« “見ざる 聞かざる 言わざる” の意味とは? | トップページ | 如是我聞3(想いは重い) »

2017年4月28日 (金)

如是我聞2 (分別心はいらない)





現れて来た事柄、想いをつかまえて、いい悪いと分別しているうちは、心の平和は得られない。



 
解釈

もしかしたら私が調和波動気功を学び始めたのはこのことだったのかもしれない。
 
どんなときにも平常心でいたかった、不動心になりたかった。
 
正義感のようなものが良い悪いを分別して自分で勝手に苦しんでいた。
 
W先生は 「ジャッジしないこと、分別心をなくすこと」 を教えてくださいました。
 

おっしゃられる通り、分別する気持ちが少なくなってから幸せを感じることが多くなりました。

« “見ざる 聞かざる 言わざる” の意味とは? | トップページ | 如是我聞3(想いは重い) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/70402012

この記事へのトラックバック一覧です: 如是我聞2 (分別心はいらない):

« “見ざる 聞かざる 言わざる” の意味とは? | トップページ | 如是我聞3(想いは重い) »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ