« アセンションとは幽界が浄まるということ | トップページ | 子どもは神様からの預かりもの »

2017年5月 5日 (金)

今は末法の世の中(だから世界平和はやって来る)


 
末法とは、世も末、滅亡寸前を意味している。

 

なぜそうなのか?と言うと(私が感じることから言うと)


テレビでは、銀行がカードローンのコマーシャルをバンバンやっている

 

本来の貸付業務をほぼ放棄し、サラ金と手を組んでいる

 

自己破産者が急増して、潰れるまで続くだろう

 

医療業界はもっとひどいかもしれない

 

「薬は毒」なのに患者の治療に臆することなく使っている

 

病気を治しては、儲からないので薬で病気をつくっている

 

飲食業界もそうだ

 

発がん性食品、糖質の高い食品、病気の温床となる食品を医療業界とまるでグルになって発売している。

 

コンビニ、スーパーなどは、もはや9割は

 

「買ってはいけない食品だらけだ」

 

そして最後は、スピリチュアル業界?

 

幽界のおばけちゃんが幅を利かせ

たくさんの人を迷いの世界へと誘っている

その目的は、お金儲け(どの業界も)

 

これに尽きると思います。

どの業界も、うしろめたいことをしているので、いつ儲けれなくなるのか?不安なのです。

 

横取り、つまり儲けることしか考えていない

 

他の人はどう思っているかは知らないが、私はそう思っています。(笑)

 

このまま行けばもう滅亡です。


間違いなく終わります。(それで6回滅びてきました)

 

しかし今回は違うのです。

 

次元は、5次元へと突入し、幽界が少しずつ浄まってきています。

 

幽界のおばけちゃんが力を失いつつあるのです。

 

幽界が力を弱めれば、祈りの力で一気に逆転出来るのです。

 

今までの6回と違い、今回は世界平和の祈りがあるのです。

 

10万人の神人が誕生すれば、キリスト、お釈迦様クラスの魂を持った人が、光の柱になって強烈な霊光を降ろせるのです。

 

1000人の汚れた人より、一人の悟った人の方がずっと力が強いのです。

 

マイナスのエネルギーは人間が勝手につくったものなので有限です。

 

しかし、宇宙のプラスのエネルギーは無限です。

 

ただし、条件があります。

 

10万人の神人です。

 

まだ、8万5千人くらい不足しています。(増えつつありますが)


ほとんどの人は、アセンションを指をくわえて待っています。

 

しかし待っている場合ではないのです。

 

自分が救世主になって、救う側になって

 

自分が地球を救ってゆくという崇高な魂の人が現われないと

 

地球の完成(アセンション)は、遅れてしまいます。



あなたは救う側ですか?

 

救われる側ですか?

 

躊躇しているときではないのです。



追伸・・・5月13日の富士聖地でのSOPP、世界の宗教宗派を超えたイベントで一気に幽界は浄まると思います。
平和へと近づくことは確かです。

しかし私たちは受身ではいけないのです。怠惰であってはいけないのです。

今、日本や世界や地球で起きていること、私たちは今、何をするべきなのか?私たち人間のミッションは何なのか?真剣に考える時期に来ています。待った無しです。

 

 

« アセンションとは幽界が浄まるということ | トップページ | 子どもは神様からの預かりもの »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/70473364

この記事へのトラックバック一覧です: 今は末法の世の中(だから世界平和はやって来る):

« アセンションとは幽界が浄まるということ | トップページ | 子どもは神様からの預かりもの »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ