« 心のバランスを | トップページ | ぞうのはな子さん »

2017年3月 3日 (金)

自分の中に神を見出す



地球の次元は、なんと5次元に上った、だから自分(人類)の意識を5次元の波動に合わせれば、心の中は即、神界(天界・天国)になる。

そして、神界とは宇宙の完璧なエネルギーの世界なので、肉体に神の姿が現われ、そのエネルギーのカタチは縦、横、十字の真理(キリスト・十字架・光の柱・パワースポット)になっているのです。

その世界は自由自在心です。

どんなものでも創造でき、どんな奇跡でも起こせる。

キリスト様やお釈迦様だけが聖者ではなかったのです。

人間即神也、人類皆即神也なのです。

ただ肝心なのは、意識がどこにあるかだけです。

地球の波動は調った、後は私たちの意識を5次元(宇宙・我即神也)に合わせるだけなのです。



自分の中に神を見出してこそ



今までの私は、他の人の中に神を見、それを信じ、その神を通して自分自身を安心へと導
き、納得させていたのです。

神を外に見たのです。

神を自分以外に、例えば、イエス、釈迦、聖者賢者、偉大なことを成し遂げた人、人類の犠牲になった人、死んで神に祭られた人、先祖・・・・

等の中に神を認め、それを絶対なる神と信じていたのです。

彼ら中の神々が自分たちを救ってくれると信じていたのです。

そのような低次元の段階においては、私が自分の中に神を見出すことなど、到底考えも及ばなかったのです。

自らの内にある力を信じることが出来ずに、かつまた自らが自らを余りにも低いレベルに置くことによって、自らの機能を他の聖者賢者に与えることによって、自らを導いてもらっていたのです。

しかし、いつまでもそんなことを繰り返していたのでは、自分の人生は始まりません。

何も事は起こりません。

このような低次元レベルから上昇してゆかねばならないのです。

わずか数人の聖者、賢者の教えに今なお、数億の人々が従い導かれ、コントロールされて
いるのです。

そのうちのどれだけの人々が真理に目覚めてゆくことでしょうか。

地球そのものの次元が高まり、ヴァイブレーションが微妙になってゆくその時に、未だなお、かつての修行のやり方、真理を学んだとて何になりましょう。

その時代、その時代に即して真理への道、方法が違ってきて当然であります。

・・・・だがしかし、いつまでも彼ら(聖者賢者)の中に神を見出し、それに従っていたのでは自分自身の内なる神は一体、どうなってしまうのでしょうか。

永遠に見出せぬままに終わってしまうのでしょうか?

その通りです。

人類すべての人々が自分自身の内に神を見出すまで、神と出会う時まで輪廻転生(生ま
れ変わり死に変わり)は続くのです。・・・・・・



『つながり合う世界』西園寺昌美著 白光出版



« 心のバランスを | トップページ | ぞうのはな子さん »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/69797943

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の中に神を見出す:

« 心のバランスを | トップページ | ぞうのはな子さん »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ