« 人間はエネルギーが変わってから、意識が変わる(私が一番言いたいこと) | トップページ | 如是我聞7(大聖者は街中に住む) »

2017年4月29日 (土)

如是我聞6(自分があってはいけない)



 


何事もそうだけれど、心を緊張させて固くなってはいけません。力むということは、やはりそれだけ自分がやる、という 「自分」 が残っているからです。



 

解釈

 

「自分」があってはなぜいけないのか?
 
よく自我があった方がいい、自分を主張しなければ駄目だ、と云いますが本当にそうでしょうか?
 
今の競争社会が人々を幸せにするのでしょうか?
 

オリンピックでインタビューを受けた時、「頑張ります、必ず金を取ります」 と力(りき)んでいる人はなかなか本来の力を発揮することは出来ない。

 
人間は本来持っている力の数%しか出していないと云われています。
 
力むと肉体の力の数%しか出せず、本来の力は奥に閉まったままになっている。


ここで「我」について書かれた出口光さんの記事があります。

ご紹介します。


毎朝、私たちは鏡を見ます。

「鏡」は天皇家の「三種の神器」の一つでもあります。

伊勢神宮をはじめとする多くの神社の鳥居を

一礼して入っていくと

そこには手水場があり、手と口を浄めます。

それは、心のチリを祓う象徴的な所作です。
 
多くの神社の本殿には、「鏡」が置かれていて

なんと、その「鏡」には自分の姿が映ります。

「鏡」という漢字は大和言葉で、

「かがみ」と書きます。

「かがみ」の「が」をとれば、

「かみ」となります。

日本の神道では

人間は神の分霊であり、究極には神は自分なのです。

なんと、神社では自分を拝んでいることになるのです。

・・・・・・・・・おしまい

「我」を自分で取ることは難しいです。

では、どうしたら「我」や想いの「癖」は取れるのでしょうか?

性格の修正は

やはり

守護霊さん守護神さんにお願いするしかありません。

「守護霊さん、守護神さんどうぞこの私の忌まわしい?「我」や「癖」を取ってください」

と世界平和の祈りの中に入れてしまうのです。

我即神也の印を組むのです。

そうすると祈りで浄められ、神であった自分が顕われてきます。

そして

邪魔をしていた「我」が少なくなっていることに気づくのです。

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます

« 人間はエネルギーが変わってから、意識が変わる(私が一番言いたいこと) | トップページ | 如是我聞7(大聖者は街中に住む) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/70411201

この記事へのトラックバック一覧です: 如是我聞6(自分があってはいけない):

« 人間はエネルギーが変わってから、意識が変わる(私が一番言いたいこと) | トップページ | 如是我聞7(大聖者は街中に住む) »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ