« 七劫目(アセンション)について 2 | トップページ | 守護霊、守護神に代わってあなたに語る »

2017年7月14日 (金)

家庭運を良くするための祈り



 
いくら仕事が上手くいっていても、お金がたくさんあったとしても、家庭の中がめちゃめちゃであればそれは幸せとはいえません。

本心が喜ばないからです。

それは松居一代さんを見ていればわかります。

ビジネスが成功して100億の資産があるそうですが、夫や家族に見放されては心が寂しいのです。心にぽっかり穴が空いているのです。

松居さんの場合は自分で何とかしようと動き過ぎたと思います。

じたばたすることしか選択肢の中になかったのだと思うのです。

夜空に浮かぶ星を観てください。

たくさん浮かんでるように見えても99.9999・・・%は目にみえない空間です。

目に見える物質波動はほんの僅かです。

それと同じように私たちは肉体がすべてだと思っていますが、肉体は人間の本体のほんの僅かであって氷山の一角に過ぎないのです。

肉体にくっついている幽体(オーラ)はビル一棟分あり、霊体は地球大、神体にいたっては宇宙大です。

自分とは宇宙そのものなのです。

肉体の自分がなんとかしようとするのは、月を槍で突こうとするのと同じです。

それくらい無力なのです。

自分でやろうとすればするほど、霊界、神界にいらっしゃる守護霊さん守護神さんは働くことが出来ません。

「肉体の自分ってたいしたことはないんだな」「守護霊さん守護神さんの力って凄いんだな」と謙虚になって諦めてしまうのです。

そうすると凄く楽になるのです。

肩の力が抜けるのです。

そして世界平和の祈りをして自分の想い、想念をすべて神様に任せてしまう。

するといつの間にか運命が善くなっていることに気づくのです。

あきらめるとあきらかになる、明るくなる

これが宇宙の法則です。
  


世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます





本文

 

家庭運の悪い人は、一旦は悪いのが今生の運命なのだ、と諦めてしまって、その諦めから再出発することが肝要です。

一旦スッカリ諦めてしまうと、人間は案外気が楽になるものです。

よくしよう、よくしようとリキんでいるから苦しいので、とにかく一旦諦めてしまって、自分の想念を、なんらかに集中させてしまうのです。

そのなんらかは、神さまが一番いいのです。

 ━ 自分を生み、育ててくださった神さま、どうぞ、あなたさまのいちばんいいように、私の運命をすすめて下さい。

私は今、どうしようもないのですから、あなたさまにすべてをおまかせいたします ━

と神さまにおまかせする気になって、そうした祈り言を、朝、昼、晩のひまある限り祈りつづけるのです。




    
       日々の祈り 五井昌久 白光出版



  

« 七劫目(アセンション)について 2 | トップページ | 守護霊、守護神に代わってあなたに語る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/71134089

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭運を良くするための祈り:

« 七劫目(アセンション)について 2 | トップページ | 守護霊、守護神に代わってあなたに語る »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ