« お金は感情 | トップページ | 宇宙神からのメッセージ »

2017年6月21日 (水)

なぜ、今世界平和の祈りが個人にも人類にも必要なのでしょうか?

 
実は、地球のアセンション(次元上昇)は人類の多くが世界平和の祈りを祈ることによって完成すると決まっているのです。

それは宇宙神と五井先生と言われる聖者との約束事なのですが、多くの人はそのことを知りません。

そこで私がブログ、FacebookというSNSを使ってみなさんにお伝えしているのです。

世界平和の祈りはただの願い事ではない、

進化した星の宇宙人(神様)たちも祈っているもの凄いエネルギーの言霊なのだ

どんな強いマイナスも消してプラスに換えてゆくんだ

だから地球は浄化されて神界(天国)が地上に現れて来るのだ、
と先日述べましたが

まだ、なぜ世界平和の祈りを祈ると個人も3次元的なことが整い、精神も安定し、地球人類も平和になってゆくのか?

ピンと来ていない人もいらっしゃると思います。

読み進んでいくうちにきっと腑に落ちてゆくと思います。

本文 

地球世界の人類は、今いったい幸福なのでしょうか不幸なのでしょうか。

こういう問を出された大半の人は、地球世界は今不幸な状態です、と答られることでしょう。

何故地球人類は不幸なのでしょう。 

それはこの世が争いの想いに充ち、不調和、不完全な状態にあるからです。

地球は今では全く狭くなって、米ソ、西欧諸国の政治政策はすぐさまアジア、アフリカ諸国にその影響を及ぼし、アジア、アフリカ諸国の出来事は、直ちに西欧や米ソに反響を与えます。

今日の個人の生活は、それがどうしても個人だけに止まっていることができず、国家や人類の動向に必然的に影響されてゆくのです。

ですから、今日の個人には単に個人としての生活はなく、個人の生活の浮き沈みは、国家や人類の動きに左右されざるを得ないのです。

いかに有能な個人がただ単独でどのような働きをしたとしても、それで国家や人類が幸福になるということはできないので、国家や人類全体が、争いの想念や不調和、不完全の環境からぬけ出さないことには、個人個人の真実の幸福はあり得ない、ということになってきます。

今日の世界状勢は、どの国家間の状態を見ても、大戦争へのきざしを含んだ、不調和な無気味な雰囲気をもっています。

ただ、いまだその雰囲気に火がつけられていない、ということにすぎません。

いつ戦争が起こるかわからない。 

いつ天変地異があるかわからない。

そういう地球世界の雰囲気の中で、真実の幸福生活をつかんでゆくことは、なかなか大変なことです。

この世における個人の幸福は、どうしても世界人類の幸福と結びつかなければ生まれ出ないものなら、いっそこの際、個人と人類というものを一つに考えてみて、そういう観点から一切の行動をしていったらどうであろう、と私はこう考えたのです。

そこから、私の提唱している世界平和の祈りが生まれ出たのです。

世界人類が平和であること、それは取りもなおさず、個人個人が平和な環境におられることであり、

個人個人が平和な環境に生活できることは、世界人類の平和が成り立っているからであるということになります。

ところが現在は全くこの反対で、真実の平和は個人の心にも、世界人類の中にもまだ生まれでてはいないのです。

この事実は、皆さんがこの世の姿や自分の心を見つめてみればすぐにわかることです。

個人も世界も、常に不安動揺しています。

現在の個人の幸福は、それは一瞬一瞬の起伏の一コマであって、永遠の生命につながる安定した幸福ではありません。

真実の幸福は、これから私たちが協力してつくりあげてゆかねばならないのです。

永遠の生命に立脚しない、虚偽の幸福感などでは、この地球世界に真実の平和は打ち立てられません。

この地球人類を不幸にしている最大の原因は、自分たちが、一なる神(大生命)から分かれてきている兄弟姉妹であることを忘れ果てて、自分と他人とは別のもの、という神のいのちを引き裂くような、人類愛にもとった生活をしはじめたことなのです。

そうした生活が今日では、習性となって、自他の差別観がぬきさしならぬ業(カルマ)の波動となり、人類全体を蔽ってしまって、自我欲望の想念となり、自分や自国の利益に反する他人や他国を敵視してしまうことになってしまったのです。

ですから、今日の社会生活、国際関係の中で、5人や10人の偉人が出て、真理にそった政治をしようとしても、業想念(カルマ)の波動が烈しすぎて、その真理を実行できずに終ってしまうのです。

どうしてかと申しますと、今日の世界は、もはや、少数の人々の動きではどうにもならぬ時代となって来ているので、どうしても、多くの大衆の力が必要になってくるのです。

人間誰しも世界平和を願わないものはないのですが、いったいどうしたら世界平和が実現するかは、この混迷した世界状勢の中での一般大衆にはわかりようがありません。

そこで、なんらの苦労も伴わずにやさしく入れる世界平和への道が、絶対に必要になってくるのであります。

人間の心が、労せず巧まずして一つになる方法、自他の利害を区別せず、自然に自他一体観が確立できる方法、その方法が必要なのです。

それには、各人の利害得失を想う想念を、一度どこかに投げ出させてしまわねばなりません。

それが世界平和の祈りなのです。

私は人間とその生き方については、次のように思っており、実行しております。

━ 人間の真実の姿は、業生(ごうしょう)ではなく、神の分生命(分霊)であって、

常に祖先の悟った霊である守護霊と守護神(天使)によって守られているものである。

この世の中のすべての苦悩は、人間の過去世から現在に至る誤った想念が、

その運命と現われて消えてゆく時に起こる姿である。

いかなる苦悩といえど、現われれば必ず消えるものであるから、消え去るのであるという強い信念と

今からよくなるのであるという善念を起こし、どんな困難の中にあっても、自分を赦し、人を赦し、自分を愛し、人を愛す、

愛と真と赦しの言行をなしつづけてゆくと共に、守護霊、守護神への感謝の心を常に想い、世界平和の祈りをつづけてゆけば、個人も人類も真の救いを体得できるものである

━とこのように想っているのです。

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さん、守護神さん、有難うございます

こうしたやさしい唱え言の中に、自分たちのあらゆる想念を投げ入れて、その祈りの中から改めて、自分たちの生活をつづけてゆきますと、いつの間にか、個人的な排他的な気持ちが薄れて、世界人類の幸福を願う、人類愛の気持ちが湧きあがってきて、いつとはなく、その個人の人格も完成してゆき、世界平和への個人の最大の行為である、個人生活での調和なしらべが奏でられてゆくのです。

個人の生活が平和になると共に、人類世界の平和達成に大きな役割を果す、世界平和の祈りこそ、現在世界中において最も必要なる善事であろうと思います。

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます



  

« お金は感情 | トップページ | 宇宙神からのメッセージ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/70921891

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ、今世界平和の祈りが個人にも人類にも必要なのでしょうか?:

« お金は感情 | トップページ | 宇宙神からのメッセージ »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ