« 魅力的な人とは? | トップページ | 占いは絶対にやってはいけない 2 »

2017年2月 5日 (日)

占いは絶対にやってはいけない 1

 
混沌とした今の世の中において、占いは、商売の絶好の格好の武器になる。

専門でやらなくてもコンサルなどのサブとして利用しようとしている人たちもいる。

では、占いとはそもそも何なのか?

どういう仕組みになっているのかを簡単に説明しよう。

手相占い、トランプ、星占い、今流行のタロット・・・種類は数々あるが、前世を元に占うことに変わりはない。

例えば、手相には、その人の過去世の想念行為が刻まれている。

過去にどんな人だったのか?(職業など) どんな境遇の人だったのか?

過去世でどんなことを考えていたのか?

・・・それが手の相(顔)に表われているのだ。

現在は過去の延長なので、その人が余程意識改革をしないかぎり、過去→現在というベクトルで現在の様子はおよそ予想が付く。

ただし今述べたようにその人に心境(想念)の大変化があり人生観が変わるとベクトルが変わり全然違う運命を歩むことになる。

当たるも八卦、当たらぬも八卦というのは、そういうことだ。

占いに頼ろうとする人は、自信がない人がほとんどなので、当たる確立は高い。

占い師が今の現状、心境(心の中)を言い当てると、

「えっなんでわかるのですか?」とびっくりする。

この時点で占い師は、先生、人生の師となる。

こうなるとしめたもの、占い師のペースになるのだ。

どうしても自分のことを占いたいのなら本を買えばおなじ結果になるのにそれをしない。

面倒臭いのか?

どこまで人を頼る人たちなのか

そして占い師はなぜそうなのか?の原因を過去世にあったことを告げる。

だが、過去を変えることが出来ないと思っているAは、頭が混乱する。

そこで、「どうしたらいいのですか?」と聞く

・・・・・その後は物(過去世を変えるパワーのあるもの?)を売りつけたり、ずっと通わせるようにしたり、他の輩(やから)と組んでAを振り回し、金銭をむしり取る輩(同じやから)も出てくるのだ。・・・つづく


 

 

« 魅力的な人とは? | トップページ | 占いは絶対にやってはいけない 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/69489381

この記事へのトラックバック一覧です: 占いは絶対にやってはいけない 1:

« 魅力的な人とは? | トップページ | 占いは絶対にやってはいけない 2 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ