« 健康と調和波動気功法 2 | トップページ | 健康と調和波動気功法 4 »

2016年12月14日 (水)

健康と調和波動気功法 3



今現在の私の見識なので、「絶対にそうなのだ」とは言い切れませんが、炭水化物が病気になる大きな原因の一つになっていることは間違いなさそうです。

糖尿病患者が増え続け、心臓病、脳疾患、ガンが三大疾病になっているのは、血管に問題があります。

血糖値が上がると血管が傷つき(血糖スパイク)、血管の壁を糖分が覆って血流の流れを悪くします。

流れが悪くなるとそこに淀みが生じ、炎症、ポリープ・・・そしてガン化していくのです。

炭水化物は食物繊維+糖質なのだそうですが、主食の白米、パン、麺類には多くの糖分が含まれています。

そして、多くの日本人は、朝はパンかご飯、お昼は麺類、夕食にも、なんらかの炭水化物が付きものだと思います。

日本食とは、炭水化物が大部分を占めているのです。

いざ、炭水化物抜きで食事をしなさいと言われたらほとんどの人は困ってしまいます。

しかしこれらの食事をすると明らかに糖分の過剰摂取です。

それが証拠に糖尿病患者はもの凄い勢いで増え続け、大人だけではなく子どもたちにも広がっています。

それは、食べ物だけではなく、こどもたちの大好きな炭酸飲料、カップ麺にもたっぷりと糖分が使われているからです。

アメリカでは2009年米国飲料協会が公立の小中学校に糖質の多い清涼飲料水の販売を全面禁止にしたそうです。

これらのことは統計的にどれくらいの人がご存知なのか?はわかりませんが、私も自分が病気(潰瘍性大腸炎)になって調べ始めたからわかったのであって、知らない人が大部分だと思います。

大人はともかく子どもに病気になったのは自己責任だ、自分の飲食するものくらい調べてからにしろというのは酷です。

大人の責任です。

「企業(メーカー)はそんなものを売るな!」

「国はもっと企業を管理して国民の健康を守れ!」

と言いたいところですが、今は自己責任の時代です。(非難しても解決しません)

玉石混交、良い物と悪い物があるのはどうしようもない、自分の身は自分しか守れない、そして子供たちは大人である私たちがしっかりと守ってあげなければならない。

そう思うのです。

体は資本です。健康は人間の源です。

真剣に病気について、健康についてしっかりと学ぶことが大切だと思います。


 

  

« 健康と調和波動気功法 2 | トップページ | 健康と調和波動気功法 4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/68843115

この記事へのトラックバック一覧です: 健康と調和波動気功法 3:

« 健康と調和波動気功法 2 | トップページ | 健康と調和波動気功法 4 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ