« 人間には無限の神秘力がある | トップページ | マイナスのエネルギーから身を守るにはどうすればいいか? 1 »

2017年7月 3日 (月)

足るを知る者は富めり

 

「足るを知る」という言葉は中国の大聖者、老子の有名なお言葉なのですが、今の人間にとって一番大切な言葉ではないかと思います。

どういう意味かと言いますと、人間は裸一貫で「おぎゃあ」と生まれてきた、そのときはもちろん財産も地位も名誉もない。

両親も元気で生まれて来てくれたことだけを喜び、なんの期待もしていない。

この世に生を受けたことだけを神様に感謝していたのです。

それだけで赤ちゃんも両親も十分幸せだった。

しかし成長するにつれ、本人も両親も欲が出てきて、「もっとお金が欲しい、稼いで欲しい」「もっとよい暮らしがしたい」「させて欲しい」「もっと人に尊敬され認められたい」・・・・

と欲望が増幅して行くのです。いつも心が満たされていない状態です。心が貧乏なのです。

心の貧乏とは病気なのだそうです。

私たちは、満たされない気持ちを不幸と言いますが、初心に戻ると、「生きているだけでありがたい」「生活が出来ているだけで幸せだ」「朝を迎えられただけでこんなに嬉しいことはない」になるはずです。

「私たちはすでに満たされている、必要なものはすべて与えられている、足りている」と思うのか?

「まだ満たされていない、全然足りていない」と思うのか?

この心境の違いで、自分が今、幸せなのか?不幸なのか?が決まるのです。

コップに入った半分の水を見て、「たった半分しかない」と思うのと「まだ半分もある」と思うのとでは、同じ状況にもかかわらず、幸せ度は全く違うのです。

私たちはもっと謙虚になって「足るを知る」心境に戻らなければならないと思うのです。




              『足るを知る者は富めり』

 

この言葉は、よく言われる言葉なのですが、人間というものには限りがありませんで、金が出来れば地位が欲しくなり、地位が高くなればもっと高くなりたくなり

最高の地位につけば、いつまでもその地位に止まりたいと、種々と権謀術策をして、心の休まる暇がありません。

ですから、足るを知るということは、実に大事なことだと思うのです。

どんなに貧しい生活をしていても、その貧の中で満足して、心を休んじていられる人は、富んでいるも同じ心の余裕というものがあります。

安心立命していられます。

想念を常に物質世界の中に置かずに、神のみ心の中に入れきっている人は、如何なる環境にいても、足ることを知る人であり、心富める者なのであります。

何故ならば、神は無限の富者であるからです。




          「老子講義」 五井昌久 白光出版




  

« 人間には無限の神秘力がある | トップページ | マイナスのエネルギーから身を守るにはどうすればいいか? 1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/71034703

この記事へのトラックバック一覧です: 足るを知る者は富めり:

« 人間には無限の神秘力がある | トップページ | マイナスのエネルギーから身を守るにはどうすればいいか? 1 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ