« 心と魂はどう違うのか? 2 | トップページ | 祈っている人は貴重な存在 »

2017年7月 1日 (土)

世界平和の祈り方

  
 
読者の方から世界平和の祈り方を教えてくださいというコメントを戴きました。

そういえば、ちゃんとお伝えしていなかったですね(笑)

では、はじめます。

まず、お釈迦様も組んでおられる如来印(にょらいいん)を組んでください。

右手、左手で人差し指と親指で輪っかをつくり、片方の輪の中へ入れます。

そこでまた輪っかをつくります。

小指、くすり指、中指は下に沿えます。(左手、右手どちらが上、下になってもかまいません)

組む位置は、下丹田(へそ下3.5センチ付近)にしてください。

お腹からは1cmほど離します。

この印は基本的な印相で、体の中のエネルギーが交流し、調和してきます。

体調も良くなります。

電車に乗っているとき、座っているときなど、他人から見て違和感を感じさせないならば、是非組んで戴きたいです。

それから天と地を意識します。

天からのエネルギーは頭のてっぺん(百会)に入り、血管の中(血流)を通って60兆の細胞に活力を与え、足の裏から地球の中心へと流れて行きます。

自分は天地を貫く光の柱(パワースポット)だとイメージ(思って)してください。

意識を下丹田に下げ、そこに頭があるとイメージし透明の小さなカプセルを作り(イメージ)自分の体を小さくしてカプセルの中に入れるのです。(下丹田は腹脳と言われほんとうの脳があるのです)

そこでカプセルを回しながら(エネルギーが動きます)世界平和の祈りを祈ってください。(慣れてきたら回転速度を上げてください)

下丹田は、宇宙のエネルギーと肉体の自己のエネルギーが大きく交わる重要なエネルギースポットなのです。

放っておいたら起きてしまうマイナスの現象を下丹田で消すことが出来ます。

縦から流れて来た┃ エネルギーを下丹田(体の中心、エネルギーの中心)で横 ━に流すことによって十に変えることが出来るのです。

心の中で唱えても、もちろん良いのですが、天地、そして下丹田をイメージしながら組むとより大きくエネルギーが動き、エネルギー(神様)を感じ、わかるようになります。

  

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます

Img_0169

Img_0170



  


  

« 心と魂はどう違うのか? 2 | トップページ | 祈っている人は貴重な存在 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/71016620

この記事へのトラックバック一覧です: 世界平和の祈り方:

« 心と魂はどう違うのか? 2 | トップページ | 祈っている人は貴重な存在 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ