« 糖尿病のみなさん、インスリンをやめてみませんか? | トップページ | 人間の素晴らしさを知ってください(北海道地震に思う) »

2018年9月 5日 (水)

考え方を変える→行動が変わる→細胞が変わる→がん細胞が消える

 
 

【がんは弱いもの、生活習慣を改善すれば必ず治る、と信じることが大切です‼️】

先ほど朝ドラ「半分青い」を観ていたら、すずめのお母さんがガンになった、そして弟とすずめが落ち込んでいる姿がありました。

そこには、

1.ガンは治らない

2.早期なのか? ステージは?

3.治療が苦しく辛い

4.長生き出来ない

5.ガン=死

等が頭の中を交錯するのです。

これらは全て誤解であり

「9割の医者は、がんを誤解している」岡本裕著 飛鳥新社・・・のように患者だけでなく、医者も誤解しているのす。

だから怖くなるのももっともです。(集合意識によって)

しかし事実、数多くの末期ガン人がガンを克服し生還している‼️

そこには、「考え方を変える」「生活習慣、食事を変える」という自らの改革が要るのですが、まずはガン細胞とはどんなものなのか?

を客観的に知っておく必要があると思うのです。

 

 

 

 
『がん細胞は死にやすい』

 
では、ここで、がんについて、現在わかっていることをお話していきましょう。
まず、がん細胞について。
がん細胞は、まるでエイリアンのように、どんな悪条件にもかかわらず、どんどん際限なく増殖していって、正常な細胞を食いつぶし、やがては患者さんを死に追いやるといった、そんなイメージを持たれている方が多いかもしれませんが、

実は、まったくそうではありません。 

がんは、むしろ内弁慶な細胞です。

体外に出してやると、とたんに死んでしまう、意外と生命力の弱い生き物です。

実験室で培養してみるとよくわかるのですが、とても育てにくい死にやすい、デリケートな細胞なのです。

放っておいてもどんどん増えていくというイメージとは程遠いものです。

温度調節や栄養補給などなど、手取り足取り、けっこうまめに面倒を見てあげないとすぐに死んでしまう、そんなひ弱な細胞なのです。

たとえば、がん患者のAさんのがん細胞を、健常人であるBさんに移植したとしたら、どうなるでしょうか?

本当にたとえばですが、仮にそんなことがあったとしても、基本的にはBさんはがんにはなりません。

Bさんの体内に入ったとたん、移植されたがん細胞はBさんの免疫力で簡単に撃退されてしまいます。

では、なぜAさんの体内にいる場合に限り、がん細胞は際限なく増殖していくのでしょうか?

それがたいへん不思議なところなのですが、それはAさんの身体が、がん細胞が成育し、増殖しやすい環境に変化したからなのだと考えられています。

イメージとしてはつまり、がん細胞が強くなったのではなく、まわりの環境が脆弱になってしまい、結果として、がん細胞が生き延びられるようになってしまったという感じです。・・・・・・・・・・・・・・・・・つづく
 

「9割の医者は、がんを誤解している」 岡本裕著 飛鳥新社

追伸・・・水素ガスはガンやその他の病気の原因である悪玉活性酸素を除去するのですが、それだけではなく宇宙のエネルギーでプラス思考に変わって行くのです。「病は気から」心を癒さなければ病気は治りません。

 

 

 

 

« 糖尿病のみなさん、インスリンをやめてみませんか? | トップページ | 人間の素晴らしさを知ってください(北海道地震に思う) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/74159724

この記事へのトラックバック一覧です: 考え方を変える→行動が変わる→細胞が変わる→がん細胞が消える:

« 糖尿病のみなさん、インスリンをやめてみませんか? | トップページ | 人間の素晴らしさを知ってください(北海道地震に思う) »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ