« 全想念を祈りの中に投げ入れるという意味は? | トップページ | 世界平和の祈りが人類を救う »

2017年8月 3日 (木)

世界平和の祈りは大清流のようなものなのですか?



質問: 私は自分に欠点が多いくせに、人様のことを、アレもいけない、コレもいけない、と思うんですけれど、いちいち言い切れませんし、わだかまりにもなります。

世界平和の祈りの言葉というものは、例えば、天から降ってくる清水のようなものと教わっています。

ですから平和の祈りの中にすべて入れて祈っていればよろしいわけでしょうか?

 

五井先生お答え: その通りです。自分のことは勿論、あらゆる汚れを大清流である、光輝いた清らかな神様のみ心の中に入れてしまうわけです。

ところが神様、神様といっても分かりませんでしょ。

神様というと、天照大神?観音様?いろいろな名前がついてしまうでしょ。

だから名前でなく、神様の目的にしたのです。

神様の目的は、この世の中には神様のみ心を現わすことです。神様のみ心というのは、端的にいえば平和、大調和なんです。

大調和の平和のみ心の中に入るために、神様の目的である、世界人類の平和を打ち出した。

ただ私たちが、世界人類が平和であれ、平和であれ、では、おかしいでしょ。

それで、神様が “世界人類が平和であれ” と光を投げかけてくるのに合わせて「世界人類が平和でありますように」と、お願いのように「ありますように」とやるわけです。

それで光の柱が一つになるわけですね。

大光明の柱の中に「世界人類が平和でありますように」という想いで入ってしまうわけ。

神様はもともと完全円満だから、神様の目的の中に入れば、そこであらゆるものは消されてゆくわけ。きれいになってゆく。

それを繰り返し繰り返しやっているうちに、自分自身もきれいになるし、人々もみんなよくなるわけです。

最後には、世界がすっかりよくなる。すっかりよくなるためには、お祈りだけではないのです。

いろんな発明もなされるし、宇宙子科学も出来るし、いろんなことが、いろんなふうに発達して、医学も、交通手段も、科学技術も発達してゆく。そうしてよくなるわけです。

だからお祈りだけでよくなる、というのではなくて、お祈りが根本になって、あらゆる文明文化が正しいものになってゆく。それで世界はよくなってゆくわけです。

そのよくなるための先達として、皆さんが世界平和の祈りをやっているわけです。


『質問ありませんか?』五井昌久著 白光出版




  

« 全想念を祈りの中に投げ入れるという意味は? | トップページ | 世界平和の祈りが人類を救う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/71317916

この記事へのトラックバック一覧です: 世界平和の祈りは大清流のようなものなのですか?:

« 全想念を祈りの中に投げ入れるという意味は? | トップページ | 世界平和の祈りが人類を救う »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ