« 想いとは相手の心と書きます | トップページ | お金は感情 »

2017年6月19日 (月)

除霊と浄霊はまったく違うのです

  
霊能者の人、宗教者の人で除霊をするのが上手な人はいると思うのです。

除霊とは字の通り、霊(悪霊)を取り除くことです。ほとんどが念力でやっています。

幽界のオバケちゃんが取り憑いた悪霊を、幽界に取り憑かれた霊能者もしくは、少しばかりの霊力(浄化力)があるお坊さんが祓うのですが、幽界や肉体に意識がある人が取り除こうとしても無理があります。

それは、こびりついた汚れを取るだけの洗浄力がないからです。

汚れたものを汚れた水で綺麗にしようとするのと同じです。

一時的に綺麗になったと見えたり、思っても、またすぐに返ってきます。

または別の人にその汚れは憑くのです。

本人は楽になるかもしれませんが、他人や家族に憑くとしたらそれは浄めたことにはならないのです。

ほんとうに綺麗にしようとするのなら除霊ではなく浄霊(マイナスを消してプラスに変える)をしなければなりません。

除霊と浄霊はまったく違うのです。

幽界を浄められるのは、神界と同じ意識を持った、霊覚者(お釈迦様、キリスト様、完全に悟った人)でなければ浄化することは出来ません。

そんな人は今の日本には、3人と居ないのです。(守護霊、守護神は肉体を持っていないので人ではありません)

そのクラスの人たちも浄霊するのは命がけです。

なぜならば、おかしくなった(業をたくさん被った)人間に憑いた業、カルマ、マイナスの想念エネルギーは凄まじいくらいの量なのです。

人間は何千回、何万回も輪廻転生している、そのたびに汚れがついている、その上に悪霊(幽界のオバケ)が憑いているわけですから、大変なのです。

霊覚者以外の人には、浄霊は絶対に無理だと思ってください。

そして除霊はまったく意味がないことをわかってください。

では、どうしたらいいのか?

それは自分に憑いた悪霊、業、カルマ、マイナスの想念エネルギーは自分で取るのです。

どこかの国のことわざで、「自分に刺さったトゲは自分で抜け!」があります。

厳しいようですが、自分で抜かないと自分のためにならないのです。

そして取るだけではなく浄化するのです。(浄化できて初めて世界人類に貢献出来る)

みなさん甘えています。

病気はお医者さん、薬が治してくれると思っている。

お金は誰かが応援してくれて、寝てる間に儲けてくれて自分を養ってくれると思っている。

幸せは誰かが運んでくれると思っている。

そして自分の魂は誰かが磨いて守ってくれると思っている。

そうではないのです。

自分のエネルギー・波動・気は自分自身で調えるのです。

他人から取ってもらうのと自分で取るのとでは意識が違います。

自分でやるほうが簡単に取れるのです。

気を調えるようになることがほんとうの自立です。

なぜならば波動調整が出来るようになると目に見えることは自然に整って来るからです。

自分が発するエネルギーが爽やかでスッキリしたものであれば、それに共鳴して仕事やお金、人間関係も調和してゆくのです。

目に見えることは目にみえないエネルギーを調えることどで整ってゆくのです。

これが真理です。

これが宇宙法則に乗るということなのです。


宇宙法則に乗るメソッドが世界平和の祈りです。(世界平和の祈りを祈っていると悪霊に取り憑かれることは絶対にありません)

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます

  

 

« 想いとは相手の心と書きます | トップページ | お金は感情 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/70906181

この記事へのトラックバック一覧です: 除霊と浄霊はまったく違うのです:

« 想いとは相手の心と書きます | トップページ | お金は感情 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ