« 今、見ている星の光は過去の光なのです | トップページ | 我即神也は理屈ではない »

2017年6月12日 (月)

波動とは?

 

波動とか、気とか、エネルギーだとか言いますが、そもそも何なのか?

簡潔に言いますとこれらみえないものの正体は、神様の働きなのです。

この3つは同じものなので気を掘り下げて説明しますと、目にみえないものを漢字で表すと気になるのです。

元気、天気、陽気、電気、やる気、本気、勇気、気持ち、気配、・・・・・・

気のつく字は、ほんとにたくさんありますね。


日本語の 「気を付けて」は英語で「Good bye」=「God by you」であり、

スペイン語で「Adio's」の「dio's」は神の意味である。

気とは神の意味である。(調和波動気功法より)



では、同意語である波動をもっと詳しく言いますと

「波動が悪い」 「波動が粗い」 「波動が厳しい」 に対し

「波動が良い」 「波動が細かい」 「波動が優しい」 があるのです。

波動は神様なわけですから波動が良いとは、神様がたくさん働いているということであり、波動が悪いとは、神様から離れているということです。

では神様とは一体なんなのか?

神様はいろんな言い方があります。

大自然でもあり、宇宙神でもあり、最近の科学では「サムシング・グレート」、なにか偉大なものと言われているようです。

神を一言で言うと愛なのです。

か~あ

み~い

私たちは神の愛によって生かされてるのであり、神の愛を顕わすために地球上に降り立ったのです。

波動、波動って言いますけれど

人間が神様に近い状態が波動がいいであり、神様がきめ細やかに働いておられる姿が波動が細かいであり、神様の愛が顕われている姿を波動が優しいというのです。

逆に、波動が悪いとは、自分のことばかりを考え、愛や思い遣りを忘れてしまった状態をいうのです。

波動が粗いとは、意識が肉体や物質的なことばかり向いていて、心が雑な状態です。

波動が厳しいとは、神様(愛)から離れ、マイナスの想念エネルギーの多い、本来の姿(神の姿)に戻りにくい状態を言います。

私が外国や東京の波動が悪いと言ったのは、この“厳しい”の方だったのかもしれません。

真理を正確に伝えるのは、つくづく難しいなぁと思います。

波動のニュアンス、少しでもわかっていただけたら幸いです。

追伸・・・・波動を善くする要素がすべて詰まった言霊が世界平和の祈りです。

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます

無限なる愛

無限なる調和

無限なる平和

 

« 今、見ている星の光は過去の光なのです | トップページ | 我即神也は理屈ではない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/70837047

この記事へのトラックバック一覧です: 波動とは?:

« 今、見ている星の光は過去の光なのです | トップページ | 我即神也は理屈ではない »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ