« いちいち善悪を比較するな | トップページ | 天の目を気にして生きてゆくことだ »

2017年9月 8日 (金)

本当に幸せな人とは?



1.本当に幸せで心豊かなる人とは、お金や所有物をたくさん持っている人のことをいうのではない。

自由と利害関係を超えたところの友人知人をたくさん持っている人のことをいう。

所有物や金銭をたくさん所有しているが為に、いかにも自分が富み、多くの人々に囲まれ、幸せそうに見えるようであるが、実は彼らの餌食になっていることに気づかない。

そればかりか、物を所有するが為に自分の心がその物品に縛られて、物や冨を守るための奴隷と化し、全く自由のない屈従の生活をおくらなければならなくなるよう、自然に強いられているのである。哀れなものよ。


2.あくなき物質的欲望を追っていると、いつまでたっても真の幸福は見出せない。

次から次へと新しいもの、自分に無いものが欲しくなり、自己欲望への規制がきかなくなり、しまいには必ず破滅の道へと自らを自らの手でまねいてしまう。

もっと自分の心を大人にして、精神的なものへの欲求へと変えてゆかなければならない。

精神的に結ばれている友は本物で、長続きし、物質的に結ばれている友はもろく崩れやすい。




『日々の指針』 西園寺昌美 白光出版




感想・・・お金をたくさん持っていることだけで多くの人々に囲まれているのと、利害関係を超えた友人知人をたくさん持っているのとでは、周りにいる人の数は同じでも幸せの質が全然違うと思うのです。

それは日頃の生き方、人との接し方で決まります。

人を神と認め、人を尊敬し、人の中に無限の可能性を見出し、人に対し大切に接し、扱う、そうするとその愛は必ず相手の心(守護霊、守護神)に届き、心(守護霊、守護神同士)の交流が生まれるのです。

しかし利害損得でつながった薄っぺらなうわべだけでの関係では奥にある本心(神)には響きません。

中身の無い虚しい人生を送ることになるのです。

相手の人に神性を見出す(人類即神也)ことが、幸せになるためのメソッドです。

これから地球人類は、自分が神性を顕わし、人に神性を見出す時代になってゆきます。

“神性復活” の到来です。


  
 

« いちいち善悪を比較するな | トップページ | 天の目を気にして生きてゆくことだ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/71647167

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に幸せな人とは?:

« いちいち善悪を比較するな | トップページ | 天の目を気にして生きてゆくことだ »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ