« 祈りとはいのちが乗り出している姿をいうのです! | トップページ | 五井先生のお言葉 54 »

2018年7月23日 (月)

五井先生のお言葉 52


■組織(会社・党・組合等)の中で発言するのではなく、宇宙の法則、人間の本質、原則に立って発言せよ。そうすると自然に人はついてくる。

■肉体人間では何事もなし得ない。肉体人間観をすてることである。つねに宇宙の原則、永遠の生命観に立つよう心がけるべきである。

■私はここ百年、二百年間のことより永遠の生命をつねに見つめ考えている。百年、二百年のことは大体決まっているようなもので、それが地に現われてくるのである。だから、目先のことに一喜一憂することはないのだ。一喜一憂しなくなると、脚下照顧となって、一日一日が大切になってくるのである。

■つねに太陽のように、月のように本心を輝かせている修練をすることだ。

■枝葉の想いにとらわれず、真直ぐ神さまの中に入ってゆくことが宗教の極意である。

■平凡で強い人、よごれた世の中に入っていても悪によごれない人、そういう人をつくりたい。

■求めつつ与えよ。

■勇気ある人間になりたいと思ったら、つねに勇気を私に与え給え、と守護霊守護神に祈りつづけなさい。そうすれば勇気がでるものです。

■自分の体というのはないのです。神さまが創った体なのだから、神さまの体なのですよ。それを自分の体と思うから、そこに執着が生じ、執着から迷いが生れてくるわけです。はじめから「自分」なんていうものの所有物は一つもないのです。

« 祈りとはいのちが乗り出している姿をいうのです! | トップページ | 五井先生のお言葉 54 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五井先生のお言葉 52:

« 祈りとはいのちが乗り出している姿をいうのです! | トップページ | 五井先生のお言葉 54 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ