。

私はもうそれだけで「奇跡は体験した」と思っていいと思うのです(笑)

「自分はもう十分に幸せだ、後はこの幸せを、平和を願う気持ちを地球人類、宇宙人類のために捧げて行こう、世界平和の祈りを祈って行こう」と思うのです。


世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます




 

糖尿病と水素ガス

 

 

 

 

昭和初期には、ほんの数百人だった糖尿病患者が今や2,200万人になっている。(糖尿病は恐ろしい病気です)

これは遺伝ではなく、生活習慣、食生活に問題があります。

糖は血中ですい臓から分泌されるインスリンとくっつき、細胞の中に入って行くのですが、血中の糖分(ブドウ糖)が多かったり、インスリンが効かない場合は、血中に糖が残るようになり、尿にも糖が含まれる、文字通り、糖尿病になって行きます。

私たちは明らかな糖質の摂り過ぎですい臓に負担をかけ、それによって過剰な「活性酸素」が発生することになり、インスリンの働きを弱めているのです。

〝水素〟はインスリンの働きを妨げている「活性酸素」を除去し、正常な働きに戻す役割りがあります。(医療現場でも水素の治療が行われています)

しかし、いくらインスリンの働きを助けても糖分の摂り過ぎはすい臓を痛めるのです。

私たち人間は太古からつい最近まで、糖質を摂取しない生活をして来ました。

ですから糖を分解するホルモンや酵素、そしてインスリンの力がかなり弱いのです。

脂肪やタンパク質を分解する力の10分の1くらいだそうです。

1日に摂取してよい分解できる糖分は20〜25グラムです。

これは角砂糖7個であり、炭酸飲料、缶コーヒー、インスタントラーメンなどには約10〜15個分の角砂糖が含まれています。

この時点で過剰摂取、血中に糖が残る状態になります。

甘いものを過剰に食べれば食べるほどすい臓は疲弊し、インスリンは効かなくなるのです。

〝水素ガス〟は速やかに「活性酸素」を除去し、正常な働きをしようとするのですが、万能ではありません。限界があります。

今、食生活を見直さないとどんなに良い薬💊が出たとしても、〝水素ガス〟を吸おうと焼け石に水です。

食生活を改善しても、どうしても発生してしまう「活性酸素」・・・それは〝水素ガス〟でどうにかなる、と思うのです。

私たちは「自分が食べているものが体内でどうなっているか?」真剣に考える時期に来ていると思うのです。




 

 

 

 

 

2019年2月18日 (月)

健康と美容はイコールです‼️

当たり前ではあるのですが、健康は体の中の調和、バランスであり、美容は中の状態が表面に現われたものです。

そして体内の細胞を酸化させたりサビ化、老化させているのが、活性酸素(悪玉)であることがわかっています。

細胞がサビ、遺伝子が傷つき、血管が傷むと臓器が正常に働かなくなります。

そして病気の状態になっていくのです。

通常、体内で活性酸素が発生しても本来備わっている抗酸化酵素S ODが活性酸素を消してくれるのですが、42歳(厄年)を過ぎると急激にS ODが減少し、免疫力が弱まり病気になりやすくなります。

現代は昔よりも活性酸素を発生させやすい環境にあるので、ガンを始めあらゆる病気が若年から始まるのです。

寿命は延びてはいるけれと、細胞、遺伝子は傷つき、血管、内臓はボロボロ、その状態がアトピーやシミ、シワ、くすみにも現われてきます。

実は、シミ、シワなども「活性酸素」が元にあります。

それが証拠にシミの部分に〝水素水〟を付けるとシミは薄くなるのです。

まさしく病気と美容は繋がっています。

病気の元である体内の細胞内に溜まった活性酸素を除去し、活性酸素が変化した姿のシミ、シワを薄くする。

私が使用している〝水素ガス吸引器〟は吸引と同時に「高濃度の水素水」を作るので、内と外から活性酸素を除去してくれます。

今、水素は医学界だけでなく、美容業界でも大いに注目されています。

私は、医療と美容を分ける必要はないと思っています。

医療=美容だからです。

〝水素水〟を使ったフェイスパックや髪に水素水スプレーを振りかけることで、若かった頃の肌や髪が蘇ります。

水素ガスを毎日吸っている77歳の薬剤師さんは、ほぼ100%白髪だったのが、黒髪が目立つようになってきました。

髪は体外に出ていますが、毛細血管と同じです。

血流が良くなること、活性酸素を除去することで血管が若くなるのです‼️

2019年2月17日 (日)

水素でバランスを整えましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高血圧の人が血圧の薬💊を飲むと血圧は下がりますが、飲み過ぎてしまうと下がり過ぎて「低血圧」になり、血液が循環しにくくなります。

また、他の病気を作ってしまう!

又、「高血糖」の人がインスリン注射を打ち過ぎてしまうと、高血糖よりも怖い「低血糖」になってしまう。(脳がやられます)

人間の体は精密機械よりも精巧に繊細に出来ているので、バランスを取るのが、非常に、非常に難しくのです。

そこで〝水素ガス〟です。

〝水素ガス〟は脳?細胞を掃除し、自律神経を調える働きがあるので、「高血圧」の人は、正常値に戻し、正常値の人は「低血圧」になることはありません。(「低血圧」の人は正常値になります)

そして〝水素〟が素晴らしいのは、糖を分解しているインスリンの働きを助けるのです。

働きを妨げているのは、悪玉活性酸素、ヒドロキシルラジカルです。

これが、細胞を酸化させ、サビつかせ、働きを弱らせています。

〝水素ガス〟は活性酸素を速やかに除去してくれるので、本来の健康な姿に戻って行きます。

化学式はいたってシンプルです^_^

悪玉活性酸素(2・OH)+水素(H2)=水(2H2O)

90%以上の病気の原因は、活性酸素だと言われています。

〝水素ガス〟がこれからの医療、健康の救世主になってゆくことがわかります‼️

補足・・・〝水素ガス〟が水素水、水素風呂と違うのは、鼻👃から吸引するので鼻、目、脳細胞にダイレクトに働きかけます。
特に脳細胞は掃除(細胞、遺伝子の修復)が困難なのでアルツハイマーや痴呆症は治りにくいと言われています。
水素分子は、脳細胞の中まで入り込み掃除、治療をし、脳波をシータ波にします。
これは、〝水素ガス〟の一番の特長だと思います‼️

 

 

 

 

 

 

 

目はなぜ前に付いているか?それは前だけを見るため

本文

神は光なのだから、常に明るい心の人を喜ぶ。

「神は愛なのだ、光なのだ。私は常にその愛と光の中に生きているんだ。しかも守護霊さんに守られながら生きているんだ。過去はない、過去は消えてゆく。どんな苦しみも必ず消えてゆくんだ。」

と過去の心の誤りなぞ、掘じくり返さずに、ただただ、光明のほうに、心を向けていることが、自分を救い、人を救う、一番大切なことなのである。

(五井昌久著・高橋英雄編『日々の祈り』52頁 )

感想・・・不幸の原因は、過去に意識が行き、過去を振り返り、過去を悔いているからです。
「あのとき、ああしていればよかった」「そうしていればこんなことにはならなかった」「あのとき私はあの人によって傷つけられた」・・・・過去、過去世、終わったことばかりに意識が行くので、明るい未来は、未だ来ずなのです。
『果因説』のように素晴らしい結果(未来)だけを想像(イメージ)しましょう。
今が病気であろうと貧乏であろうと不調和なことばかりが起きていようと、今、起きていることは、すべて過去、過去世での想念行為が映っているのです。
今ではありません。
今、見ている星⭐️は、今の光ではなく、過去の光なのです。
過去は消えてゆく姿です。
過去を掴んではいけません。
過去にエネルギーを与えてはいけません。
過去を振り返り、エネルギーを与えると、又、忌まわしい過去がやって来るのです。
「考えてはいけない」「考え過ぎてはいけない」のは、考えることイコール過去のことになりやすいからです。
これからは、未来から想念エネルギーを流す時代になって行きます。
これまでと全く違う思考のメソッドです。
是非、読まれてみてください。

『果因説』西園寺昌美(著)白光出版
同時に『神と人間』五井昌久(著)白光出版


2019年2月16日 (土)

占いは百害あって一利なし

 

本文

一般の人たちには神、といっても摑みがたい。

守護霊という自分自身と直接つながりを持つ祖先の、しかも力ある霊が背後で守ってくれている、と思うほうが非常な親近感で、念じやすく、かえって神に統一する環境になりやすい。

また現象に現われた病気や不幸を、これはいかなる過去の心の現われか、と精神分析して反省するよりは、現われた悪い事態は、すべて過去の業因縁が、形に現われて消えてゆく姿なのだから、この苦しみがすめば、必ず一段よい環境になると信じ、それと同時に、守護霊さんが守っていて下さるのだから、必ず善いほうに向っているに違いない、と信ずることである。

過去の因縁を分析すると、自分を痛めやすいし、気持が暗くなって、神から離れがちになってしまう。

 
(五井昌久著・高橋英雄編『日々の祈り』51頁 )

 

感想・・・占いがなぜ、いけないのか?というと占いとは過去、過去世の想念行為から、今の現状を洗い出し、未来を予想するので、どうしても因縁因果、つまり過去にそういうことをしたから、それに見合ったことが起きているんだ、と過去、過去世に意識が行ってしまうのです。

過去世がとんでもない人生だった、今生でいくら頑張っても死ぬまで好転しないと言われたら、それでも頑張って生きて行こうと思える人などいるでしょうか?

占いを聴きに来ようとする人のほとんどは気の弱い人であり、何かのせいにしたり、何かにすがろうとしているのです。

また、良い過去世や明るい未来を言われたといてもそこで油断をしてしまうのです。

「自分は過去世で徳を積んでいた、何もしなくても上手く行くんだ」・・・過去世での徳は貯金のようなもので使い果たすと今までのしわ寄せが一気に返って来るのです。(途端に人生の借金生活になる)

過去世が例えどんなに酷く、悲惨であったとしても守護霊さん、守護神さんに繋がっていれば、必ず運命は好転します。

なぜならば、守護霊、守護神はわたしたちを幸せに導くために存在してくれているからです。


世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます


 

2019年2月15日 (金)

血管の老化も活性酸素が原因だった

 

 

 

 

 

 

血管と臓器はもちろん繋がっているのですが、それだけではなく血管の集合体が臓器です。

 

そして全血管の99%が毛細血管であり、その長さは地球🌏を2周半もする。

 

私たちが食べたものは、胃、小腸、大腸を通り、分解されて栄養分は血管を通り60兆の細胞に送られます。

 

この時に運ぶ役目をするのが毛細血管です。

 

そして血管の集まりが臓器であるから、臓器の病気はすべて血管の病気であることがわかります。

 

血管を丈夫で健康に保つには、食生活が非常に大切ですが、同時に血流を良くし、細胞に栄養を運びやすい環境を整えることが肝心です。

 

流れの良い川には、ゴミが溜まりにくく、水が傷みにくいように、血流が良くなれば、血も汚れず血液のガン、白血病にもなりにくいはずです。

 

病気のほとんどは血管が傷むことから起きます。

 

そして血管の老化にも活性酸素が深く関わっているのです。

 

活性酸素によって血管が酸化され硬くなり、脆くなります。

 

活性酸素によって酸化されたコレステロールや中性脂肪がたまって血管を狭くしてしまうのです。

 

そこに血栓が詰まれば一巻の終わりです。

 

心臓の動脈が詰まれば狭心症や心筋梗塞を引き起こし、脳で動脈が詰まれば脳梗塞、血管が破れれば脳溢血です。

 

〝水素ガス〟は「血管の老化」の原因である活性酸素を除去し、血流までも良くしてくれます。

 

今、糖尿病の合併症である「糖尿病網膜症」が増えています。

 

目の周りの毛細血管が破れて失明する病気です。

 

水素は、糖尿病にも良いとされています。

 

糖を分解するインスリンの働きを妨げているのも活性酸素だとわかったからです。

 

高血圧の人も血管を広げてくれるので正常値に近づきます。(正常値の人はそのまま)

 

〝水素〟はすでに医療現場でも活用されていますが、日々の肉体のメンテナンスは毎日必要です。

 

私は、〝水素ガス〟が一家に一台当たり前の時代がやって来ると思っています‼️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

お金に綺麗であれ!

 

本文

もし迷う事柄があったら、心の中で守護霊さんを呼びながら、その裁断(さいだん)を願えば必ず何らかの形でその答をしてくれる。

それは他の人に会って、その人の口から聞かされるかもしれぬ。(この場合最初に会った人)或いはピンと直感的にひらめくかも知れぬ。(第一直感がその答)

その答がいかに、現在の自分に都合が悪いように思えても、それは後によくなる方法に違いないのである。

それを信じなければならぬ。

第二直感で出てくることは業(ごう)の答であるから、よくよく注意せねばならぬ。

業因縁の答は常に甘い。

都合よさそうな答が多いので、ついにこの答にひきづられることが多いものである。

だから、常日頃、守護霊を信じ、感謝の想いを抱いていなれけばいけない。

(五井昌久著・高橋英雄編『日々の祈り』50頁 )

 

感想・・・なぜ頭で考えることがよくないか、というと、
肉体の頭、頭脳はすぐそばに幽体があり幽界(迷いの世界)があるのです。

頭で考えるとは幽体で考えるということです。
ですから考え過ぎて良いことなど一つもないのです。

「そんなバカな」発明、発見や頭の良い賢い人は頭をしっかり使っているからだ、と思うかもしれません。

しかし、そんな人たちも肝心なところでは、守護霊さんからの神智(直観・メッセージ)を受け取っているのです。

これが「ヒラメキ」です。

私たちは完全に守護霊様、守護神様の範疇、手のひらの上にいます。

だからと言って守護霊、守護神様の力は他力なのか?というと、そうではありません。

「我即神也」なので自分も守護霊、守護神なのです。(三位一体)

幽界が隣にある頭で考えることをやめ、へその下3.5センチにある「下丹田」でものごとを考えるようにしましょう!

頭で考えると感情の世界である幽界に繋がり、せこいこと、ずるいことばかり想うようになります。感情は勘定、お金です。

お金に汚くなるのです。

下丹田には、ほんとうの脳(腹脳という)があります。

宇宙、神界、本心に繋がるスポットです。

下丹田(かたんでん)に意識を集中していると、雑音や雑念が入って来なくなります。

神智だけが入るようになります。

宇宙法則に乗るようになります!

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます

 

補足・・・下丹田、正しい統一の仕方などを知りたい人は

『無限なる幸せを体得する方法』于寿明(著)星湖舎

を参考にされてください。

並行して
 
『無限なる癒し』于寿明(著)
 
『無限次元への誘い』于寿明
 
『無限なる勇気』于寿明
 
を読まれると良いと思います。






 

 

 

2019年2月14日 (木)

自分でやる座禅は危険です!

 

本文

私は座禅したり、静座したりして、心を空にする行法をとらない。

空観する場合は善き導師がいなければ危険である。

私は、只、素直に、守護霊、守護神に感謝して、その人その人の生活の業(わざ)に励んだほうが楽に、自然に、神につながり、悟れる、と信じている。

いかなる困難な事態がその人の前に起ろうと、守護霊の守りを信じ得る人は、必ずその事態は光明に転ずるのである。

この場合、守護霊は一体いかなる人か、等とその人の生前の戸籍調査などしなともよいので、只誰方(どなた)か知らぬが、自分に関係の深い祖先の一人が、神様につながる強い力で守っていて下さるのだ、と素直に思っていればよいのである。

(五井昌久著・高橋英雄編『日々の祈り』49頁)


感想・・・人間の頭脳とはやっかいなもので、自分の過去世の想念や縁の深い人の想い、波動圏内の周りの人たちの想い、そして地球人類の集合意識までもが入って来るのです。

想いとはまさしく相手の心であり、自分の本心ではないのです。

これらの神様から離れた想いを業想念といいます。

これらの業想念を受ける度合い、量は個人差があり、器の大きい、波動圏の広い人ほど高い想念、低い想念、迷った魂(幽界の生物)などを受けることになり、精神を病んでいる人は、業想念波動に振り回されやすいと言えます。

この世(地球世界)から、業想念波動がなくならない限り、地上天国はやって来ません。

そこで守護霊様、守護神様は自分たちの子供、孫を守ると同時に、業想念の温床となっている幽界(幽体)を浄めに浄めておられるのです。

守護霊様、守護神様のお働きは偉大です。

私たちは守護霊様守護神様に24時間プラスアルファで守られ続け、私たちが作ってしまった業想念まで浄めてくださっているのです。

ところでなぜ、自分よがりの座禅や統一がいけないか、というと、本心(神界)に繋がっていない状態では、迷いの世界、幽界の生物が住む幽界と共鳴してしまうからです。

頭を使えば使うほど、マイナス思考になったり、要らないことを想い出して腹が立ったりしてしまうのは、業想念、マイナスのエネルギー、幽界の波動と共鳴してしまうからです。

ですから、悟った人の指導者がいないならば、お寺などで(自宅でも)座禅などを気楽な気持ちでしてはいけないのです。

悟り、審神(さにわ)のできるお坊さんなど皆無に等しい!

どうしてもしたいのであれば、守護霊様守護神様を呼び続けるか、宇宙(神界)の言霊である、世界平和の祈りを祈り続けか、だと思います。

他には意識を宇宙の縦のIエネルギーとこの世の横—のエネルギーが交錯する下丹田に意識を集中させる方法もあります。

呼吸法もあります。

本心(ほんとうの自分)に繋がるのは、簡単ではないのです。(繋がった人を覚者、聖者、悟った人)と言います。

「世界平和の祈り」「我即神也の印」「呼吸法を伴った人類即神也の印」「神聖復活目覚めの印」は、統一(本心)と繋がり神聖を顕わすため、人類を目覚めさせるためにするのです。

今は、宇宙からのエネルギー、神霊波動も強くなっているので以前よりも統一しやすくなり、業想念も受けにくくなっています。(祈っていれば)


世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命がまっとうされますように
守護霊様ありがとうございます
守護神様ありがとうございます


補足

正しい統一の仕方

『無限なる幸せを体得する方法』于寿明(著)星湖舎

 

 

 

 

 

 

2019年2月13日 (水)

幸せになりたければ守護霊さんと繋がろう!

 

本文

人間が、自己の運命を改善し、幸福になりたいとするならば、ただ守護霊に自己の運命をまかせればよい。

守護霊さん、ありがとうございます、守護神さん、ありがとうございます、神様、ありがとうございます、と常に感謝していればよい。

この心が神への全託なのであり、守護霊の活動を充分にさせる一番よい方法なのである。

この心でいれば、その人の行動は自ら、調和した整ったものになり生活は楽しく楽になるに決まっているのである。

何故ならば、守護霊守護神とまっすぐにつながり、そのつながりによって、その光によって業生の因縁因果の渦巻からいつの間にか離脱でき、分霊本来の光が直霊(神)につながり、肉体をもったままで、人間神の子の実観を真に体得できるのである。


(五井昌久著・高橋英雄編『日々の祈り』48頁)

感想・・・幸せとは一体なんなのか?「経済的に豊かである」「周りに良い人や理解者がたくさんいる」「地位と名誉もある」「愛されているし、愛する人もいる」「充実した日々を送っている」・・これらも確かに幸せなのでしょうが、自分の本質、神に触れ、神そのものであることを実観する、体得すること以上の幸せはないのです。

肉体という狭い枠からの脱皮は、宇宙大に広がり意識が変わります。
肉体意識からの開放(解放)こそが最高の至福なのです。

そのためには守護霊様をしっかり意識し、しっかりと繋がっていることです。


世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命がまっとうされますように
守護霊様ありがとうございます
守護神様ありがとうございます

 

 

 

 

 

 

2019年2月12日 (火)

水素は自分の故郷、根源のエネルギー

 

先日、水素ガスを吸い始めたA子さんがこんなコメントをくださいました。

「水素吸引した日はよく眠れます。もうひとつ不思議なことは、感謝の気持ちが溢れてきます。」

このコメントを読んだ時、鳥肌が立つほどの感動を覚えました!

水素の素(原点)のエネルギーがダイレクトにA子さんに伝わったのだと思うのです。

私たち人間は太古の昔、45億年前は海の中、水の中に住んでいて、そこは宇宙のエネルギーに覆われていた。

宇宙のエネルギーとは水素エネルギーのことであり(宇宙の91.6%は水素原子で構成されている)

水(H2O)の中の水素を十分に摂って生きていたのです。(体内が水素を摂り入れることのできるメカニズムだった)

しかし、陸に上がるようになると地上には水素はほとんど無く(僅か0・00005%の気体)、替わりに酸素を摂り入れることになったのです。

そこで食べ物を分解しエネルギーに変えるときに酸素が使われ、余った酸素や過剰に摂り入れた酸素により体が酸化し、サビ化し、老化するようになったのです。

現代人は、活性酸素に覆われています。

死んだ食べ物(加工食品、化学添加物)、スマホ、パソコンなどの電磁波は、体内で大量の活性酸素を発生させることになる。

これらの毒素は、活性酸素でなければ無毒化出来ないからです。

活性酸素は活性酸素でしか消せなかった

これは抗がん剤でガン細胞をやっつけるのと同じです。(毒をもって毒を制す)

悪玉活性酸素だけを除去すればいいものを他の細胞までもが酸化されてしまう。

病気はこうして作られて行きます。

そこで救世主として現われたのが、宇宙根源のエネルギー〝水素ガス〟です。

〝水素〟は昔、水の中で私たちが健康で健やかに暮らしていたときに採り入れていたエネルギーだったのです。

そのエネルギーが蘇って戻って来た!

水素を体内に採り入れる方法はいくつかあります。

〝水素ガス〟は細胞にダイレクトに働きかけるので非常に効率的です。

〝水素ガス〟でなければ、私たちが溜めてしまった悪玉活性酸素を除去するのは追いつかないと思います。

ただ、出回っている水素ガス吸引器は、発生量が少ないもの、まがい物もかなりあります。

十分に調べてから、ご購入ください!







守護霊様は菩薩行をしている

 

本文

守護霊は霊界、幽界、肉体界と三界を通して働ける者なので、幽界においてできつつ運命、あるいはすでにできあがって、時間の経過につれて、自然に肉体界(現界)の運命として現われようとする悪想念の結果(因果)を、あらゆる手段をもって、その人間の運命として現われぬよう修正してゆく。

この守護霊の働きを知っている人、感じている人は実に少くて、肉体人間の大半がこの影の働きを知らないのである。

守護霊はその肉体人間が、守護霊の力を知ろうと知るまいと、それは問わず、ただひたすら、運命の修正に全力を挙げているのである。いわゆる菩薩行なのである。

(五井昌久著・高橋英雄編『日々の祈り』46頁 )

感想・・・守護霊様のお働きを知ったなら、かなり多くの幽界の生物たちの棲家になっている神社仏閣に行く必要はなく、私たちの内、頭上で24時間プラスアルファ守り続けてくださっている守護霊、守護神様に感謝をしていればいいのです。
感謝は光なので、守護霊さんはよりいっそう守りやすくなります。
『世界平和の祈り』の中には、守護霊様、守護神様への感謝がしっかり入っています(笑)
私たち人間は、守護霊様のご加護なしでは、一瞬たりとも生きては行けません。
それは、守護霊さんは肉体界に写って来ている幽界のすべてが見えているので、肉体界で何が起ころうとしているのか、わかっておられ、それを神智(メッセージ)、直感として伝えようとされています。
感謝をしているとキャッチしやすいのです。


世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命がまっとうされますように
守護霊様ありがとうございます
守護神様ありがとうございます


 

病気の原因は脳や細胞のサビだった


最初に結論から言いますと、脳梗塞であろうとガン、心臓病、糖尿病、高血圧であろうと病気の元になっているのは、悪玉の活性酸素です。

過剰酸素が細胞を脳や体を早く酸化させ、サビさせる、それによって臓器や各機能が本来の働きができなくなり、老化、病化が進むのです。

人間は酸化、サビ化しなけれは、いつまでも健康で長生きできます。(長生きすることが良いか悪いは別として)

しかし、寿命は決まっているので前日元気であったとしてもコロリと死にます(笑)

ほとんどの人が理想の死に方としている「ピンピン、ころり」です。

水素ガスを吸うことによって、ほとんどの病気の原因である悪玉活性酸素だけを除去してくれる。(善玉の活性酸素はそのまま)

細胞内の悪玉活性酸素、サビを取ってくれるので、損傷した細胞や遺伝子が元の元気な姿に蘇るのです。

水素には「還元力」があるというのは、元に還るからです。

骨の中が白くなったり、鬱が改善したり、消えた血管(ゴースト血管)が復活したり、水素ガスを吸うと不思議なことが起こります。

しかし、水素は人間が本来必要としているエネルギーなので供給されることによって、本来の健康な姿に還るのは、当然なのです。

私は、「ピンピン、コロリ」で人生をまっとうするには、良質の〝水素ガス〟が必要だと思っています。

適切な水素ガス発生量、水素濃度、水素純度、これらが揃っていなければ、効果が薄いのです。

よく調べて慎重に選んでください。

 

「気」とは何なのでしょうか?

 

「気」の付く文字はそれこそ数え切れないほどあります。

元気、勇気、やる気、本気、気持ち、気合い、気力、気分、天気、気象、気性、電気・・・そして病気も

しかし私たちはこの「気」についてわかっていません。

日本語の「気を付けて」は英語で「Good by 」=「God by you」であり、スペイン語で「A dio’s」の dio’sは神の意味です。

「気」とは神の意味なのです。(神がしっくりこなければ大自然、サムシング・グレートでもかまいません)

私たちはこの「気」=「神」の中で生きています。

「気」がなければ一瞬足りとも生きていけません。

そして病気とは、まさしく「気が病んだ状態」です。

気とはエネルギーです。

頭のてっぺんの百会(ひゃくえ)に気(宇宙からの生命エネルギー)が入り、血管の中を通って60兆の細胞に活力を与え、足の裏の湧泉(ゆうせん)から地球の中心に流れて行きます。

エネルギーの通り道が血管であり、神経です。(神様の経(みち))

血流が良いということは神様が正常に健やかに働いてくださっているということです。

水素ガスを吸うと、血流が良くなります。(科学的にはなぜ良くなるのかわからないそうです(笑))

一昨日、私の家でAさんが水素ガスを吸いながら血流の流れを見ていたのですが、血流が良くなり、白い血管が赤くなり、ゴースト血管(死んだ血管)が復活するたびに感動しておられました(笑)。

「気」とはエネルギー、そして神様のことです。

神様は血管を通り、血流になります。



https://www.youtube.com/watch?v=Lz0ribXyTjI&fbclid=IwAR0oQ9v-psiqH0Awv0ZHcyOwT_T-ndV4jcsHhFjJvhswXyk8iqThlyVdiQ4&app=desktop


 

もの忘れには2種類ある

本文

一体どういう風に守護霊が運命を修正してゆくかというと、いろいろの方法がある。

たとえば、転覆した汽車に乗るべきを、忘れ物をして乗り遅れたため、生命の危機を逃がれた。

という場合、物を忘れた、この忘れ物に守護霊の働きがあるので、守護霊の念が、その人の肉体頭脳に働きかけ、その人の頭の回転を瞬間的に阻止して、物を忘れさせるのである。

また他の人を使って、自分の守護する人を助ける場合もある。

このような実例は、常に人間世界の生活の上に起っているのである。

しかしここで大いに考えなければならぬことは、守護霊にとって一番はたらきやすい肉体人間の状態は、常に守護霊のほうに心を向けていてくれることである。

(五井昌久著・高橋英雄編『日々の祈り』47頁 )

感想・・・私たちは自分の意思で自分の力で体を動かし、ものを考えていると思っていますが、実はほとんどは守護霊、守護神様によって動かされているのです。
悪く思える運命も病気も倒産も、今はその人の魂にとって一番良い状態なのです。
なぜならば、どうでもよい状態に守護霊様がされるわけがないからです。
ただ、もの忘れなどは、守護霊様が意図的に救済のためにすることもあれば、薬の服用、肉体頭脳の使い過ぎ、疲弊などから起こることがあります。
肉体のメンテナンスは人間側の責任になります。
しかしそんな時にも守護霊様は放ったらかしにはなさらない。
〝水素ガス〟という救世主を授けてくれました。
私は〝水素ガス〟は神霊波動だと思っています。(良質な〝水素ガス〟)

世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命がまっとうされますように
守護霊様ありがとうございます
守護神様ありがとうございます

 

2019年2月 9日 (土)

自分の体が大きくなっていると思えばいい

 

本文

 

一番簡単に守護霊さん守護神さんが自分の味方として感じるには、自分の体が大きくなっていると思えばいいんです。

自分が170センチとしますと、その二周りも三周りも周りを取りまいて守っていてくださる、というように感じるのが一番いいと思います。

ここに自分がいると周りに守護霊さんがいる。

またその上に守護神さんがいてズーッと自分をかこって、守護霊さん守護神さんの光の中に自分が生きているんだ。

どんな暗闇を歩いても、どんな危ない所を歩いても、ああ守護霊さん守護神さんが周りを取りまいていて、守ってくださるんだ、というふうに思うと楽ですよ。

実際に誰も彼も守られているのです。

守護霊さん守護神さんからみれば、あなた方はみんなわが子なんです。

〝愛しの我が子よ〟という具合に現われてくる場合もあります。

ですから守護霊さん守護神さんはみんな魂の親であり、魂のお祖父さん、お祖母さんであると考えてください。

霊力が欲しいとか、神様の姿をみたいとか、霊界のことを知りたいとかあまり思いますと、かえって足許が乱れまして、日常茶飯事、当たり前のことをやらなくなってしまうのです。

繰り返しますが、今日憶えておくことは、守護霊さん守護神さんは自分の体をズーッと大きく取りまいて歩いているんだ、自分が歩いている時は、守護霊さん守護神さんが自分を、抱えて歩いてくださるんだ、ということ。

それを信じれば信じるほど守護霊さんの守りが強くなります。

そう思って歩いてください。

あと何か悪いことが出てきたら、それは過去世の因縁が消えてゆく姿。

守護霊さん守護神さんといったって、なんにも悪いことが一つも出てこないわけじゃない。

悪いことや嫌なことがあっても、それは過去世の因縁が神様の力で消されていくんです。

その人に一番都合のいいように過去世の因縁が消えてゆく姿となっている。

うまく守護霊さんが消してくださるんだから、何が出てきても、自分にとって一番いい状態として出てきているんだ、軽く出してくださるんだ、というふうに感謝して、守護霊守護神さんと一体になって生きるということが大事です。

 

『内なる自分を開く 本心開発メソッド』五井昌久

 

夢を見ることは守護霊さんの愛だった!

 

本文

夢とは人間の業因縁の消滅する姿である、と私はいう。

業因縁の感情を、肉体脳髄の念の休止している間に、たくみに夢として肉体世界と離して、描き出してしまうのが守護霊の偉大なる一つの仕事なのである。

現われれば消えるのが想念の性格であるので、夢として描き出されてしまえば、その想念は消えてしまう。

肉体世界に現われた場合は、その現われが頭脳にキャッチされて、再び同じ想念を幽体に記録してしまうが(それでも現われれば幾分づつか消えてゆくのである)夢の場合はその想念がたくみに戯画化されていて、一体なんの想念が判然としないので、醒めた後で、いくら肉体頭脳で思ってみても、その夢に現われた想念は、再び幽体に記録されることはない。
 
(五井昌久著・高橋英雄編『日々の祈り』44頁)

 

感想・・・思っていること、想念がなぜ大切かというと想念はエネルギーなので、インプットされてしまうのです。
「あいつは憎らしい、殴ってやりたい」と思うと潜在意識に刻まれ、それが時を経て自分に返って来ます。もちろん、憎まれ、殴られるのです(苦笑)
これが、何百何千の輪廻転生の間に蓄積されたものが、すべて現われたなら、とてもまともに生きて行けません。
そこで守護霊様は、寝ている間に肉体頭脳に劇画化させ、写し出して、そこでジ・エンドにし、現実に現われないようにしてくださっているのです。
怖い、恐ろしい夢を見たときは、「現実に起こるのではないだろうか?」と心配するのではなく、思い出そうとするのではなく、「あぁ、守護霊様が消してくださったんだ、ありがとうございます」と素直に感謝をすれば良いのです。
『世界平和の祈り』は、守護霊様の助けを他力本願にするだけでなく、守護霊様、守護神様と三位一体となって、自分、そして地球人類の運命の修正をはかるのです。

『世界平和の祈り』は個人人類、同時成道の素晴らしい言霊です。

自分の運命、周りの人の運命、そして地球、宇宙人類の運命も素晴らしいものになって行くのです。

世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命がまっとうされますように
守護霊様ありがとうございます
守護神様ありがとうございます




 

血流が良くなるのは素晴らしいこと‼️

 

【私は飛蚊症が消えました】

整体師のAさん(女性68歳)がご自分のボケ防止、改善のために水素ガス吸引器を購入され、「頭がスッキリした」と同時に「吸う前にイライラすることがあったけれど、それも消えてしまった」と驚いておられました(笑)

これはどういうことか、といいますと、ストレス、想念、想いとは、人間が作った物質波動なので目には見えないけれど物質なのです。

それを宇宙の波動である水素エネルギー(ガス)が消し去ったということです。

水素は宇宙に92.1%存在する宇宙そのもののエネルギーです。

ところで、このAさんが患者に吸わせたところ体全体の血流が良くなったことで施術がやりやすくなり、いつもよりも早く終わったそうです。

そしてなによりも施術を受けた患者さんが「体がポカポカしてきて、凄く気持ちが良かった」と言っておられたそうです。

そうなのです‼️

水素ガスを吸うと約2分で毛細血管の血流が良くなります。

毛細血管は体の血管の98%を占め、その長さは地球🌏を2周半します。

毛細血管の血流が健康のカギを握っているといって良いでしょう!

私は、10年程前から「飛蚊症」に悩まされていました。

目の前に蚊🦟が飛んでいるように見え、それも少しずつ大きくなって違和感があったのです。

それが、水素ガスを吸うようになっていつの間にか消えていました。(目の周辺は毛細血管の集まりです)

私は血流測定器(血管美人)を使ってたくさんの人の血流を見てきましたが、勢いのなかった血流や死にかけたゴースト血管が元気に蘇って行く姿は感動的です‼️

「自分よ頑張れ‼️」

「もっと流れてくれ‼️」

と思うのです。

そして、「水素さんありがとう‼️」と感謝するのです。^_^

https://m.youtube.com/watch?v=Lz0ribXyTjI






2019年2月 8日 (金)

脳がスッキリクリアになれば幸せ感がやって来る‼️

 

日本では昔から「頭がサビる」「脳🧠がサビ付く」などと言われてきました。

体内のメカニズムがわかっていない昔の人が、脳細胞が酸化され、錆びていたことを知っていたのは、驚きです。

痴呆や認知症は歳を重ねると自然に起こってくるとわかっていても、どうすることできなかったのは、昔も今も共通の悩みだったと思います。

「脳🧠をスッキリさせたい」「聖徳太子のように7人の人の声を同時に聴き、理解出来るようになりたい!」(笑)

脳の情報処理能力が落ちるのは、明らかに脳が疲れているからです。

錆びついているからです。

脳細胞が大量の活性酸素で酸化されているからです。

脳🧠細胞はやっかいで、「血液脳関門」があり、大事な脳を守るために何重にも保護されています。

そのため、脳に良いとされる抗酸化物質のビタミンや良質な油(オメガ3など)も細胞内まで入って行けなかったのです。

ところが、そこで〝水素ガス〟です‼️

水素は宇宙一分子が小さいので、超難関の「血液脳関門」を通り抜け、脳細胞の中に入って行き、悪玉活性酸素と結合して無害の水にし、体外に出してくれます。

悪玉活性酸素(2・OH)+水素(H2)=水(2H2O)

〝水素ガス〟は鼻👃から吸引するので脳にダイレクトに働きかけます。

頭を使い過ぎている人、頭に疲労が溜まっている人は、少しどんより痛くなったようになります。

それは、脳細胞内の悪玉活性酸素と水素が戦って?いるのです。

やがて悪玉活性酸素が無くなると痛みも消えて行きます。

スッキリ爽やかな、雲一つ無い青空の気分になります^_^

幸せとは、ストレスが無い心の状態をいうのではないでしょうか⁉️

日々の指針


1.外側の問題は内側の問題を映し出す鏡。 自らの過ぎ去った過去の言動行為を繰り返し責め裁くことは、無意識に自らの神性を傷つけ貶めているのである。


1.神性そのものは、全人類一人残らず誰にも備わっているからこそ人間は生きられるのであるが、ほとんどの人はその真理を忘れ果ててしまっているため苦悩するのである。


1.神聖復活目覚めの印を組むと自らの病気を自らで癒すことも、死期を、自らで決めることも、自らの感情や意思を自由自在にコントロールすることも出来るようになるのである。


1.神人たちによる神聖復活目覚めの印は、人類はもとより生きとし生けるものすべての生命に光の息吹を与えつづけているのである。


1.人は過去から現在に至るまでの体験や自らを責め裁きつづける悔恨の念・・・・・に縛られ、自らに厳然と備わっている光り輝く神聖の扉を自ら固く閉ざしたままにしている。 その放置されていた扉を自らが開くことである。


1.固く閉ざしてしまった自らの神聖の扉を開くのは、いかなる聖者や宗教家や医者や科学者に依頼し、依存しても不可能。
あくまでも自らの意思、自らの信念、そして祈り、究極の真理により、自らが自らの救世者となるのである。その方法こそが神聖復活目覚めの印である。


                                           西園寺昌美





 

 

守護霊様に素直であれ!

 

本文

誰でも幸福になりたくて働き努力するのだが、なかなか幸福にならない。

幸福になる秘訣は素直になることである。

素直とは肉体の人間に素直になれというのではない。

真理に素直になれというのである。

いいかえれば、神に素直になれ、というのである。

神というと何か遠い気がするし、つかみ難い気がするだろうから、守護霊に素直になれというのである。

守護霊とはおおむね祖先の霊である。

お祖父さんお祖母さんが自分の背後にいて、霊の眼で、霊の耳で、子孫である自分の運命を予見し、悪い運命への道から、善い運命の道へ導いて下さるのである。

その子孫の将来に起る出来事をよく知っていて、その子孫の運命を幸福へ幸福へと導こうとしているのである。

(五井昌久著・高橋英雄編『日々の祈り』42頁 )

感想・・・「素直」とは、素(もと)に直で繋がっている人のことをいうのです。

そして素とは、宇宙のこと、根源のことです。
守護霊様の上は、守護神様、聖者たち、そして宇宙神なので、私たちの大元である宇宙神(素)に、繋がりやすくなるのです。

私たちは、守護霊、守護神と一体であることはイメージできても、宇宙そのものである、とは思いもつかないでしょう。

しかし、私たち人間はそんなちっぽけな存在ではありません。

宇宙の中に私たち人間がいるのでありません。

私たちの中に宇宙があるのです。


世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます




 

愛深い人のみ指導者になれる

本文

業因縁は過去世から流れつづいている波の連続である。

この五十年、六十年の肉体にのみあるものではない。

まして、各人の肉体的環境(病気や幸、不幸)がその間の二年や三年に起した想念の現われとして、でき上ったり、現われたりしたものではない。

誰が見ても立派な心の人が不幸になっており、どこから見ても、悪いように見える人が、人も羨やむ幸福を得ている例は、枚挙にいとまがない。

だから簡単に人を責めたり、審いたりすることはできないのである。

自己の功名心の満足や、知識に偏した愛薄き人々による人間指導ほど、逆効果なものはないのである。

愛深き人のみ、人間心理の指導者たり得るのである、と私は強くいいたい。

(五井昌久著・高橋英雄編『日々の祈り』41頁)


感想・・・テレビのコマーシャルで「そこに愛はあるんか?」「ほんまもんの愛はあるんか?」と問いただすシーンがあるのですが(笑)

愛薄い人は自我欲望が強く、どこか尊敬できないところがあるのです。

ほんの一時(いっとき)ならば付いて来てくれる人もいますが、「金の切れ目は縁の切れ目」というように利害関係が無くなると同時に信頼関係も消えてしまいます。

つまり、愛薄い人は、過去世の財産でしばらくは良い事が続くものの、貯金を使い果たすと、運にも見放されるのです。

今の世の中は特に信頼関係を築くことが大切です。

アセンション(次元上昇)とは、お金の価値が無くなり、愛の強さ、深さが評価されるようになります。

ほんものの時代の到来です!

神様の時代がやって来ます!

か〜あ

み〜い

 

2019年2月 5日 (火)

疲れていたのは体じゃない、脳だった!

 

 

本文


たとえば、長時間のジョギングや暑い中ゴルフをしていると、「体が疲れた」と感じます。

しかし、私たちの研究によれば、4時間、体に負荷を与える運動を続けても、実は筋肉や肝機能などにはほとんど影響しないことがわかっています。

では、疲れていないのに、なぜ「体が疲れた」と感じるのか?

その答えは

「脳の自律神経の中枢」にありました。・・・・

『すべての疲労は脳が原因』梶本修身(著)

 


感想・・・水素ガスを吸ってから「疲れにくくなった」とか「体が軽くなった」「ぐっすり寝れるようになった」などは脳疲労が取れたからだと思われます^_^

水素ガスは、脳のすぐそば、鼻👃から吸引し、気体が脳細胞に直接働きかけます。

脳は「血液脳関門」という関所みたいに非常に狭く、他の抗酸化物質(ビタミン、リコピンなど)の高分子では入れないところまで、スイスイ入って行きます。

水素分子は宇宙一小さな分子です。
体の疲労、つまり脳疲労や自律神経の乱れは、脳細胞で活性酸素が発生することで起こっていた

宇宙の92.1%は、水素原子で構成されています。

水素ガスにより脳の掃除が行われ、自律神経が調って来ると他の臓器や機能も整って行きます!

 


 

 

 

 

 

 

善と悪、光と影


 

本文

人間の本来性には、善も悪もない。

人間はただ無限の光(神)の創造性を行動に移し、神の姿を客観的に現わそうとしている者あって、悪といい善というも、全面的に神が現象界に現われるまでに織りなす、光と影の交叉であり、悪(影)と現われている姿、行動も、より大いなる善(光)を現わさんとする一瞬であり、善と現われている姿、行動すらも、より偉大なるすべてを含めた善(光)を現わさんとする過程の一瞬である。

神の分霊が一度は肉体の業因縁の中で弄ばれ、自己の本性を見失なったかのように見えるが、これは神が分霊に命じて、宇宙神の創造を現象界に写し出そうとしている過程にすぎないものである。

(五井昌久著・高橋英雄編『日々の祈り』40頁 )

 

感想・・・「あの人は善い人だ」「あいつは悪い奴だ」と私たちは白黒どちらかに決めたがりますが、それは自分の都合で一方的に決めていることであり、他の人は違う見解なのかもしれません。

その人は、一時的に影の部分が見えているだけであり、今は素晴らしい人になっているかもしれない。

つまり肉体人間が自分、または他人をジャッジすることが間違っているのです。

そして、神様は悪や影を現している人間に干渉しません。

正そうともしないし、バチを与えることもない。

人間は、善と悪、光と影を繰り返し体験し、経験しながら光一元になって行くのです。

光と影の体験が終わり、神に近づいている人と、まだまだ影を経験中の人が混同している。

それが、今の地球人類です。

これまでに神のみ心(愛)、波動から離れていた人は、真理(我即神也)がわかるまで不調和なことが起こったり、目が覚めるようなことが起こるでしょう。

それはその人の守護霊様が、「真理を知らせるのは今しかない!」と絶妙なタイミングをはかっているのです。

私たちはもう業想念に弄ばれる時期は終わったのです。

肉体界での修行も終わっている(特にここに読みに来られている人は)

後は、縦(天)に繋がるのみです。

天に繋がり、天地を結ぶ光の柱になるのです。

 

世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命がまっとうされますように
守護霊様ありがとうございます
守護神様ありがとうございます




 

2019年2月 4日 (月)

人間神の子なのです!

 

本文

形あるもの、それは形なきものの影である。

形あるものが、形あるそのままで見えるようでは、その人は救われない。

人間とは、肉体だけではないのである。

神、すなわち宇宙に遍満せる生命が、その創造せんとする力が、個々の人格に分けられたもので、しかも横においてつながり合い、協力し合って、その与えられた力を縦横に、自由無碍に発揮し、形ある世界に、完全なる神の姿を画き出そうとしている者である。

神とは宇宙に遍満する生命の原理、創造の原理であり、人間とは神の生命を形ある世界に活動せしめんとする神の子なのである。

このような、神と人間の関係を知り得たならば、この現象世界のいかなる変動の中にあっても、動揺せぬ生き方ができるようになる。

(五井昌久著・高橋英雄編『日々の祈り』39頁 )


感想・・・私は最近、「こんな素晴らしい人間が神の子でないはずがないじゃないか?」と思うようになったのです(笑)。

確かに、テレビなどのニュースを観ていると神の子どころか、動物以下(動物さんごめんなさい)、の言動をする人、どうしようもない人がたくさんいます。

しかし、皆さん情報に振り回されないでください。

ここ数年、犯罪や自殺者は減り続けているのです。

小さなどうでもいいことがニュースになるのは、それだけ種が無くなっているのです。

それは、地球に降り注ぐエネルギー、波動が細かく優しくなっているからです。

ただ、細かい波動にあぶり出されて、消えてゆく姿もあります。

今は、天国(神界)と地獄(幽界)が同居している。

現時点は、夜明け前なので、一番暗くなってもいるのです。

しかし、『世界平和の祈り』を祈り、『神聖復活目覚めの印』のエネルギーは確実に地球🌏上を神界のエネルギーに近づけ、宇宙からのエネルギーと共に急速に浄化が始まっているのです。

そして神聖を顕わす人が次々に誕生しています。

「この人はなんてピュアなんだ」
「仏様のような人だ」
「この人のそばにいると心が洗われる」

地球人類のすべての人が、愛の人、聖者(お釈迦様、キリスト様)になったらどんなにか素晴らしいでしょう‼️

近未来の地球人類はそうなるのです。

金星のような精神的に大人の星になります。

それは、宇宙法則で決まっているのです。

宇宙法則にスムーズに乗るメソッドが『世界平和の祈り』『神聖復活目覚めの印』その他印です。

 

世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命がまっとうされますように
守護霊様ありがとうございます
守護神様ありがとうございます



 

すべての疲労は脳が原因‼️

 

(肉体や体が疲れていたのではない、脳疲労だったのです)

慈恵医大の近藤一博らは、疲労が認識されるのは活性酸素で作られた老廃物が体内に溜まり、それが疲労因子と呼ばれる一連のタンパク質を作って大脳に作用するためであると突き止めました。

つまり、疲労の正体は「活性酸素」であり、大脳🧠に作用していた。

私たちは、歩き過ぎなどで足が疲れ、筋肉が疲れると思っていましたが、疲労因子は、足の筋肉に溜まるのではなく、脳に行っていたのです。

だから足を休めたり、ケアすることもある程度は必要でしょうが、脳疲労を取ってやることが一番早い、理にかなった方法なのです。

ところが脳細胞🧠とは、やっかいで「血液脳関門」という関所みたいなところがあって抗酸化物質のビタミンやリコピンなどの高分子は入ることができません。

だから、悪玉活性酸素を消せない脳の病気は、どうしようもなかった!

そこで〝水素ガス〟です。

鼻👃から吸引された水素ガスは直接脳🧠に働きかけ、難所の血液脳関門を通過し、脳細胞に溜まった悪玉活性酸素を除去してくれます。(水素分子は宇宙一小さい分子であり、細胞の外は脂で中は水溶性ですが、水素はどちらでもスイスイ入って行きます)

痛んだ細胞や遺伝子までもを修復してくれます。

水素ガスが病気の進行を止めるだけでなく、改善させるのは、修復力があるからです。

病気になるのは、突然になるのではなく、脳疲労が蓄積し脳がサビ付く、司令塔が病むと統制が取れなくなり、あちこちに悪玉活性酸素が飛び火して行く

つまり、脳がサビ付く前に、脳が疲弊する前に〝水素ガス〟によって悪玉活性酸素を除去してやればいいのです。

現代人は疲れています。

それは心的ストレスもそうですが、生活が活性酸素で覆われているからです。

電磁波、放射線、大気汚染、大量のクスリ💊、加工食品、お酒、タバコ、油分の多い食事など・・・・

私たちの体は空気(酸素)にさらされ変色が進む、リンゴのようになっているのです。

すごいスピードで劣化しています。

これを食い止め、元に戻すことができるのは、〝水素〟しかありません‼️

 

参考本

『すべての疲労は脳が原因』梶本修身(著)集英社新書

 

 

 

2019年2月 2日 (土)

相手も自分をも生かす法、すなわち愛

 

 

本文

人間は、自己一人だけが生活したり、自分一家だけが生活したりしているのではないということを、まずはっきり認識して、自己や自分一家の行動が対社会に及ぼす影響ということを考えの根本において、生活することが大事である。

自分一家だけの幸福という考え方は、往往、隣りと衝突したり、対社会性を失ったりする場合が多いのである。

であるから、常に相手のためになるように、相手を傷つけぬように、と共に、自己をも傷つけぬように、の心がけを習慣づけることである。

すべてを生かす、という精神こそ、誰にとっても一番大事な心がけである。

誰でもがこのような心がけになったならば、むずかしい理論も何も要らずに、社会も国も世界もよくなるに違いない。

国家の場合も同じである。

相手も自分をも生かす法、すなわち愛である。


(五井昌久『神と人間』)

感想・・・何度も繰り返すようですが、「相手も自分をも生かす法、すなわち愛である」は、ほんとうにその通りだ、と思うのです。

そして相手も自己も傷つけない心がけがあったならば、すべては調和して行きます。

自分の想念行為を省みるとき、相手に対しても自分に対しても愛があったのか?

薄くなかったか? 自分のことのみではなかったか?自分も相手も良くなるようにバランスが取れていたか?を常にチェックする必要があるのです。

これからの地球🌏世界は、益々ホンモノの時代になって行きます。

「三方良し」の精神は三角形なので、末広がりに広がって行きます。

宇宙法則に乗っているのです。


世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命がまっとうされますように
守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます




 

 

 

 

 
 

 

 

神智を元にすれば必ず調和するのです!

 

 

本文

真の人間を知るということは、神を知ることと一つである。

いかに神、神と神を追い廻わしても、その人の行いが愛と真心に欠けていては、その人は真の人間を知らぬのであるから、救われるわけがない。

人間の尊いのは、肉体が偉大だからでもなく、肉体の知識が秀れているからでもない。

肉体の知識が多いのはよいが、あく迄、それも人間の本性、霊的智恵、いわゆる神智を元にしていなければ、かえって人類を不幸に陥れる。

唯物論者の行動が非常に理論的に巧緻でありながら、それを行動にうつすと、社会を不穏にし、世界状勢を不安動揺せしめてゆくのは、神智によらないからである。

即ち、人間は一体いかなる者かを知らないからである。

(五井昌久著・高橋英雄編『日々の祈り』37頁)



感想・・・いくら肉体的知識を持って相手と対峙したり、問題を解決しようとしたとしても、自分や他人を感情的な動物であると、これはあたかも、自分が白鳥の子(神の子)であるのに、「醜いアヒルの子」と思い込んだために自分も相手も貶めてしまうことになります。

自分も神の子、相手の人も神の子とわかれば、どれだけ尊重し、敬い失礼のないように接するでしょう。

しかし、業が吹き出ている自分や相手を見て、「なんで自分が神なんだ」「あんな酷い奴が神であるはずがない、悪魔ではないか?」と、ほとんど人は、真理を知りません。

これが本文にあるように世の中が末法の世になっている原因です。

 

 そこで、真理を知っている人、よろけながらも真理(我即神也・人即神也)を実践している人(笑)が、この厳しい肉体界に神の姿(パワースポット)を顕わすのです。

 この天と地を結ぶ〝光の柱〟のエネルギーが凝り固まった人々の業(カルマ)を溶かし、真理(我即神也)に目覚めて行くのです。
 
 
 世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます

 
 
 




2019年2月 1日 (金)

聖人は自己主張などしないのです!

 

本文

どうもこの地球世界では、右だ左だと、景気よく自己主張している人のほうが、なんだか頼り甲斐のあるような気がして、そうした業想念波を超越した世界から、この世の救いに起とうとしている、真人の声などは、なかなか耳に入ろうとはしないようだ。

それはちょうど老子が、聖人は百姓を芻狗(すうく)のように扱って不仁に見える、といっていると同様に、すぐにこうだ、ああだと手をさし伸べて、その人々に直接利益になるような処置を取ってやるようなことを、本心開発の道を説く人々はあまりしないからである。

私たちの在り方は、なるべくはすべての人々を芻狗のように扱わず、すべての人々に直接利益を与えながら、しかもその人々の本心開発に役立ち、世界人類の天命開顕にも役立つ方法を提唱している。

それが世界平和の祈りとして誕生しているわけである。

(五井昌久著・高橋英雄編『日々の祈り』34頁 )



感想・・・すうくとは、藁で作った犬の飾りのようなものらしいのですが、祭りなどが終わると無残に捨てられるのです。

聖人は感情的(勘定的)になって小さいどうでもいいことに、「ああでもない、こうでもない」と言っている人を簡単に助けたりはしないのです。

それはその人の魂の成長には役立たないからです。

みなさんも世間や人に甘えている人をみて、「もう少し頭を打った方がいいな」と思われることがあるでしょう。

しかし、肉体を纏った人間はその試練に耐えられる人はそういるものではなく、五井先生もご指導に苦労されたと思います 。

末法の世になり、世間は強引にでも自分の意見を持ち、引っ張ってくれる人を求めます。

「どこかおかしいな」と直感でわかっても、力強さに引っ張り込まれてしまうのです。

こんな時は、〝守護霊さん〟が人を介して「あいつと関わるのはやめておけ」と何らかのメッセージをくださいます。

それに(神智)に従わず、そのままにしておくと大変なことになります。

宇宙法則が狂うからです。

私たちは宇宙人であり、宇宙神(我即神也)そのものなのです。



世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます


 

 

« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ