« 仕事の極意は誠意だった! | トップページ | アインシュタインは宇宙(愛)を語っていた »

2018年12月 1日 (土)

五井先生随聞記(山崎 多嘉子さん)

 

 

1.むかし、統一会におけるある男性の発言に対して、五井先生がめずらしく一喝されたことがあった。
 その翌日のことである。新田道場のお浄めのお部屋から出ていらした先生が、つかつかと私の前に立たれた。午前十時のお祈りの直前だったので、誰も居合わせず、私一人だった。
 先生は笑顔で話しかけて下さった。
 「ねえ、人間の想いの習慣を変えようというのは大変なこと。例えばネ、水の流れを変えようとする時は、土手を造ったり、土嚢(のう)を積み上げたりして、水を堰きとめてから、別の方へ流すでしょ。ましてや人間の想念の流れを変えるのは、容易なことではない。大きな力がいるのです。だから私は叱るんですよ。
 私の"叱(しか)る"は"光(しか)る"だからね。相手にうんと光(しかり)を入れるんです」
 私はしっかり肝に銘じたのであった。


※五井先生は江戸ッ子で「し」「ひ」の区別がつかない。それで叱るが光るになったかもしれない。――高橋英雄注――


2. 「私は人間が好きだね。花や草木でも、動物たちでもみんな好きだし、自然はみな勿論、すぱらしくて好きだけど、人間ほど面白いものはない。人間は本当にすばらしい」


3. 「ああ神さまは公平だねえ。なんであの人が……と思ってみることもあるけれど、ズーッとよく見ると、やっぱりそうなんだねえ、神さまは実に公平だ」
 ある日のこと、まるで独り言のように話していらっしゃったことがある。


4.世界平和の祈りが打ち出された時のことである。
 その頃の私は、自分の心をよく見つめると、世界のことより、自分と自分の周辺の平穏だけが念頭にあることに気づいた。
 頭では世界の平和の大切さがわかっているのに、感情は自分の域を脱していないことが情けなかった。
 「私は世界平和の祈りを、そらぞらしく、口先だけでしているような気がしますけれど、そんな状態でもお祈りつづけてよろしいものでしょうか?」
 と先生に質問した。
 「気持をこめていなくても、口先だけだと思ってもいいから、祈っていらっしゃい。そのうち自然に本気になってくるから」
 とおっしゃったが、そこには何か大きな強い広がりのようなものを私は感じ、安心して祈って行こうと思った。今では、
 "先生のおっしゃった通り、本当に本気になれました。本気どころか、今は、世界人類が平和でありますように、がすべてです"と私は五井先生に申し上げ、心から感謝申しあげている。

※五井先生が「世界平和の祈り」を提唱したのは昭和30年(1955年)。この年、宗教法人が設立された。


5. 五井先生のまわりには、いつも自然と人が大勢集まっていた。当時はまだ真理がほとんどわかっていない私たちなので、女性の中には、五井先生に憧れ、敬愛するあまり、まるで恋人に対するように、なれなれしい態度をとる人もあった。またそれを見て、むらむらと嫉妬心をかき立てられる人もあった。
 そんな日々の中で、あるとき五井先生は、少人数の集まりでおっしゃった。
 「わたしはね、全く自分が無いから済んでいるんですよ。いろんな人があるからね。純情で妖艶な人なんていうと、たいていの男はひっかかるだろうね。
 私はネ、時には川岸の草なんかにつかまって、流れに身をのり出して、流れてゆきそうな人を救い上げる――というような場面もある人です。捨て身だからね。そんなとき、私にちょっとでも私心があったら、一緒に川に流されてしまって、いのちはないのです。
 私はこの通りに生きているでしょ。だから絶対心配いりません。どんな女性が近づいてきても私は大丈夫です。
 大体ね、一人の人間を救えないようなら、世界を救うことは出来ないからね」


6. 先生のお賞(ほ)めの言葉について。
 「本人に向ってではなく、私が他の人に"あの人はいい人だね"って言うときは、それは本当なのです。
 本人に向って言うときは嘘かというと、決してそうではないが、励ましの気持が多分に入っている場合が多い。けれど私は無責任に賞めっ放しにはしない。必要があって一時賞め上げても、本人が錯覚して、あとで困るようなことにはしない。時を見て、必ず正しく受けとれるように納めておく」


7.「何事も水の流れるようにサラサラと流しているのがいいね。たとえ善いことであっても、溜(た)めておかないで、すぐ流すのです。水でも溜めると淀むでしょ。そうすると汚れてくるんです。善いことも悪いことも、何もつかまないで、サラサラと生きることだね」











 

« 仕事の極意は誠意だった! | トップページ | アインシュタインは宇宙(愛)を語っていた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五井先生随聞記(山崎 多嘉子さん):

« 仕事の極意は誠意だった! | トップページ | アインシュタインは宇宙(愛)を語っていた »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ