« 体、筋肉疲労は脳疲労だった | トップページ | 人間は水で出来ている! »

2018年5月 8日 (火)

五井先生のお言葉 35

 

1.人にはそれぞれ与えられた使命がある。その使命以外のことをやろうと、いくら力んでもだめだ。ただただ素直に、神のみ心の中にとけ入ってゆくことだ。わが天命を完うせしめたまえと。

2.自分をゆるすということは、自分の中の想念にも、人の中の想念にも把われない、ということである。掴んでいるものを放すことである。大きな宇宙の流れからみれば、そんなことは大したことではないのである。把われない、掴んでいるものを放す、ということは消えてゆく姿に徹することである。

 

感想・・・1.使命と天命は違うのか? そして使命以外のことをやろうとしてもダメなのだとしたら反対に使命通りことをするのならそれはうまく行くに違いない。あなたほ自分の仕事に惚れ込んでいますか?神様から使命(これをやりなさい)を受けた仕事ですか?

2.自由自在心とは自分の想いにも人の想いにも把われないこと、引っかからないこと、振り回されないこと、「あいつがあんなことを言った」などとこだわらないことを言います。思ったとしてもすぐに放つことをいいます。 それができれば、どれだけ楽に生きられるでしょう。

 

 

« 体、筋肉疲労は脳疲労だった | トップページ | 人間は水で出来ている! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/73449432

この記事へのトラックバック一覧です: 五井先生のお言葉 35:

« 体、筋肉疲労は脳疲労だった | トップページ | 人間は水で出来ている! »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ