« 私たちは放射線を常に浴びている | トップページ | 日々の祈り »

2018年7月14日 (土)

五井先生のお言葉 48

 

 

1.何事でもそうだが、宗教信仰においても、何か一つのことを完成しようというには、大変な勇気がいる。幽界の不良生物から随分と誘惑もあるし、脅迫やら攻撃がある。

しかしそれを突破し、どんなものが来ても、自分は光り輝いている、というものにならなければいけない。それにはひたすらなる神への全託、信よりない。

2.世界平和の祈りの中にひたすら入りこんでいると、自然と自己の内なる神の力が現われてくる。

3.肉体の自分がやっているんだ、と思ってるようなうちは、その人は大した人間ではない。

4.三界(迷いの世界)をこえるには空(くう)になることが必要である。しかしくうという言葉はむずかしいし、わかりにくい。そこでわかりやすくいうと、命を捨てるということになる。

これでもまだわかりにくいならば、現われてくるすべてのものに”ありがとうございます”といえることである。そういえるようになれば、三界をこえているのである。

5.子供は神経質にせず、大胆な、のびのびとしたものに育てよう。それには、小さなことにガミガミとやかましくいわないことだ。




感想・・・・1.幽界の不良生物なんていないとほとんどの人は思っていると思います。しかし私はその存在を嫌というほど知らされ、見せられ、わからされています(苦笑)、それは自分の想いを狂わすもう一人の自分の存在といえばわかりますでしょうか? 自分を誤魔化してはいけません。神の存在を信じ、神は愛なのだから、神に意識を合わせていれば絶対に大丈夫なんだ、と誠実に生きることが大切です。


 

2.「世界平和の祈り」を祈っていないとき、忘れているときに不自然になります。不調和なことが起こるようになります。


 

3.ほとんどのことは自分がやっているのではなく、守護霊さん守護神さんが陰で援助してくださっているのです。そして守護霊さん、守護神さんが相手の守護霊さん、守護神さんに頼んで万事うまくやってくれている、だから相手の人、そして相手の守護霊さん守護神さんにも感謝ですね!


 

4.三界とは、肉体界、幽界、そして霊界の低いところをいいます。三界とも迷いの世界、悟ってはいません。輪廻転生とはこの三界を生まれ変わり死に変わりすることをいいます。私たちはもうすぐこの地球でアセンション(次元上昇)を迎えますが、わかりやすく言うと、三界を卒業する、霊界の上の神界へ行くことをいいます。それも地球人類全員です。全員悟らないと次元上昇にならないからです。悟るとは目覚めること、自分は何者であるのか?(神である) どこから来たのか?(神界から来た)何のために生まれて来たのか?(神の姿を現わすため)が、わかるようになるということです。信じられないかもしれませんが、みんなお釈迦様、キリスト様、つまり覚者の境地になるのです。


 

5.極当たり前のありきたりの教えのように思いますが、自分の感情(特に怒り、イライラなど)をコントロールすることは肉体人間にとってかなり難しいのです。人格者と言われる人でも出来ている人は少ないのです。つくづく肉体人間は凡夫だと思います。


 


世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます






 

 

 

 

 

« 私たちは放射線を常に浴びている | トップページ | 日々の祈り »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五井先生のお言葉 48:

« 私たちは放射線を常に浴びている | トップページ | 日々の祈り »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ