« 内臓機能が回復‼️ | トップページ

2018年6月 9日 (土)

消えてゆく姿

 

【消えてゆく姿】

1.自分の運命というのは、自分が開かなければ絶対に開きません。いくら守護霊守護神さんが応援してくれても、自分に開こうとする意志がなければ開きません。

 

だから自分が明るい心を出し、柔和な心を出し、人との接触を良くして生きていけば、運命は自然に開けて来ます。守護神も、ああこれではいけないなと気付かせようと思って待っている。気付くまで不幸が続く。

2.過去世の想いがズーッとたまっていて、それが現われて消えてゆくのであって、今の自分ではないのだ、というのです。
今の自分というのは、光り輝いている自分であって、神さまの子であるわけです。

その前をただ通り過ぎてゆくというのだから、自分が悪いとか、人が善いとか悪いとかいうのではなくて、それは通るべくして通り、現われるべくして現われるものであって、現わそうとして現われたものでもなんでもない。ただ現われて来るわけ。

 
3.善悪混淆の業というものは、すべて消えてゆく姿なのです。やったことは輪廻転生して、ぐるぐる廻っているのですから、行なったものは、自分にまた帰ってくる。

一度いいことをする。そうすると、これが善いものは波長が合って、10にも20にもなって帰ってくる。悪いことをした場合に、そのままにしておけば、10倍にも20倍にもなって帰ってくる。

そこで、悪いことをした、人を恨んだという想いの上に、世界人類が平和でありますように、みんなが幸せでありますようにと祈ると、その憎らしいが消えてしまう。

悪いことをした、消えてゆく姿だ、ごめんなさい、世界人類が平和でありますように、というと、十字交叉して、業因縁の横にめぐっている波が、スーッと天に行って、天で消されて、今度は光になってかえって来る。

その光が、十字交叉の点で横に伝わっていって、横の波として廻ってゆく。

 

 

感想・・・1、運命は運ばれて来るのではなく、自らが切り開いて運んでゆくものだと聞いたことがあります。ただ祈っているだけではだめです。熱意×行動=結果になる 祈りに依存してはいけない

 

2.現れて来たものは、そこに何の想念も感情も入れず、「あッ消えてゆく姿が来たな!」と客観視し観ていればいいのです。その波に入って右往左往、一喜一憂するからまた繰り返すことになる。目の前に現れている、私たちが現実だと思っているのは実体のない幻なのです。

 

3.世界平和の祈りの素晴らしいところは、善いことは10にも20にもなって返ってくるのに、悪いことは世界平和の祈りで消すことが出来るのです。「あッしまった悪い思いを出してしまった、世界人類が平和でありますように」「失敗だったかな、世界人類が平和でありますように」と切り替えることで間に合うことがあるのです(笑) こんなにありがたいことはありませんよね!

 

 

« 内臓機能が回復‼️ | トップページ

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/73652836

この記事へのトラックバック一覧です: 消えてゆく姿:

« 内臓機能が回復‼️ | トップページ

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ