« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月29日 (金)

地球は今、完成の時期(七劫目)を迎えている

 

 
私の話で、もうすぐお金が無くなるだとか、病気も無くなるだとか、食べ物を少ししか食べなくなるだとか、天変地変(自然災害)が無くなるだとか、不思議なことばかり?

を書いていることに関し、ほとんどの人は、グッドムーンという人はイカレテイルと思っていると思うのです(笑)

私もここ(ブログ)では真理を思いっきり書いていますが、家族や友人、周りの人には言っていません。

社会生活が出来なくなるからです(笑)

それが常識です。

ただ、嘘八百を書いているつもりはなく、今は信じられないだろうけれど、近未来では当たり前になることを書いているのです。

ただ、信憑性がなければ信じる人は少ないと思うので、それも困りものです。

書いていても張り合いがありません(笑)

科学的?ではないにしろ、納得できる説明をしたいと思います。

まず、無限宇宙の一角に太陽系があり、その中に地球があるのはご存知だと思います。

そして、同じ太陽系でも金星のように進化した星もあれば、地球のように幼い星もあるのです。

進化した星とは、精神的に大人、愛深い人たち(魂たち)が住んでいる星です。

(金星もかかつては地球のように幼い星であったことをつけ加えておきます)

幼い星とは、真理(我即神也・人類即神也)がわかっておらず、自分と他人は別者であり、2元対立をしている精神的に幼い魂たちが住む星のことです。

宇宙は無限の進化をし続けています。

時間は悠長に流れ、大人の星(完成)を目指し、何億年、何十億年・・・を掛けて進化しています。

地球は今、7劫(こう)目を迎え、大きく変化する時期にきているのだそうです。

そして幼い星から大人の星へ移行するときなのだそうです。

7は完成した数字、7劫目になるというのは、地球の完成を意味しています。

これは、宇宙の法則なのです。

決まっていることなんです。

節目の時代を劫(こう)という。

劫の説明を読んでください。





刧とは


五井先生の話で

「今は宇宙の運行が変わる時で、第7劫(こう)と呼ばれる地球世界が完成する時期である」という話が繰り返し出てきます。

劫とは、宇宙が大きな変動をきたす時間のこと、地球人類の波動が一段上昇する波動の変化のことを言うそうです。



なんとなくわかっていただけましたか?

 地球を宇宙の一員だと思えば理解できると思うのです。

私は難しくは考えていません。

幼い星から大人の星になると、どのようなことが起きるのか?

どういうプロセスがあるのか?(一番興味がありますね)

無事にソフトランディングするには、私たちは何をすればいいのか?

・・・それよりもなによりも自分には、天命(ミッション)があります。

仕事の天職だとか生きがいだとか、目標、目的そんなことではありません。

人間として、地球人として生まれて来たからには、なんらかの大きなミッション(役割り)があると思うのです。

私のミッションは、真理(我即神也、人類即神也)の伝達だと思っています。

出来るだけ多くの、縁のある人たちに、真理を伝え、最後の一人まで、見事に神界(進化した大人の世界)へと移行できるようにする。

そのために、最高の伝達手段としてブログを書き続ける、それが私のミッションなのです。

それもわかりやすく(笑)・・・・ですね。


 



 

ほんとうの幸せってなんだろう?

  

  
今、人間はさ迷っていて

「自分のほんとうの幸せとは何か?」 がわかっていないのです。(断定して申し訳ありません)

人、それぞれ幸せ感は違う。

自分と家族が大事なく健康である。

お金と物に困らないくらいの蓄えがある。

仕事、商売が上手くいっている。

人間関係が良好である。

そこそこ充実した毎日を送っている。

世の中が平和であれば、その他に感動的な出来事がたくさんあればもっと幸せ・・・・。

たぶんこれぐらいなのではないかと思うのですが、

人間のほんとうの幸せとはこういうことではないのです。

これらはすべて枝葉のことです。

根本に真理が無ければ、これらの幸せはすぐに消えてしまう。

自分や家族に大事があり、誰かが病気になれば即、不幸なのか?

事業に失敗して貧乏になったら、人とのいざこざ、嫌なことがあった

自然災害に遭った、悲惨な事件、事故、テロ・・・・・

簡単に幸せではなくなってしまいます。

人間とはそれほど脆(もろ)いものなのか?

ではないですよね。

人間って素晴らしい!

赤ちゃんのときはみんな天使です。

太陽のように光輝いている人がいます。

神様のような素晴らしい人たちがいる。

これらの人たちはみな、神性を顕わしています。

神性が溢れ出ています。

そうです、人間は神そのものなのです。

宇宙そのもの、創造主そのもの、大自然そのもの、サムシング・グレートそのもの・・・・。

人間とは、それくらい偉大で神秘的だと思いませんか?

ほんとうの幸せとは、自分の神性に気づき、神性と合体し、神性を現わしてゆくことなので

す。(我即神也)

ほんとうの自分は素晴らしいんだ。

自分だけでなくみなそうなんだ(人類即神也)・・・・。


これらはみんなエネルギーです。

頭や理屈でわかるのではなく、エネルギー(直観)でわかったとき、心の底から至福を感じ

る、そして宇宙の素晴らしい波動(バイブレーション)を全身に浴び続ける

それがほんとうの幸せなのです。

周りの現象や自分の今の状況に関係なく、波動(エネルギー)で

「自分はなんて幸せなんだろう」 と感じること、それが本来の人間の姿なのです。

ほんとうの自分は、肉体(肉体界)にいるのではない、宇宙(神界)にいるのです。

肉体は仮の姿です。


 


お薦め図書

「神と人間」 五井昌久 白光出版

「我即神也」 西園寺昌美 白光出版



 




 
 

2016年7月28日 (木)

自分の運命、人類の運命、地球の運命を変える方法

  

  

自分(人類)の運命はどうなって決まっているかというと過去世からの想念行為が現在の状

況、環境をつくり出しているのです。

今現われているのは、過去の自分(今観ている星は何万光年前の星の光です)、

そして、今の想念行為が未来の自分をつくってゆくのです。

今の自分が完璧なプラス思考であれば、未来は金太郎飴のようにプラスのことしか起きま
せん。

これは真理なのですが、、過去(過去世)において自分が散々マイナスをまき散らしていたの

なら、そのむくい、結果は甘んじて受けなければならない。

マイナスが大きければなかなかプラスは現われてこないことになります。(無限なる光!)

だったらバック・トゥ・ザ・フューチャーのように過去に戻って、過去を消せばいい・・・・・。

そんな方法があるのか?

あるのです(笑)。

我即神也、人類即神也の印は宇宙のエネルギーが降りて来る印なので、時空を超えている

のです。

だから過去に放ったマイナスをプラスに転じて、どんどん消すことが出来る。

消えきるまで時間は多少かかるけれど、マイナスの種が消えてしまったら後(同時)は、果因

説で未来に向かってプラスの種を投げ込んで行くばかりです。

オセロのようなものですね、〇●〇で黒をひっくり返す。

果因説については、私のブログを読んでください。

印については、調和波動気功法から出ています、「無限なる癒し」「無限次元への誘い」

「無限なる幸福を体得する方法」「無限なる勇気」の書籍の中に印の動画のDVDが付いてい

ます。
http://www.harmony-wave.jp/category/1719187.html


どちらもお金はかかりません。(本代は要りますが)

この2つで、個人も人類も幸せになれるのです。





「果因説」

http://goodmoon51.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-2701.html

「因果律と果因説の違い」

http://goodmoon51.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-e631.html

「ガンを治す考え方(果因説)」

http://goodmoon51.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-50cb.html



 

2016年7月26日 (火)

精神病は治る、いや無くなる時代がやって来る







これからありとあらゆる病気が無くなっていくと先日のブログで書きましたが、当然、精神病も無くなっていくのです。

言葉が非常に悪くて申し訳ないのですが、精神病とは、気違い病と以前は言われていまし

た。

気が違うとはどういう状態なのか?

そして気とはいったい何なのか?

気とはエネルギー、波動、バイブレーションのことです。

そしてもっと詳しく言えば、気とはズバリ神様(宇宙)のことです。
 

于先生のご著書の中に



 
気功とは何ですか?

幽気、霊気、神気の気の働きであり、神様の働きである。

日本語の 「気を付けて」は英語で「Good bye」=「God by you」であり、

スペイン語で「Adio's」の「dio's」は神の意味である。

気とは神の意味である




とありますが、精神病とは神様からの生命エネルギーが正常に入っていない状態を言うのです。

どうしてそうなるのか?

それは、周りの人の影響、身内の影響、先祖の魂の影響を大きく受けます。

大人物と言われる人の近くに精神を病んだ人が結構多いのは、大人物の波動圏が大き過ぎるので、守護霊守護神が処理する(浄める)ことが出来なかった業(カルマ)が身内の人に行くことがあります。

ですから大人物の人が正常に仕事や役割を果たせるのは、目に見えないところで身内の人が受けて助けているのです。


話を元に戻して、これから徐々に精神病が無くなっていくというのは、エネルギーがクリーンになるから、光が細かくそして、強くなるからです。(5次元へ突入したから)

そうすると、生命エネルギーは歪むことなく真直ぐに肉体、魂に入って行きます。

気(神様)と合う状態になるのです。

いつ、そうなるのか?

それは人間の意識にかかっています。

たくさんの人が世界平和の祈りを祈り(宇宙と共鳴するために)、

印を組み(宇宙のエネルギーを降ろすため)、

パワースポット(光の柱)になれば、その日は早くやって来るのです。






精神病のことが詳しく書かれています。参考になさってください。

 
「手にあましている病気の原因は?」


http://goodmoon51.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-39f8.html





  

一番大事なのは、自分自身が責任を持って自分を変えること

 

 

以下の文章はみなさんの心の奥底にある、魂の叫びだと思います。






今、日本でもあらゆる混乱が生じています。

いつ自分がクビになるかもしれない。

いつ病気になるかもしれない。

いつ自然災害に襲われるかもしれない。

原発はどうなるのか。さらに海外に目を転じると、戦争、紛争、化学兵器、人身売買、奴隷、

貧富の差・・・・。

不安恐怖のデータがたくさん耳に入ってきます。

それらはすべて固定観念や常識に侵された人たちが作り上げたものです。

例えば今、世界中に異常気象が広まっています。

世界中で地震が起こり始めています。

あらゆる所で火山が噴火し始めています。

これは偶然でも自然現象でもなく、人類の飽くなき欲望の結果です。

原発を作り、石炭を掘り起こし、CO2をまき散らし・・・・・すべて人為的なものです。

地上をむやみに掘り返せばバランスが崩れます。

膨大な燃料を温めれば気候が変動を起こします。

自然現象でも何でもなく、人間の欲望の結果です。

五井先生は50年も前から、災害は人為的なものであるとおっしゃっていました。

その時、誰も信じる人はいませんでした。

自然現象が我々一人一人の責任だなんて誰が思うでしょう。

思えるはずがなかった。

しかし、今は違います。

本当に人類が一つになれば、そして本当に人類が自分を信じれば、火山噴火だって、地震

だって、災害だって、津波だって防げるのです。

何百メートルの壁を作って津波を食い止めようなんて、まだそんなナンセンスなことを考えて

いる学者や自治体もありますが、

一番大事なのは、自分自身が、人類一人一人が責任を持って自分を変えることなのです。

皆様は、自信を持って生きていますか?

死をも怖くないですか?

ガンを宣告されたらどう思われますか?

飢餓に襲われたらどうなりますか?

生きていかれますか?

もうそこでノー、ギブアップしてしまう。

その不安な心はどこから起こるのでしょうか。

過去の出来事に把われてしまっていることに原因があります。

過去の体験、過去の歴史から編み出されたものに自らの全エネルギーが集中し、過去に

基づいて現在の出来事を解決しようとするから、未来は過去の延長線上になり、変わらな

いのです。

戦争、紛争、闘争、人種差別、宗教紛争は繰り返され、財産、権威、学歴、才能の有無と

いった物質欲や優劣に対する意識が出てしまうのです。

だからこそ、神性復活なのです。

人類一人残らず、それぞれの中に光り輝く神と直結した神聖なる意識、宇宙神と直結した

DNAが内在している。

無限なる叡智、無限なる能力、不可能を可能にする素晴らしいエネルギーを誰もが平等に

持って、この世に誕生しておられるのです。

それをみな忘れ果て、何かあると宗教に依存する。

何かあると保険に依存する。

何かあると医者に依存する。

何かあると政策に依存する。

この依存の心はどこから生まれるのか。

自分に自信がないことです。

なぜ自分に自信がないのか。

自分の神性を忘れてしまったからです。・・・・・・・・・・



『つながり合う世界』 西園寺昌美 白光出版



 

2016年7月25日 (月)

つながり合う世界

  
  
私はブログを書く上の自分なりのルールとして、ある本から引用しない、自分の言葉、文章で書くと決めていたのですが

「真理を伝達する上でそれは非常に難しい」、と、今、思いました(笑)

要は、無理をしない、真理が早く広まるのならば、手段はどうでもいいと思ったのです。

そこで早速(笑)、今読んでいる本から引用します。

・・・・これから世界を変えていく人たちとはどんな人なのか?

それはこの世を真剣に生きている人たちだと思うのです。

真剣に生きている人にはパワーがあります。

そしてなぜ、これだけ一生懸命にやっているのに成果が出ないんだと悩んでいます。

そして自分のことだけではなく、世の中が平和になってくれればいいと願っているのです。

なぜそう言えるのかというといい加減に生きている人は、自分のことしか考えていないからです。

真剣に生きなくても食べて行ければいい、自分の時間を人のために使うのはもったいないと思っている人は、最後に幸せになる人なのです。

私は、今は、一生懸命に生きている人だけに響く文章を書き、ご紹介していこうと思っています。

それが地球が平和になるための一番のメソッドだから・・・

さて、以下に書かれた文章を読まれてどう思われましたか?

・・・・・でも、世間では、何か素晴らしいことを実現したいと思ったのに、出来なかった、成就
しなかったという話が多々あります。

なぜでしょうか?それは心のどこかで何かに甘えていた。自分を助けてくれるものがあるはずだと他に依存していた。

あるいは本当はそれを望んでいなかったということもあるでしょう。

結局のところ、出来ないというのは、本来の自分を信じていなかったということなのです。

何かを実現したいというプロセスにおいて、やはり無理だと思ったり、自分を中傷する噂を
耳にしたり、自分の目的を否定するような言葉をあびせかけられ、目的に到達する前に自
分自身の意識でもって挫折してしまう。

いわば目指していたはずの目的地が変わってしまう。

これが常識、固定観念と言われるものです。

常識、固定観念というものは、宇宙の法則でもなければ究極の真理でもありません。

常識は人間がつくりあげたものであり、固定観念とは大衆がそう思い、信じ込むことによっ
て、それが世界中に広まっていったものです。

そうした常識や固定観念に支配されて、自分はダメなのだ、自分は無理なのだ、自分は才
能がないのだ、自分は貧乏だから、自分は学校を出てないからと諦めてしまう。

また、親からお前はダメだ、お前はバカだ、能力がないと言われつづけ、それによって自分
自身を信頼することも赦すことも出来なくなってしまう。

それが人生の目的のブレなのです。

しかし、世界はこれから変わります。21世紀、どんどん変わっていきます。

神性が復活(我即神也)されれば、、戦争も飢餓も貧困も差別も、そして死への恐れすらな
くなります。

そういう世界はあるのです。

それを現実に創り上げていくのは人類一人一人です。意識の持ち方です。


・・・・・・・
  『つながり合う世界』西園寺昌美著 白光出版


 

厳しい言い方かもしれませんが、成功しない人というのは、どこかに漏れがある、甘えがあ
る、そしてそれらがないとしても自分をとことん信じていたか?

というとそうではなかったはずなのです。

自分を神(創造主)だと思っていましたか?

無限の可能性、無限の能力、無限の叡智があると思っていましたか?

そして自分を愛していましたか?

ダメな自分を赦していましたか?

それらが全部揃って成功するのです。

ではこれまでに成功した人はみんなそうだったのか?

すべてがパーフェクトだったのか?

そうでないのかもしれません、次元が低い(3次元)世界では、欲望が抜きん出ていれば
一時的に成功はしました。

しかしそれは宇宙法則に則った成功ではなかったのです。

だから時を経て、失っていったはずです。

本物ではなかったからです。

これからは自分が神性である、神(愛)である、自分は完璧であると信じた人が成功してい
くのです。(無限なる成功!)

ほんものの時代の到来です。




 

2016年7月24日 (日)

成功するために一番大切なこと

   


 
私は今、個人事業主ですが、仕事、お金のことでは結構苦労しました(笑)。

その前に自分が何をしたいのか?お金を稼ぐ手段をどうするのか?やりがいのある仕事(天

職)でなければ仕事をする意味はあるのか?など、随分悩んだものです。

そしてサラリーマンにはなれず、自分で何か仕事を起こすことを考えたのですが、成功するこ

とが、私の中で大きな課題だったのです。

3次元(この世)での成功は、真理を伝達してゆく(真理カウンセラーになる)上で、必須条件

だったからです。

自分の仕事面、生活面が整っていないのに、人にアドバイスが出来るわけがない。

精神(目に見えない)エネルギーが調ってくれば、必要なお金や物質は自ずと整ってくるとい

うのが真理(宇宙法則)だからです。

そしてありとあらゆる成功本を読みました(笑)

本田健さん斉藤一人さん、ナポレオン・ヒル・・・・

しかし、どれも心の底から納得するものがなかった。

それはなぜか?

どれだけメンタルトレーニングをしても、ほんのちょっとのマイナスが入るだけでモチベーショ

ンがガタ落ちになるからです。

過去世で失敗ばかりをしていたのなら、潜在意識が覚えていて記憶として甦って来る。

今生での経験でも上手くいかなかったことがふと頭をよぎる。

すると 「やっぱり俺はダメなのではないか?」 と自分を疑う気持ちの方が強くなってしまう

のです。

根っこの部分が 「自分(人間)とはダメな奴なんだ」 から始まっているからです。

初めに大きなマイナスがあるのに、それをプラスに転換することは無理があります、ほとんど

不可能です。(無限なる可能性!)


だがしかし、真理はそうではないのです。

人間とは、宇宙(神)から分かれた分霊(つまり神)であり、宇宙神そのもの、創造主そのも

の、パーフェクト(完璧)なんです。

自分に必要なもの、地上に善いもの、役立つものは自分で創り出せる力を持っている。(我即神也)

このことを心の底から信じれば(ここが重要です)、マイナス想念がもたげてきても

「すべては完璧、欠けたるものなし 大成就!」の大真理が勝ります。

・・・・「自分は神(創造主)なのだ」 という絶対なる自信が揺らぐことがなくなるのです。

そして想像(イメージ)したことに100%エネルギーが注がれ、完璧に創造される。

成功する。

自分とは一体何者なのか?その真理を識ることが、ほんとうの成功への必須条件なのです。

「自分は何者なのか?」を識るには五井先生のご著書である『神と人間』を読んでください。

私のブログでも解説しています。

http://goodmoon51.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-8efa.html
 

同時に、『果因説』 西園寺昌美著白光出版

『つながり合う世界』 西園寺昌美著も読まれることをお薦めします。





 

2016年7月21日 (木)

天変地変(自然界に起こる災い)はなぜ起きる?

 


 
昨日、「近未来の地球、私たちに起きること」というタイトルでブログを書きましたが、私たちの生活に最も密接している、天候、気象、そして天変地変(自然界に起こるさまざまな災い)について説明したいと思います。

地震はなぜ起こるのか?台風、雷、竜巻、集中豪雨、そして最も恐ろしい地震、津波。

私たちはこれらの天変地変は、自然現象だと思っています。

地震、津波、火山の爆発は周期的に来るもの、だから防ぎようがない、どうしようもない、災害に遭った人は運が悪かったんだ・・・。


しかしこれは、とんでもない思い違いなんですね。


先日、ツイッターでつぶやいたんですが、



地球というものは、星のように光り輝いているものなのです本当は、それが人間の想いが地球を覆ってしまって、上から見ると真っ黒に見えるんですよ。

太陽のように光っていないんです。

それは人間の業(マイナス想念)で汚れているから。

地球の存続のためにはその汚れが邪魔なんです。

それで自動的に、というよりも本当は神様がやるんだけれども、業(マイナス想念)を大掃除するためには体を揺さぶるわけだ、地球が。

それが地震になるわけですよ。五井昌久『いい時に生まれた』




想いは目に見えないので「ない」と思っています。

口から発している言葉は消えてなくなっていると思っています。

言葉をの言を横にすると、口||||になります。

口から言葉というエネルギーが発せられているのがわかります。

その波形(波動)は、なんと宇宙の果てまで届くのだそうです。

空が一つにつながっているように、宇宙が無限であるように、どこかにぶつかって消えるものではないのです。

言葉はエネルギーとしてその残像を残しているのです。

そして時を経て、ブーメランのように戻ってくる。

私たちが強力なエネルギーを持ったプラスの消しゴムで消さない限りは・・・・。

インターネットをやっていると、感じることがあります。

もちろん光輝いているサイトはありますが、ほとんどがマイナスです。(無限なる光!)

SNSをストレスの吐け口にしている、批判、非難をしているものが多い。

マイナスを消すどころか、上塗りをしています。益々業を深くしている・・・・。(無限なる光!)

では、このまま滅亡を待つしかないのか?

天変地変は防げないのか?

いえそうではないのです。

宇宙は、救済策として、宇宙で最も力のある言葉(言霊)を授けてくださったのです。

それが世界平和の祈りです。

世界とは地球世界だけではありません。

宇宙すべての人類、生きとし生けるものに対してです。

宇宙が平和であることは、まさしく宇宙の理念です。

宇宙のエネルギーそのものです。

この言葉(世界人類が平和でありますように)を発すると、光の柱(パワースポット)が出来るのです。

マイナス━に縦のエネルギーが流れると十になります。

そして祈りの他に強力な光を降ろすメソッドとして印(我即神也・人類即神也・その他)が降ろされたのです。

今、地球上で数万人の人が、世界平和の祈りを祈り、印を組んでると言われています。

この人たちの数が臨界点を超えたとき、地球は光で満たされ、闇は消え、地球平和(アセンション)は訪れるのです。

自分自身も地球も同時に救われるには、祈り・印しかないという意味がわかっていただけたと思います。





宇宙の言霊

  
世界人類が平和でありますように

日本(各国)が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます
 

無限なる愛

無限なる調和

無限なる平和
 

「すべては完璧 欠けたるものなし 大成就!」


 




 
  


 


 

2016年7月20日 (水)

近未来の地球、私たちに起こること

  
  
以前書いた日記にありますように、5次元という高次元に入ったということは、アセンション

(次元上昇)は済んでいるということです。

地球はもう“愛の星”に生まれ変わった。

金星と同じく大人(精神的)の星になった。

それは、波動(エネルギー)が、ということであり、人間の意識が追いついているのとは別

問題です。

これから少しずつ現象も伴ってゆくのですが、私の私観で、おそらく近い将来に、こうな

るのだろうな!という結果を述べていきたいと思います。

それは、プロセスをまったく無視したものであり、これからもテロ、クーデター、大事件、国

の経済破綻、大きな社会問題、天変地変・・・ありとあらゆる消えてゆく姿が起こります。

例えば、大きな台風が来たときには、甚大なる被害が起きます。

しかし台風一過の後は、爽やかな空気が流れるのです。

その台風の後にどうなるのかを述べるのです。

現象面の大きな5次元はまだやってきません。

これから人間がありとあらゆる必要な経験をして、心が調ってから(目が覚めてから)、初

めて現象面が整ってゆくのです。

ただ、もう少しずつ小さな変化は起きています。

みなさんの中にもその兆候があると思われている方がいらっしるのではないでしょうか?

あまり露骨に書くと差し障りがありますので、炎上するようなことは書かないでおきます(笑)。

結果として起きること、そしてその理由などを述べることにします。
 




1.人間の食欲、金銭欲、性欲などが減少し、食に関しては、一日一食があたり前になる
    (霊要素という宇宙からのエネルギーで生きられるから)
 
2.癌など、あらゆる病気が無くなり、お医者様、薬が要らなくなる
(波動調整がみな出来るようになるから、病は気から、その気を自分でコントロール出来るのです)

3.お金が無くなり、物々交換の時代に(感情(勘定)の処理が出来るようになるから)

4.夏・冬が無くなり、春と秋だけになる

5.台風、地震などの天変地変が無くなる

5.人間の気性が感情的で無くなり、穏やかになる(それに伴い気象も落ち着く)

6.宇宙子科学が現われ、これまでの地球科学が無くなる

7.物質文明から精神文明の時代へ



 

ここまで読まれて、その理由、根拠がイマイチわからないと思います。

これを説明するのは、簡単ではありません。

実はもうすぐ、私の手元にある本が届くことになっています。

それは、『つながり合う世界』(7月下旬発売予定)

おそらくこの本には、近未来がどのようになるのかのほかに、私たちがどうしていけばよい

のかというメソッドが書かれていると思うのです。

その本を読んだ後に、また述べていきたいと思います。

みなさんも是非、読まれてみてください。

 

『つながり合う世界』西園寺昌美著 白光出版

 

これからの世界は、想像もつかないような展開が待っている。

●一人一人が本当の自分を見つめることで、世界に赦しと癒しが拡がってゆきます。

●「自分のため」が「人のため」に変わり、「人のため」と思っていたことが「自分のためであったことに気づきます。

●物質と精神が調和した世界観が浸透し、常識が変わってゆきます。

分離からワンネスへと続く、新しい世界の新しい常識。



■内容紹介■


神性復活・・・・精神文明へのパラダイム

神性復活に向け、習慣を変える

自己を見つめる

人類は宇宙神の光の一筋

意識は現実を創造する力

宇宙を形成するテクノロジー ━ 意識をDNAの関係

誇り高き神人の生き方

現象を摑むか、神性を摑むか




 


 


 

2016年7月18日 (月)

先生、感動して帰りたいんです!

 

はじめに


 私が人の心を揺さぶる話をするようになったのは、塾講師をしていた時のことでした。
 
 当時、関西で灘高校などの超難関校受験の塾で教鞭をとっていた私は、

「どうしたら生徒がやる気になってくれるだろう?」

「どうしたら自分からペンを持って勉強してくれるだろう?」

ということを日々考えていました。
 
 塾の講師というのも、実際には人気商売で、生徒からの支持が給料に直結する厳しい世界です。

そのため、講師もテクニックを磨いています。
 
 しかし、生徒たちはテクニックだけではやる気を起こしてくれませんでした。
 
テクニックよりも大事なもの、それは「心を動かす」ことだったのです。
 
 そのことに気づいてから、私は授業のたびに生徒たちにいろいろな話をしてきました。
 
 「勉強は何のためにするのか」「幸せって何だろうか」
 
「あきらめないこと」「努力の本当の意味」「感謝する気持ち」など、人生で大切なことをいろいろな角度で伝えました。
 
 そうした話に心を動かされた生徒は、もう何も言わなくても勉強し始めます。
 
そうして、みな第一志望校へ合格していきました。
 
 そして、いつの頃からか

「先生、いい話をしてください」と、現在社会人になっている塾の卒業生たちが集まってきました。
 
 ただ、そんな彼らを見ていると、なぜかとても疲れています。

仕事がつらい、仕事をやめたいと私に漏らします。
 
 そんな彼らが求めているのは、直接的なアドバイスではありません。

それよりも、かつて私が話したような話でした。
 
 
「先生、感動して帰りたいんです」

「あの時のやる気をもう一度取り戻したいんです」などと言う彼らに、何とか元気になってもらおうと、いろいろな話をします。
 
 すると「先生、もう少し今の仕事、がんばってみる」と、自分のフィールドへと帰っていきます。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私は現在、過去の経験を生かして教員の方や塾の講師の方向けに「生徒にやる気を出させるセミナー」をしています。
 
 また、企業の経営者や幹部の方に「社員のモチベーションをアップさせるセミナー」もしています。

 おかげさまで、これまでに延べ5万人以上の方と出会い、多くの方が涙してくれました。
 
 人が変わる瞬間というのは、そこに「涙」の存在があります。
 
 あふれた感情は、誰にも止めることができません。
 
しかし、多くの人がそうした感情を押し殺して生きているように思います。
 
 私は、そんな涙が人を変えてくれると信じています。
 
 今は苦しくても、どうにもならない状況に置かれても、人は何かのきっかけで変わります。

そして、そこには必ず涙があります。
 
 人は、涙の数だけ大きくなれる。
 
 この小冊子から、あなたが何か少しでも感じ取っていただけるものがあれば、私も幸せです。




                       木下 晴弘




この続きは下記のページをクリックしてお読みください。

http://www.abtr.co.jp/namida.pdf#search='「涙の数だけ大きくなれる!」



 

感想

いろんな人と話をしていると、「生徒や社員のモチベーションを

上げるには、どうしたらいいのだろう?」という悩みをよく聞くのです。

しかし、その人たちは、一番、自分のモチベーションを上げたがって

いるのではないか?と思うのです(笑)

人前で、「感動的な話をする」・・・これって凄く難しいことだと思います。

計算をして出来るものではないし

場当たり的に話しても伝わらないし

論理力、表現力、発想力、そして何よりも

人に良くなってもらいたいという情熱が必要だと思うのです。

司馬遼太郎によれば

坂本龍馬は、無類の話し上手で、その場にいた全員を笑い転げさせる

話術があったそうです。

そのような人物(私の中ではメンターの于先生ですが)がたくさん現われる

こともこれから世の中が良くなるために、必要になるんだと思います。



 
追伸・・・部類の話し上手の講演を聞きたい方は(笑)

是非、7月31日(日)、調和波動気功法セミナーにご参加ください!


http://www.harmony-wave.jp/category/1719184.html


  

今、大切なこと




2016年、7月18日(月)現在、パリではテロ、トルコではクーデター、一方では、アメリカでポ

ケモンが大流行、市民がゲームに昂じています。

このままいけば、間違いなく地球は破滅します。(無限なる光!)

宇宙の進化した星の人たちから「幼い兄弟たち」と揶揄されているのがよくわかるのです。

しかしこうなるのはわかっていたこと、これからが大事なのです。

自分の想念を混迷している肉体界に置くのではなく、守護霊さま守護神さまのおられる

霊界、神界に入れるのです。

それには、祈り、印しかありません。

祈りとは世界平和の祈り、印は宇宙にいるほんとうの自分(本心)との一体化(我即神也)す

るため、そして人類を目覚めさせるために組む(人類即神也)の印です。

気づいた人、目覚めかけている人から即、実行してください。

今は、インターネットの時代、やろうと思えばメソッドはいくらでも見つかります。

よろしくお願いします。




 

■『常に祈れ』


(『日々の祈り』 五井昌久著 高橋英雄編 白光出版)


人間は肉体の他に幽体とか霊体とか神体とかいう体をもっていて、想念波動が常にどの体

の中に一番多くの時間を巡っているかということによって、その人の人格が定まり、運命が定

まってくるのであります。

 その人の想念波動が常に神体の中を巡っている人は、高い人格者であり、神人合一の境

地のいわゆる霊覚者にもなり得るのです。

そこで、いつでも守護霊守護神さんに感謝を捧げつつ、世界平和の祈りをしていなさい、と私

は教えているのです。

いつでも守護の神霊の加護に感謝の想いを向けていれば、その人の想念はいつも霊界神界

に往っていて、肉体界に神界霊界の光明波動を導き入れ易くなってくるわけです。

ですからその人の人格は自然と高くなってくるし、その人の運命もよくなってくるのです。




 


2016年7月17日 (日)

ゴールデンドア(5次元への扉)セミナーへの誘い!

  


ゴールデンドアとは5次元への扉、

今、地球の波動は5次元に開いているそうです。

5次元は宇宙の調和した波動(エネルギー)・・・。

なのに、なぜテロやクーデターが起こっているのか?

不調和なことが起きているのか?

それは波動調整なのです。

波動調整ってなに?

闇に光があたるとします。

闇が光に変わると、一瞬、あぶり出しのように煙のようなものが出るのです。

身体の中に溜まった毒素が出るときに、不必要(不調和)なものが外に出る(デトックス)、

下痢になる、熱が出る・・・・。

下痢や熱は悪いものではない、むしろありがたいことなんだ。

だから今起こっていることに対し 「ありがたい!」と感謝は出来ないかもしれないけれど、

「ああこれで悪いものが消えて、これから善くなってゆくんだ」とその現象を冷静に見守って

あげるのです。

そして宇宙と共鳴する言霊



「世界(宇宙)人類が平和でありますように」


と唱えると、毒素が緩和され、大難が小難に、大事が小事で済むのです。

これだけ地球を闇(マイナスの想念エネルギー)で真っ黒にしてしまったのだから(無限な

る光!)

多少の消えてゆく姿はしかたがない。

神は愛(か~あ み~い)だから、出来るだけ被害を小さくしてあげようとなさっている。

宇宙(神)と人間との共同作業で、アセンション(地上天国)をソフトランディングで迎えま

しょう。




 

『Golden Door』 

 

開催日時: 2016年7月31日(日)

 

 食事    12:00 ~ 13:30

 

 レッスン  14:00 ~ 16:00

 

開催場所: 中国料理 大成閣 (大阪市中央区東心斎橋)

 

※詳細は開催場所ページにてご確認ください

 

会  費: 10,000円 (小学4-6年生は4,000円)

 

申込方法: 参加希望の方は、3日前までに下記に連絡の上、ゆうちょ銀行口座へ会費をお振込ください 

 

 口座名義: ニューハーモニーの会    

 

 (記号)14620 (番号)14862351

 

連絡先 : ハーモニー TEL  06-6245-5457  / FAX 06-6243-7896

 

      または お問い合わせフォーム にて



調和波動気功法

http://www.harmony-wave.jp/



 

2016年7月14日 (木)

平成とは平和に成るという意味です

 



先日の、調和波動気功法、東京セミナーの講演で、于先生が

「日本の元号の「昭和」は、平和を照らす、という意味であり、「平成」は平和に成ることを明

示しているのです」とおっしゃっておられました。

今、世の中は混沌としていて、とても近未来に平和な世の中がやって来るとは思えないで

すよね。

テロは続き、天変地変、異常気象は世界各国で起こり、経済不安もあり、地球人類の心は

未来への不安と恐怖で一杯です。

物質文明は、まだ発展するのか?と思えるほど成長しているけれど、それに伴って人間の

心は豊かになっていません。(無限なる幸せ!)

このままいけば、地球はマイナスのエネルギーで真っ黒になって滅亡してしまうのではな

いか?とさえ思ってしまいます。(無限なる光!)

平和とは、いったい、人間のどんな状態をいうのでしょうか?

物質的なことが整った状態だけではないのは、確かです。

ほんとうの平和とは、世界中、すべての地球人類が幸せを感じることだと思うのです。

自分だけが物質的、精神的に満たされたとしても、それは幸せではありません。

家族だけも違います、学校、職場、地域、日本、世界、宇宙、すべてが愛のエネルギーで

満たされた状態が平和なのです。

そして元号では、平和に成ると明示している。明示とは予言ではありません。

希望でもありません。

必ず、平和に成るのだと断言しているのです。明らかにしているのです。

みなさんはどうすれば平和な世界がやって来ると思われますか?

人間の心境がどうなっていれば心の平安であると思われますか?

それは、自分の自我欲望を満たすことを考えるのではなく、世界の平和、人類のグローバル

な幸せを願っている姿だと思うのです。




世界人類(宇宙人類)が平和でありますように、

日本(自国)が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます




世界平和の祈りの中には人類が幸せになるための波動がすべて入っています。

世界平和の祈りとは、宇宙(神)の願いでもあります。

宇宙と共鳴すれば、すべてのことが調ってきます。

もちろん個人的なことも整ってくるのです。

宇宙の中には自分の小さな幸せも含まれるからです。

心の中が世界の平和を願う気持ちで満ち溢れている・・・こんな心の美しい人たちがたくさ

んいることをイメージしただけで、もう世の中は平和に向かっていると思いませんか?

心にイメージしたことはやがて目に見える世界に具現化されるのです。

そしてほんとうの平和に成るのです。




追伸・・・守護霊さま、守護神さまに関することは、

『神と人間』について守護霊、守護神1~5をお読みください。


http://goodmoon51.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post-6ad3.html



 

























2016年7月13日 (水)

5次元へ突入しました



 
つい、この間のことですが、地球の次元が5次元へ突入したそうです。

こんなこと、しらーと書くことではないのかもしれませんが(笑)

テレビや新聞では、もちろん発表したりしませんよね、

5次元とは、かなり高い次元です。

私たちは、この世は3次元だと思っています。

しかし実際は、4次元へ少しずつ近づいていたのです。

縦・横・高さ(3次元)に時間を加えたものが4次元なのだそうです。

時空を超えたのが4次元、時空も超えて空(宇宙の波動)になったのが5次元なのだと私は思っています。

今、5次元になってたくさんの人が、「しんどい」 「なんだか息苦しい」 「このままではいけないような気がする」 といった状態、心境になっていると思うのです。

それは、次元と自分の意識が合っていないからです。

高い山に登ったのに 、酸素ボンベを付けていない、酸欠状態です。

宇宙の意識とは、無限のプラスのみ、そして愛そのものなので、マイナスの想念は波長が合わないのです。

私は、100%、いつもではありませんが、世界平和の祈りを祈っています。

宇宙の光を降ろすために印を組んでいます。

これらの波動調整をすることで5次元がやって来ても大丈夫なのです。

宇宙の波動とは何か?宇宙の理念とは何か?宇宙(神)は、地球人類に何を求めているか?

・・・・・・・

それは、宇宙(神)意識になることだと思うのです。

宇宙に波長を合わすには、祈りしかありません、印を組むしかないのです。

ここでは、祈りをお伝えします。


 

世界人類が平和でありますように 

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます
 



自分の想念を祈りの中に入れてゆくのです。

祈りとはいのちがのり出すという意味です。

これから祈り、印の大切さを述べていきます。


 
  






  

2016年7月 2日 (土)

パワースポットと下丹田(へそ下3.5センチ) ②

 
  
次に、人間がどうすれば、パワースポットになれるか?を説明していきましょう。

その前に、人間はどうして生きていられるのか?

それは、宇宙からのエネルギーを頂いているからです。

人間の頭のてっぺんを百会(ヒャクエ)といいます。赤ちゃんの頃はここがペコペコして柔らか

いです。

この百会から宇宙のエネルギーが入り、60兆の細胞にパワーを与え、足の裏(湧泉)から地

球の中心へと流れていくのです。

ですから人間はすでに “光の柱” になっていることがわかります。

だがしかし、人間は意識のほとんどを天┃に向けず、

横に向けた━(横取りをしていた、マイナスが拡がった)のです。

光は減り、闇に包まれるようになった(無限なる光!)

宇宙(神)はこのままでは、地球が闇で滅亡してしまうので、地面を割り、そこに光を入れた、

それが地震です。(光を直に人間にあてると死んでしまう)

神様の玄関先(戸)に光を入れた場所が神戸だったのです。

今、集中豪雨があちらこちらで起こっているのも、闇を消すため、浄化です。

光のシャワー(雨)で、天水で洗い浄めているのです。

人間がもっと、明るい強い光を放ち光り輝いていたのなら、このような天災、災害は起きない

のです。(無限なる許し!)

意識的に光を肉体に降ろし、光を振りまいていくにはどうすればいいか?

それには、天地を意識し、なおかつ下丹田(へそ下3.5センチ)を意識し、下丹田から宇宙の

エネルギーを放ってゆくようにするのです。

天地を意識すると縦にエネルギーが流れる。

下丹田は肉体の中心でもあり、エネルギーが一番強く流れ、交差するスポットでもあります。

エネルギーは肉体の中心で十字に流れるのです。

━ に┃のエネルギーが流れると十プラスになります。

それが奇跡です。

キリストの真理とは、十字架であり、人間の本来の姿を顕しています。

天からの縦のエネルギーを精神波動と呼び、3次元(この世、肉体界)のエネルギーを物質

波動と呼びます。

この精神波動と物質波動がバランスよく調って交わったエネルギー(波動)の姿が、人間の完

成(愛)であり、地球の完成(調和・平和)となってゆくのです。




  


  

パワースポットと下丹田(へそした3.5センチ) ①



私は、今、いよいよ間近に迫った東京セミナー(7月9日・10日)に向けて、開催する目的

を具体的にお話していきたいと思っています。

開催の目的とは、ズバリ 
『パワースポットを自分でつくろう!』 です。

これからたくさんの人がパワースポット(光の柱)になれば、自分自身も幸せ(悟り)になり、

パワースポットから放たれた光が人類のマイナス想念(闇)を照らし、明るく、素晴らしい世
 
界へと誘ってゆくのです。

では、なぜ、人がパワースポットになれば、人間(人類)も地球も救われるのかを説明して

いきます。


パワースポットは“力のある場所”です。力とは光です。

太陽が燦々と光を放ちつづけてくれているお陰で地球も宇宙も成り立っています。


光の無い星は滅亡します。

地球はこれまでに6回、次元上昇(光の星になること)に失敗しました。

しかし、七回目(7劫目)の今回は、成功(成就)し、物質文明から精神文明へと移行するこ

とが決まっているのです。(7は完成を顕わします)


ただし、人間が指をくわえて待っているだけで、地球が素晴らしい光の星になることはあり

ません。

そのためには何が必要となるのか?

それは、人間がパワースポットになることが条件なのです。

光の柱が臨界点を超えたとき、地球は光で溢れかえり、次々に人間が覚醒していく・・・・

犯罪を犯そうとしている人が足を止め、戦地で戦おうとしている戦士たちが地面に武器を

降ろし、自分のことのみに固執している人が愛に目覚めやさしくなり、金銭欲、物欲、食

欲、色欲、独占欲・・・が少なくなって、執着心(要らない感情)が無くなってゆくのです。

お金とは感情(勘定)なので、感情的で無くなってゆくとお金が必要で無くなり、みんなが助

け合う、物々交換の時代がやってきます。

エネルギー(波動)が変わると、現象も変化してゆくのです。

地球は太陽系の中で一番幼い星だそうです。(精神的に)

一方、金星は進化した大人の星、地球は今、

金星のような素晴らしい星へと移行しようとしているのです。




  

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ