« 今、体験、経験していることをどう捉えるか? | トップページ | 良心的なお医者様が教えてくれる病院の選び方! »

2018年8月12日 (日)

人間は血管とともに老いる(血管=臓器)



 

(病気のほとんどの原因は生活習慣病)


人生が長くなり、老後の生活が重要になってきました。

いつまでも元気に人生を楽しめるのか、要介護になって家族に迷惑をかけるのか。

老後の過ごし方によって、その人の評価が決まるといっても過言ではありません。

生活習慣病の合併症は、がんに次いで日本人の死亡原因の第2位ですが、要介護になる原因ではダントツのトップです。

しかも、がんはある意味、防ぐこと難しい不運な病気ですが、生活習慣病は自分自身の心がけひとつでストップをかけることができます。

ぜひ、脱・生活習慣病を実践してください。

生活習慣病を正しく理解するためには、それが血管の病気だと認識することです。

脳梗塞・脳出血は脳の病気、心筋梗塞・心不全は心臓の病気だと、誤った理解をしている人がたくさんいます。

生活習慣病は、高血圧、高血糖、脂質異常によって血管が痛み、その結果、血管がたくさん集まる脳や心臓に障害が発生する病気です。

もちろん、血管もほかの臓器と同じように自然に老化していきますが、大切に使えば120年は持つといわれています。

ところが、ぞんざいに扱うと脆く、痛みやすい一面を持っています。

人間は血管とともに老いる、という有名な言葉があります。

血管の老化が早く進めば、人生も早く終ります。

血管をいたわって、大切にしましょう。

それが残りの人生を明るく楽しむ秘訣です。 

 

2014年11月 板倉弘重

日常生活のちょっとした工夫で 『血圧、血糖値は下がる!』

 

感想・・・上記の文章は、今読んでいる、日常生活のちょっとした工夫で 『血圧、血糖値は下がる!』 の著者の冒頭の挨拶文ですが、私が実践している調和波動気功法においても血管は非常に大切な要素です。

と言いますのは、気、エネルギーは血管の中を通っているからです。

いつも申しておりますように、宇宙からの霊要素(気・エネルギー)は頭のてっぺんの百会(ひゃくえ)に入り、血管の中を通って60兆の細胞に活力を与えて足の裏(湧泉)から地球の中心へと流れてゆくのです。

人間の本体は天と地を貫く光りの波動体なので、この縦の流れが滞ったときに病気のような症状になるのです。(まさしく気が病んだ状態が病気です)

一昨年、私が気功をしているのに病気になってしまったのは、明らかに生活習慣病、すなわち血管・血流が原因だったのです。

から揚げ大好き、清涼飲料水大好き、炭水化物も大好き、血管の中はドロドロになっていました。

これではいくら気功で血管の中の血流をスムーズの流そうとしても限界、無理があったのです。

これから人間がほんとうの健康を手に入れるには、生活習慣病の改善と、『世界平和の祈り』・印による宇宙エネルギー(霊要素)を流すこととの併用だと思います。

目に見えること(3次元)、目にみえないエネルギー、この2つの調和が取れてこそ健康も平和も調(整)ってゆくのです。

この本は、コンビニにも売られていたそうなのですが、非常に的を得た、大切なことが簡潔に書かれています。

ご興味のある方は是非、紐解いてみてください。

 

追伸・・・一昨年、私は潰瘍性大腸炎に罹り炎症反応(CRP)が正常値0.3のところ15を超えていました。血圧も200を越えることもありました。そのときに出会ったのが水素ガスだったのです。少しずつ炎症も治まり、血圧130代前半になって、3か月後にはすっかり元気になりました。

 

 

 
 

« 今、体験、経験していることをどう捉えるか? | トップページ | 良心的なお医者様が教えてくれる病院の選び方! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/74021825

この記事へのトラックバック一覧です: 人間は血管とともに老いる(血管=臓器):

« 今、体験、経験していることをどう捉えるか? | トップページ | 良心的なお医者様が教えてくれる病院の選び方! »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ