« ほんとうの頭はへそ下3.5センチにある | トップページ | 悟るについて »

2017年5月10日 (水)

言はすなわち神なりき





頭と私たちが普段使っている言葉とは非常に密接しているのでこの際書いちゃいます。

 

“言はすなわち神なりき” はキリスト様のあまりにも有名なお言葉ですが

 

言葉が言になっていることに気づかれたと思います。

 

言葉(ことば)と言(ことば)はどう違うのか?

 

・・・・・・・・

 

それは私たち人間が発しているコトバのエネルギーが言葉であり

 

キリスト、お釈迦様、その他の聖者の発しているコトバのエネルギーが言なのです。(なんのこっちゃ)

 

私たちは頭でものごとを考えます。

そして脳裏に浮かんだことを掴まえて羅列して、並べ換えて

言葉というエネルギーに変えているのです。

 

頭は前回で述べたように、いろんな情報が玉石混交している“場”です。

 

そしてその場(頭の中)には、本心はほとんど入っていないのです。(ほんとうの脳は下丹田にあるから)

 

その本心(真理、真実)が入っていない、神とつながっていない、ただ浮かんで来た想いをつかまえてコトバにしているのです。

本心(神)から直で来たコトバは言であり、枝葉はついていません。

人間のコトバは、言に余計な葉をくっつけて汚れたものにしてしまっているのです。

 

ですから心から出たコトバではなく、頭で計算した感情(勘定)を入れた言葉になってしまっているのです。

 

もちろんすべての人がそうだとは言いません。

 

美しい言を発している人もたくさんいらっしゃいます。

 

きれいな心を持っておられる人もいらっしゃいます。

 

だがしかし、これらのきれいな人たちも汚れた情報、マイナス想念、人間の集合意識などによっていつ汚れてもおかしくない状態にあります。(業にまみれて)

 

お釈迦様のように汚れた池の中で綺麗な蓮の花を咲かすのは至難の技です。(お釈迦様は真理を識っておられたから出来たのです)

 

このようなコトバの意味や肉体の頭、下丹田のことなど、原理原則、真理を知らないとみんながみんなおかしくなってしまいます。

 

だから真理を知ることが大切なのです。

 

私たちは何も知らずに生きている

 

真理を知らずに生きている

 

誰も知らないし教えてくれない

 

すごくすごく大切なことなのに・・・・・・

 

話がまた外れてしまいました(笑)。

 

私たちが真のコトバを発するにはどうしたらいいのか?

 

本心からの暖かい愛(神)のコトバを出すにはどうしたらいいのか?

 

それはいつも心の中をスッキリさわやかに、プラスのエネルギー、愛で充たしておくことです。

 

それしかありません。

 

それには、たゆまない祈りしかないのです。

 

世界平和の祈りは、宇宙神の理念です。(ただの願いごとではありません)


宇宙の言霊(ことだま)です。

そして

本心と直結しています。

 

間を空けないで(間を空けると魔が差します)

祈り続けていると

マイナス(想念、エネルギー)がプラスに変わってゆくのがわかります。


頭からではなく心(下丹田)から言が出ていることがわかるようになります。


祈りとは命がのり出すという意味です。

本心(命)が顕われるようになるのです。

 

世界人類が平和でありますように

 

日本が平和でありますように

 

私たちの天命がまっとうされますように

 

守護霊様ありがとうございます

 

守護神様ありがとうございます

 

 

 

« ほんとうの頭はへそ下3.5センチにある | トップページ | 悟るについて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/70521577

この記事へのトラックバック一覧です: 言はすなわち神なりき:

« ほんとうの頭はへそ下3.5センチにある | トップページ | 悟るについて »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ