« 世界平和の祈りの原理(ただの願い言葉ではありません) | トップページ | やったことがすぐに返って来る »

2017年6月10日 (土)

最後に残る欲は?

  

 

金銭欲、物欲、独占欲、自己欲、出世欲・・・・数ある欲の中で一番最後に残るやっかいな欲は、性欲、色欲だそうです。

昔観た映画「お葬式」だったと思うのですが、臨終前の孤独老人(男)が死ぬ前に看護婦さんに「オッパイを触らせてくれ」とお金を渡していたシーンがなぜか脳裏に残っています(笑)

それくらい性欲は根強いのです。

お酒を飲むとその欲はもっと強くなります。

自己欲(自分の感情を満足させたい欲)と幽界のオバケちゃんが共鳴するからです。

幽界のおバケちゃんの中には、肉体界で無念の、悲運の死を遂げた魂たちがさ迷っている世界なので、地位の高い人、人気のある人、恵まれている人が羨ましいのです。

お酒を飲むと守護霊の助けを受けられなくなるので、憑依しやすいのです。

幽界のオバケちゃんは守護霊と違い人間の人生が無茶苦茶になるのを楽しんでいます。

オバケちゃんも悪いのですが、お酒を飲んで性欲を増幅させる、オバケちゃんに悪戯をされる本人が一番愚かですよね。

いやそれよりもそんなお酒の害を隠蔽している国も悪いと思います。

アメリカではお酒は薬物であり、覚せい剤、ヘロインよりも悪質であるというデータも出ています。

しかし覚せい剤は取り締まっても、お酒は犯罪が起こってから(飲酒の取り締まりはありますが)、やってしまってから動くのです。

お酒がこの世から無くなれば世界は平和になるのだけれど、今の世の中は利権に主きに置くのです。

お金が絡めば何でも通す。

戦争だってなんだってする。

その幼稚さが今の世の中をつくっています。

ある若手有名俳優が、17歳少女に対する淫行で、今の地位、名誉を失ってしまいました。

その奥には色欲と飲酒、幽界のオバケちゃんの姿が透けて見えるのです。

色欲、性欲とは感情です。(お金も感情、勘定といいます)

感情を超えないかぎりは、人間は幸せにはなりません。立派な宇宙人にはなれません(笑)

感情を完全に無くすことは難しくても少なくすることは出来ます。(もう少し先ですね)

それは意識をオバケちゃんの居る幽界に合わすのではなく、自分の本心がある神界に合わせるのです。

自分をまともに保つ、世界を平和に導くには、自分が神界に居続けることしかありません。

今はその時期に来ているのです。

若手俳優k君はそのことを示してくれたように思います。



追伸・・・・アセンションに向け、すべての欲、感情(勘定=お金)は無くなって行くのです。

感情が無くなるということは、迷いの世界である幽界も無くなるということです。

順番は、自己欲が無くなり、お金が無くなり、最後に色欲(性欲)が無くなるのだそうです。

今は、我欲、金銭欲が少ない爽やかな若い人が増えているように思います。

こんな世の中でも光は確かに見えていますよね。

地球の平和はもうすぐそこに来ていると思います。

  
  

 




 



  

« 世界平和の祈りの原理(ただの願い言葉ではありません) | トップページ | やったことがすぐに返って来る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/70818067

この記事へのトラックバック一覧です: 最後に残る欲は?:

« 世界平和の祈りの原理(ただの願い言葉ではありません) | トップページ | やったことがすぐに返って来る »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ