« 私たちはもう回り道をしている場合ではない | トップページ | 足るを知る者は富めり »

2017年7月 2日 (日)

人間には無限の神秘力がある

  
 

現役大リーガーのイチローは、前世では忍者だったそうです。

あの守備、身のこなしはただ者ではないですね。

そして背番号の51は五井先生を表わしているそうです。

五井先生もイチロー選手も天に通じていた天才だったことは共通しているようです。

しかし五井先生もイチローも、とっぴょうしもないことを言うのではなく当たり前のことを言っておられます。

私はイチロー語録が好きでよく読んでいたのですがその中で、

「目標は低いほうがいい」 があります。

目標は低く設定してそれを何度も毎日クリアしていくことで自分に自信を付ける、小さな自信の積み重ねが大きな自信、そして目標につながる。

気づいたときは人間智では考えられないくらいのことが出来るようになっている。

天才は、努力によって生まれるということなのですが、今、嵐の大野くんが映画でやっている忍者は、何メートルもの高さを、鳥のように飛んでいます。

オリンピックの走り高跳びに参加したら絶対に金メダルでしょう(笑)

どうして忍者は飛べたのか?

それは幼い頃からの訓練がありました。

3歳くらいの小さい時に、3センチくらいに育った苗木を飛び越えさせるそうです。

3歳でもそれくらいだったら簡単に飛べる。

そして次の日もまた次の日も簡単に飛べるのです。

それはあたり前でもあるのですが、自信につながります。

「絶対に飛べるんだ」 と心にインプットされます。

そして苗木はいつの間にか樹になり、50センチになり、1メートルになり2メートルになり、5メートルにもなる。

幼子も少年期を迎えるが、気が付いたときには、5メートルを飛べるようになっているのです。

イチローはこの頃(忍者だった頃)を覚えていたのかもしれません。

だから「目標は低いほうがいい」 という発想が生まれたのだと思います。

世界平和の祈りも毎日の積み重ねです。瞬々刻々の祈りが大切なのです。

目にはみえないけれど確実に世の中に役立っています。

人類がつくってしまったマイナスの想念エネルギーを消してプラスに変えています。

世界を平和に導いています。

宇宙に刻印しています。

そのエネルギー(言霊)が臨界点を超えたとき、アセンションを迎えるのです。

 

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます



  
 

« 私たちはもう回り道をしている場合ではない | トップページ | 足るを知る者は富めり »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/71026112

この記事へのトラックバック一覧です: 人間には無限の神秘力がある:

« 私たちはもう回り道をしている場合ではない | トップページ | 足るを知る者は富めり »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ