« 「神と人間」について五井先生の祈祷法 5 | トップページ | 「神と人間」について 五井先生の祈祷法(最終章) »

2016年2月 2日 (火)

「神と人間」について 五井先生の祈祷法 6



 

感想

暗く落ち込んだときにどうしたらいいか?というとただ単純に、シンプルに空を仰ぎ見ればいいのです。

“素晴らしい” という字は、素(宇宙)は晴れているという意味です。

雲の上に雲はない、青空が無限に拡がっているだけです。

空を見るということは、宇宙の無限のプラスのエネルギーに波長を合わせることになります。

だから上を向いているだけで、天を見ているだけでなぜか気持ちが晴れてくるのです。

日本の名歌 「上を向いて歩こう」 (歌 坂本九さん)が今なお、世界中の国で愛されているのも真理を突いているからだと思うのです。

そして本文にありますように、自分を 「愛深い人間にしてください」 と祈る祈りですが、愛とは神なのです(か~あ み~い)、ですから、愛深くなるとは、神さまにしてくださいと同意語になります。

人間は元々神の子なのだけれど、それを忘れてしまっている、元々愛深い人なのだけれどどこかに置いてきてしまっている、それを 「思い出しなさい」 ということなんですね。




本文


真摯な愛の祈りと、無邪気な明るさ、運命を信ずる楽天、こうした要素が、神に通ずる心であり、いかに祈っても、邪気ある心、暗い心、不安の念(おも)いなどがあっては、神の心に触れることはできない。



不安の心多き人、暗い心の人たちは、常に天を仰ぐことを実行するがよい。


天からはいつも、陽気が降ってくる。


たとえ雨や曇りの日であっても、天に心をむけることが大事である。


天に心をむけると、いつの間にか、心が軽く明るくなるものである。



そして次のように祈るとよい。



“神様、どうぞ私の心に愛を充実せしめ給え、どうぞ愛深い私にならしめ給え”  と。



その祈りを毎日かかさずつづけていることは、細かい種々な願いごとをする神詣、仏参りより、はるかに、はるかに、その人を高い境地に導いてくれるものである。



立っていても、坐っていても、歩いていても、寝ていても、そんな形のことはどうでもよい。



ただひたすら、愛深い自分になることを祈りつづければよいのである。



定まった一時刻(いっとき)の祈りよりも、常に常に心に抱いた想念のほうがよほど効果があるのである。






                 つづく

 



   『神と人間』 私の祈念法 五井昌久 白光出版


  




 

« 「神と人間」について五井先生の祈祷法 5 | トップページ | 「神と人間」について 五井先生の祈祷法(最終章) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/63753787

この記事へのトラックバック一覧です: 「神と人間」について 五井先生の祈祷法 6:

« 「神と人間」について五井先生の祈祷法 5 | トップページ | 「神と人間」について 五井先生の祈祷法(最終章) »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ