« 五井先生はすべてをお見通しなのです | トップページ | 運命を恐れるな(悪や不幸を超える生活) »

2018年11月 9日 (金)

五井先生のお言葉

 

■まず自分の調和が大事である。

■神様は魂の親である。だから何かある時は子供が親に向っていうように、無邪気に素直に「神さま、教えて下さい」と神さまにきくことである。するとスパッと答えが出てくるものである。

■「私たちの使命は祈りの使命です。それぞれが世界人類の平和を祈ることによって光の柱となり、天と地をつなぐ使命を持っているのです。現世の仕事は第二で、まず第一は祈りです」とある講師の質問に先生は答えられていた。

■仕事がある時は一生懸命にやり 仕事がない時はのんびりとゆったりとして 金がなくとも 米がなくとも すべてを天に任せて悠々と生きたいものである。

■えらいとほめて認めてくれるのは他人。うまいですね、といってくれるのも他人。

■あせるのは我(が)があるからだ。すべては神がなさっているのである。なすべきことは、なすべき時にするようになっている。神様にすべてをまかせて、今、与えられている仕事をしていればよい。


感想・・・私は最近までこの世の仕事や日常がまず第一で、「世界平和の祈り」や印はその合間にやればいいと思っていたのです。
しかし、それは反対であることがわかりました。
この世の仕事は第二で祈りが第一と書いてあるように祈りが主なのです。

目に見えないエネルギーが調ってからでないと目に見えるエネルギー体(肉体界・3次元)、波動は整わないのです。
自分のエネルギーは肉体よりも先に、現場に行っています。
行く前に波動調整をしていないと現場の現象が整うことはないのです。
波動が悪いとトラブルに巻き込まれます。

そのことがわかると自分のエネルギーを調える波動調整を疎かにできないのです。

祈りが第一という理由はここにあります!

波動調整のメソッドは言うまでもなく

「世界平和の祈り」「我即神也」「人類即神也」「神聖復活目覚め」の印、「光明思想徹底行」「地球感謝行」などです。
祈り、印を組めば組むほどエネルギー、波動が細かくなり、やがて3次元も整ってゆくのです。

« 五井先生はすべてをお見通しなのです | トップページ | 運命を恐れるな(悪や不幸を超える生活) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五井先生のお言葉:

« 五井先生はすべてをお見通しなのです | トップページ | 運命を恐れるな(悪や不幸を超える生活) »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ