« パワースポットと下丹田(へそした3.5センチ) ① | トップページ | 5次元へ突入しました »

2016年7月 2日 (土)

パワースポットと下丹田(へそ下3.5センチ) ②

 
  
次に、人間がどうすれば、パワースポットになれるか?を説明していきましょう。

その前に、人間はどうして生きていられるのか?

それは、宇宙からのエネルギーを頂いているからです。

人間の頭のてっぺんを百会(ヒャクエ)といいます。赤ちゃんの頃はここがペコペコして柔らか

いです。

この百会から宇宙のエネルギーが入り、60兆の細胞にパワーを与え、足の裏(湧泉)から地

球の中心へと流れていくのです。

ですから人間はすでに “光の柱” になっていることがわかります。

だがしかし、人間は意識のほとんどを天┃に向けず、

横に向けた━(横取りをしていた、マイナスが拡がった)のです。

光は減り、闇に包まれるようになった(無限なる光!)

宇宙(神)はこのままでは、地球が闇で滅亡してしまうので、地面を割り、そこに光を入れた、

それが地震です。(光を直に人間にあてると死んでしまう)

神様の玄関先(戸)に光を入れた場所が神戸だったのです。

今、集中豪雨があちらこちらで起こっているのも、闇を消すため、浄化です。

光のシャワー(雨)で、天水で洗い浄めているのです。

人間がもっと、明るい強い光を放ち光り輝いていたのなら、このような天災、災害は起きない

のです。(無限なる許し!)

意識的に光を肉体に降ろし、光を振りまいていくにはどうすればいいか?

それには、天地を意識し、なおかつ下丹田(へそ下3.5センチ)を意識し、下丹田から宇宙の

エネルギーを放ってゆくようにするのです。

天地を意識すると縦にエネルギーが流れる。

下丹田は肉体の中心でもあり、エネルギーが一番強く流れ、交差するスポットでもあります。

エネルギーは肉体の中心で十字に流れるのです。

━ に┃のエネルギーが流れると十プラスになります。

それが奇跡です。

キリストの真理とは、十字架であり、人間の本来の姿を顕しています。

天からの縦のエネルギーを精神波動と呼び、3次元(この世、肉体界)のエネルギーを物質

波動と呼びます。

この精神波動と物質波動がバランスよく調って交わったエネルギー(波動)の姿が、人間の完

成(愛)であり、地球の完成(調和・平和)となってゆくのです。




  


  

« パワースポットと下丹田(へそした3.5センチ) ① | トップページ | 5次元へ突入しました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/66307622

この記事へのトラックバック一覧です: パワースポットと下丹田(へそ下3.5センチ) ②:

« パワースポットと下丹田(へそした3.5センチ) ① | トップページ | 5次元へ突入しました »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ