« 私たち人間が生まれてきた目的は何か? | トップページ | おかしな霊に取り憑かれないためにも幽界のことを知っておきましょう »

2017年3月24日 (金)

想いは時空を超え、物質化現象を引き起こす



自分の心の中にある人のことが浮かんで来ることがあります。

私がいつも不思議だったのは、これは相手の人が自分のことを想っていてその想いが私に伝わって来たものなのか?

それとも私の潜在意識の中にその人がいてそれが浮かびあがってきたものなのか?

昔から、“くしゃみをすると誰かが自分を噂している” と言われています。

それは人間の想念とは、つながっていることを言っているのですが

ならば、自分の想念が相手の人にどう影響しているのか?

そして人類全体にもどう影響していくのか?

そのことについて、もっと知る必要があるように思うのです。

以前書いた日記で、目にみえないエネルギーは消えないでその残像は生き続ける、影響を与えつづけると書きました。

今回も西園寺昌美先生がそのことについてわかりやすく述べてくださっています。



 


想いは時間、空間を超え物質化現象を引き起こす
 



想念波動の生きものは、実際に起こらなかったことでも、あたかも起きたかのような、不思議な現象を引き起こすことがある。

例えば、ある母親が、遠くアメリカに住む娘に会いたいと強く思ったとする。

その想いは時間、空間を超えて、あたかも自分がアメリカに居り、娘に会っているかのような想念形体の像をつくり上げてしまうのである。


この状況を、霊能者や透視能力を持っている人が見ると、そこに本当にその人が存在しているように見えてしまう。

これは、この母親が、自らの想念形態を物質化するほどの強い念力を、持っていたということの証である。

また、同時に、宇宙空間に存在する種々さまざまなる物質(元素)を、自らのつくり上げた想念形態に集中的に引きつけたとも言えるのである。

このように、「娘に会いたい」 という強い念が高じると、それは一気に濃縮され、霊能者や透視者に見えてしまうほどの像を、時間、空間を超えてつくり上げてしまうのである。

この時、普段は決して使われない肉体エネルギーが大量に放出され、使い果されているのである。

かつまた、娘の側にあっては、普段母のことなど思い出さないのに、突然心の中に胸騒ぎのような感覚を覚え、急に母のことが気になるのである。

これもまた、母より放たれた 「娘に会いたい」 という想念エネルギーの影響である。

その想いの生きものは、母親の意識を離れ、宇宙空間に浮遊するたくさんの資質(元素)を引きつけながら、娘に自分の像を届ける。

その結果、母が実際にはそこに居なくても、娘の心の中に母が会いに来たような、不思議な感覚を生じさせるのである。

このようにして、想念は時間、空間を超えて、はるか遠くにいる人にも、届けることが出来るのである。

この母親の場合、普段は気にならない娘のことが急に案じられ、心配や不安の念に駆られ、どうしようもなく会いたいという衝動に駆り立てられたのであるが、その強い感情想念は娘のところに飛んでゆき、彼女のオーラに作用して、彼女のことを何らかの危機から守護してあげたのである。

それはどういうことかというと、母の直観が、そして強い愛が近い将来娘の身に降り掛かるであろう誘惑や危険から見事に娘を守り、無事その場を脱け出せるよう導いたのである。

こうした強い愛、そして直観ほど、素晴らしい偉力を発揮するものはない。

また、その母が祈りや印を行じていたならば、まさにその数千倍、数万倍を上回るほど強力な宇宙神のエネルギーが加わり、この母の愛念は、娘の守護霊のような役割りを果たし、それに力を与え、持続させてゆくのである。

だが、反対に、母の情の念が極度の心配や不安や恐れの強いものだとすると、娘に届く念波も、否定的な念波となってしまうため、娘も母と同じように、心配や不安や恐れを抱いてしまい、却って光明的な解決が為されにくくなってしまうのである。

そして、その心配や取り越し苦労、不安や恐れの念は、二人の心をますます大きく占めてゆき、とうとう自分自身でも抑えきれない、治められないほどの力となって、二人の前に立ちふさがってくるのである。


この場合、真理を知っているならば即、自らの否定的想念を光明に転換することが出来るのである。


だが、真理を知らない人々は、自らがつくり上げた不安や恐れの念に巻き込まれ、飲み込まれてゆき、ついには母も娘も本来ならば遭わなくてすんだはずの事件や出来事に衝きあたってしまうのである。

想念は生きているのである。

生きているからこそ、その思った通り、心配した通り、恐れを抱いた通りの現実を起してしまうのである。

しかし、いかなる敵意の念や憎しみ、怒り、報復の念が自分の身に襲いかかってこようとも、自らの心の中に、何らその想いと共鳴する波長がなければ、自分は何一つ侵されることはないのである。

ゆえに、人はみな一刻も早く真理に出会うことである。

それが、運命を善きほうへと導き、創造してゆくための原点でもある。




  
    

    「今何を信じるか?」 西園寺昌美  白光出版



  

« 私たち人間が生まれてきた目的は何か? | トップページ | おかしな霊に取り憑かれないためにも幽界のことを知っておきましょう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/70034440

この記事へのトラックバック一覧です: 想いは時空を超え、物質化現象を引き起こす:

« 私たち人間が生まれてきた目的は何か? | トップページ | おかしな霊に取り憑かれないためにも幽界のことを知っておきましょう »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ