« 「神と人間」について 五井先生の祈祷法 6 | トップページ | パワースポットを自分でつくろう! »

2016年2月 4日 (木)

「神と人間」について 五井先生の祈祷法(最終章)

 



感想


自分の子どもだけではなく、人に対しても自分の言っていることや、やっていることが相手の人が自立することになるのか?ただ甘やかしているだけなのか?を常に自問自答することが大切だと思います。

甘やかすことは、その人の精神的な自立、成長(進化・神化)を遅らすことになり、大きな意味で言えば、その人個人の問題に留まらず、人類の進化にも影響を与えるのです。

先日のセミナーでウ先生が 「自分の中に宇宙があり、宇宙の中に自分がいるのです」 とおっしゃったのですが、人間とは神そのものであり、神そのものとは宇宙そのものということであり、一人一人が自分の中にある無限大の宇宙を創造しているのです。

だから宇宙そのものの人間の進化を妨げる行為は、とんでもないことなのだとわかります。

人間の幸せは自立にあります。

夜空に輝く星のように、私たち人間は、寄り添って依存するのではなく、周りの星との調和を保って、絶妙の距離感を保って、一人で凛と美しく光輝くものなのです。

アメリカインディアンの教えで、

「人間は生まれるときも死ぬときも一人である」

とあります。

そういう意味では人間は孤独です。

孤独(自分)を愛し孤独を乗り越えたとき、自分は一人ではない、周りの人に支えられ助けられ神(守護霊、守護神)に愛されて生きているんだと感じるのです。

ほんものの愛とは、生易しいものではないのです。

「愛は忍耐」 は真実の言葉だと思います。

忍耐の忍は心の上に刃と書くのです。

ほんとうの愛を貫こうとするのなら、

 「相手に好かれたい」 「いい人だと想ってもらいたい」 

などという甘えはいらないのです。

好きだ嫌いだは薄っぺらい感情です。

だがしかし人間は、感情を喜ばすことを愛だと思っている。

感情を喜ばせてくれる人を 「いい人だ」 と思っている。

そこに間違いがあるのだと思います。







本文

定まった一時刻(いっとき)の祈りよりも、常に常に心に抱いた想念のほうがよほど効果があるのである。


だから、いつも泣きごと、ひがみごとや、恨みごと、病気の不安などを想いつづけていたら、その想念の作用で、その人の運命は、いつも暗く不幸なものになってしまうのである。


想念は、運命に大きな作用を及ぼすことを忘れてはいけない。


“愛はすべてを癒すのである”


すべての不幸を打開するのは、愛の心が根柢にある行動である。


私の祈りは、愛の祈りである。


智慧は愛のうちに含まれていると私は思っている。


ただし、愛とは情ではないことを申し添えて置きたい。


情は愛から生まれたもので、愛情と一つに呼ばれているように、愛とは切っても切れぬ関係がある。


そのため、仏教では、愛さえも業(ごう)と呼んでいて、迷いの本体である、と説いている。


そして神の愛を慈悲と呼んでいる。


私が今まで愛と書いてきたのは、情(執着)ではなくて、英語でいうCharity(チャリティー、大慈悲心)のことである。


しかし、愛は善で、情は悪である、と簡単に割り切ってもらっては困る。


この現世では光に影が伴うように、愛には情がつきまとうのである。


切りがたい情を涙を呑んで断ち切ってゆくところに、人間の美しさがあり、愛の輝きがます
のである。


情を簡単に切れることが、その人の冷酷性の現れであったりしたら、情に捉われやすい人よりなお悪いことになる。


愛深い人が情に溺れぬように自重してゆく姿には、美があるもので、そうした人の動きの中に、神のこの現象界における生き方が示されているものと思われる。


私の祈りは、自分が相手と一体になって、相手を抱いたまま、神の世界に昇ってゆこうとする祈りである。


祈りとは、まず自分の心を空っぽにすることである。


それまでの自分をひとまず捨てて、神だけを自分の心に住まわせることである。


願いごとは、すべて後まわしにすることである。


神だけを自己に住まわせれば、その人に必要な願いごとは、すべて叶うのである。


小我の祈りは、その人をますます小さくするだけで、なんの得にもなりはしない。


ただ、神だけを想うことである。


愛だけを行ずることである。


愛は、時には峻厳を極める場合がある。


しかし冷酷とは全然異なるものである。


愛は全体を生かすとともに、そのもの、そのことをも、真に生かすために峻厳さを示すものであり、冷酷とは、自己や自己の周囲の利益のために、すべてを殺すものである。


愛の峻厳であるか、冷酷性からくる厳しさであるか、自己を省み、他を参考にしてよく自己の道しるべとしなければならぬ。


愛の峻厳を装った冷酷、愛ともまごう情意(執着)、この二つの心を超えるためにこそ、人は神に祈り、神と一体にならねばならぬ。


私はそうした人間の深い問題を、根柢から知らせる役目を神から受け持たされているものと信じて、毎日、空即実相の祈りを、多くの人びとともに祈りつづけているのである。


 
                  おしまい

 


 

『神と人間』 私の祈念法 五井昌久 白光出版


 
  

 





 

« 「神と人間」について 五井先生の祈祷法 6 | トップページ | パワースポットを自分でつくろう! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/63795294

この記事へのトラックバック一覧です: 「神と人間」について 五井先生の祈祷法(最終章):

« 「神と人間」について 五井先生の祈祷法 6 | トップページ | パワースポットを自分でつくろう! »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ