« 光に闇はやって来る | トップページ | いちいち善悪を比較するな »

2017年9月 6日 (水)

今は過去のフィルムが写って来ているのです。


フィルムと言えばちょっと古臭いですが、私たちが今現在と思って見ている今とは、たった今の今ではなく、過去世に想念した(想っていた)こと、行為したことが録画されていて、そのフィルムが映し出されているのです。

みなさんは初めて来た場所なのに「ここは以前来たことがある」「なんだか懐かしい」と思われたことはないですか?

それは過去世のことを思い出したのです。

そして夜空の星を見てください。今、私たちが見ている光はたった今、光った光ではなく何万光年も前の光を見ているのです。

もしかしたらその星はもうないのかもしれません。

そう考えると私たちの存在も宇宙の存在もとても神秘的ですね。

私たちは今の現状を嘆きます。今をなんとかしようとします。今を変えたい、自分を変えたいと思います。

しかし私たちが生きている今とは今ではなく過去の幻影なのです。(仏教では現世を写し世と言います)

実体のない幻影(過去)を変えようとしてもそれは無理です。つかめないからです。

でも過去世が悲惨なものであったのならそれが写って来てしまいます。

守護霊さん、守護神さんは過去世がそのまま写って来ては大変なので霊界と神界から過去世の想念行為の溜まり場である幽体・幽界(潜在意識の世界)を必死で浄めてくださっているのです。(幽体とは個人の肉体にくっついているボディのこと、幽界とは人類の想念の溜まり場)

それでなんとか大難が小難になっています。

肉体人間の私たちにも出来ることがあります。

それは『世界平和の祈り』の光によって守護霊さん守護神さんと一体になって幽界(幽体)を浄めるのです。

3人?でやれば早く消えてゆきます。(三位一体)

運命も早く好転するのです。

過去の業因縁が綺麗サッパリ消え去ると後は、神様のみ心が顕われた愛の世界になります。

それが地上天国です。

そしてもっと早く私たちが幸せになり、地球人類が平和になるメソッドがあります。

それは未来へ光の種を蒔くのです。明るい未来を強くイメージ(想像)するのです。

想像は創造になるのです。私たちは創造主です。どんな世界も創れるのです。

私たちは自分の未来も地球の未来も変えられる。

なぜならば、私たちは神の子だからです。宇宙そのものだからです。

「世界平和の祈り」と守護霊さま守護神さまのご加護で過去世を浄め、明るい未来を刻印する(果因説)ことで完璧です。

業因縁は消えるしかないのです。



世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます



追伸・・・『果因説』はこれまでになかったまったく新しい考え方です。

過去、過去世に把われるのではなく、なりたい自分をイメージした種を未来に蒔くことで、その通りの未来を受け取るのです。

未来を変える素晴らしい著書です。

是非、読まれてください。



『果因説』 西園寺昌美 白光出版


  

« 光に闇はやって来る | トップページ | いちいち善悪を比較するな »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/71628007

この記事へのトラックバック一覧です: 今は過去のフィルムが写って来ているのです。:

« 光に闇はやって来る | トップページ | いちいち善悪を比較するな »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ