« 頭だけでわかることは無に等しい | トップページ | 調和波動気功法セミナーへのお誘い »

2017年7月24日 (月)

騙されたと思って祈ってもいいのです


 
私が一番「もったいない」と思うことは、人間は神であり創造主そのもので、もの凄い力を持っているのに、170センチ60キロの肉体がすべてだと思い込み、潜在意識に眠った偉大な叡智のうちほんの数%しか発揮しないでただ年齢を重ね、罹らなくてもよい病気に罹り、短い肉体生活を終えてしまう。

死んだ後はせっかく肉体という鎧を脱ぎ捨てて自由自在に神界、宇宙、その他の星々に宇宙旅行が出来るのに、意識が残っているために、「自分はまだ死んでいない、肉体に戻れるんだ」と思い違いをし、肉体界で生きている人間にまでも大迷惑をかけてしまうのです。

これではなんのために生まれきたのか?わかりません。

もうそのような迷いの時期は終ったのです。

これからは素晴らしいほんとうの自分とつながって、本来の自分を現実にどんどん降ろしてゆく時代です。

そのためのメソッドが神界とつながる世界平和の祈りを祈ることなのですが、私が思っているほどみなさんは素直ではなさそうです(笑)

やってみればやさしくてすぐにわかるようになります。

何がわかるようになるかというと難しいことも簡単に思えてくるのです。(意識の次元が上るから)

なんでもないようなことが幸せに思えるようになります。

今まで憎かった人がいとおしくなります。

つまり心の変化が次々に起こるのです。

それは心がピュア(純粋)になり綺麗になるからです。

理屈ではないのです。世界平和の祈りを祈り、守護霊守護神と一体になると汚れがこびり付いた魂に光が入り、ピカピカと輝き出すからです。

余計な想念がはじき飛ばされるからです。

汚れたままでいいのです。

「神様、助けて!」と飛び込んで行けば、必ず助けてくださいます。

タイトルにあるように騙されたと思ってでもいいから祈ってみてください。祈るのは無料です。

神様は人間を相手に商売などしないのです(笑)






『神への全託で道は開かれる』

 

この道は実行するより他に方法はありません。

神様を呼ぶのを恥ずかしがっているようではいけません。

神様を親のような気持ちで慕うのがよいのですが、なれないとなかなかそこまでゆけませんから、自分たちが智慧のある人間だと思わずに、自分たち肉体人間では何事もなし得ない、という謙虚な気持ちになる必要があるのですが、それさえも出来にくい人は、ただ騙されたと思って、平和の祈りを祈りつづけ、守護の神霊への感謝をつづけるとよいのです。

そう致しますと、いつの間にか、神様のみ心が自分の心に伝わってきて、安心立命に近い気持ちになってきて、次第にゆったりとした気持ちで、世界を見渡すことができるようになります。

肉体人間がどんなに頭をふりしぼって考えても、世界を平和にする力はでてこないのですから、そうした無駄な力を一度捨てきって、神様のお力にすがるようにすることなのです。

人間ははじめから神様の生命の分かれであり、守護の神霊に守られて生きているのですから、このことは私の体験でよくよく知っておりますので、私を信用してください。

人間が利巧バカにならぬように、大馬鹿になり、幼児のようになって、神様にすべてをゆだねることが必要なのです。

神への全託が肉体人間を大きく働かせてくれる道となるのです。



『真の幸福』 五井昌久著 白光出版



 
  

« 頭だけでわかることは無に等しい | トップページ | 調和波動気功法セミナーへのお誘い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/71226960

この記事へのトラックバック一覧です: 騙されたと思って祈ってもいいのです:

« 頭だけでわかることは無に等しい | トップページ | 調和波動気功法セミナーへのお誘い »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ