« お金は感情 | トップページ | 姿勢の良い人に病気の人はいない »

2017年1月29日 (日)

うそのようなほんとの話

 

実は、つい最近

私の血圧は200を越えていました。

妻も170を越え

自宅で血圧計で計るたびに

「病院に行かないと」

と言っていたのです。

しかし

もし病院で血圧降下剤を出されたらどうするか?

2人とも飲んでる姿をイメージ出来ない

そこで、ネットで

血圧を下げる方法

を調べてみました。

するとある整骨院の先生が語っていた言葉は

「深呼吸をすると血圧は下がる」

でした。

そこで試しにやってみると

205→186→170→155→140→134→128

と計るたびに下がって行ったのです。(下も80台)

すぐに妻に深呼吸のことを伝えると実践し

同じように下がり始め

2人で

「良かった、良かった」 と喜んだのでした。

深呼吸くらいで血圧が下がる?

そのときは不思議でしたが

後になって考えてみると、思い当たるふしがあるのです。

血圧の高かったときの私は凄いストレスを抱え、呼吸が浅くなっていた

潰瘍性大腸炎を再発させてしまい、食事療法で治そうとしていました。

2ヶ月も仕事(自営業)をしていなかったで、リズムが狂い経済的にも不安でした。

それにも増して大きなストレスになったのが

髪が抜けるという現象でした

フサフサしていた髪が一日約500本近く抜けていくのです。

薬が原因なのか? 

体調を崩した後からなのか?

食事を変えたからか?

そしてストレスからか?

「髪は女の命」?

私は男ですが(笑)

無性に気になるのです。

大らかな性格なのに、髪に関しては異常に気になるのです。

髪が抜けた原因は?

それは、ストレスにより、気の流れが悪くなっていたのです。

詰まっていたのです。

そして頭皮の毛穴を詰まらせてしまった

それを教えてくれたのは

美容院を経営する私の友人でした

リンパマッサージをした後で(すごく気持ちが良かったのです)

「詰まっている気がする、何か詰まっていることがあるんじゃないですか?

それが取れれば、元に戻りますよ」

ハッとした瞬間でした。

それから仕事中心に考えをシフトし

他のことにエネルギーを集中させることをやめた

すると不思議(当然のこと)なことに抜け毛が減ってきたのです。



すいません、話が長くなってしまいました(笑)

深呼吸をすると

気(エネルギー)の流れが良くなるのです。

ストレスがあるときとは

呼吸が浅くなっている

血の流れが悪くなっている

心臓に負担を掛ける

血圧が上がる

のです。

深呼吸の方法ですが(調和波動気功法による)

静かに吸って、静かに吸って

穏やかに止めて、穏やかに止めて

爽やかに吐きましょう 爽やかに吐きましょう

宇宙に充満する無限のプラスのエネルギーを感謝しながら息を吸う

車が徐行してストップするように止める

身体の中の老廃物をすべて出すように最後は細く長い息で出し切る


深呼吸の長さは自分のリズムでやればいいのです。

人それぞれリズムがあるからです。

私は

5:5:5 (5秒ではありません)

でやっています。

吐く息は、吐き切らないといけないので 7かな?

とにかくあまりこだわらなくていいです。

そして不思議なことを発見しました。

息を止めているときって考えることが出来ないのです。

想念停止状態になります。(やってみてください)

私たちは要らないことばかりを考えています(笑)

それがストレスとなり、流れを悪くし、病気のような状態をつくってしまう

息を止めている間はストレスが無いのです。

続けていると

吸うときも吐くときも

要らないことを考えなくなります。

深呼吸により

血圧が下がったのは

当然だと思ったのでした。

 

« お金は感情 | トップページ | 姿勢の良い人に病気の人はいない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/69410801

この記事へのトラックバック一覧です: うそのようなほんとの話:

« お金は感情 | トップページ | 姿勢の良い人に病気の人はいない »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ