« 「神と人間」 について五井先生の祈念法 1 | トップページ | 「神と人間」について 五井先生の祈祷法 3 »

2016年1月28日 (木)

「神と人間」 について五井先生の祈祷法 2




感想

スポーツや身体を動かすと、なぜ清々しい爽やかな気持ちになるかというと精神が無、空になって何も考えていないからなのです。

何かに集中すると肉体(頭)から意識が外れます。

すると頭で考えているどうでもいいこと、どうにもならないこと、つまり 「どうのこうの」 が無くなるのです(笑)

そして川の流れである血流も良くなり、その一瞬だけでもストレスが無くなり、病気のような症状も緩和されるのです。

人間ってつくづくエネルギー体なのだなあと思うのであります。

本来の健全なる人間とは、エネルギー(血流)がサラサラと流れている状態を言います。

スポーツだけではなく、それが仕事でも、趣味、芸術をやっているときも一生懸命に集中しているときとは、素晴らしい波動体になっているのです。

光っているんですね!

がしかし(笑)、これを覆って邪魔をしているのが、過去世からの想念であり、現在のストレス、周りの人のマイナス想念(集合意識)です。

これらを仏教では業(ごう)と言ったり、キリスト教ではカルマなどと言います。

カタチで例えると黒雲でしょうか、この黒雲が心と体にもくっついてくるのです。

理由もなく気分がすぐれない、訳もなく腹が立ってくるなどは、あまり良い状態ではないのです。

下記に出てくる五井先生は、個人指導で個人や人類の暗雲を取り去っておられるのです。

なぜそんなことが出来るのか?

それは五井先生が無であり空である聖者だからです。

心の中にな~んにも無いので、相手の人の重たい荷物を持ってあげられるのです。

そしてもっと素晴らしいことは、五井先生は黒雲(カルマ)を取るだけではなく、自分で取る方法を教えておられるところです。

取る方法とは、世界平和の祈りです。

世界平和の祈りは宇宙神の理念なので、光輝いています。

この言霊を唱えると、みな光の波動体になるのです。

「自分のエネルギーのメンテナンスは自分でしなさい」(波動調整)、

甘えさせるのではなく、人間をほんとうの自立へと導いてゆく、それが本当の愛だと思います。





世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます

May peace prevail on earth

無限なる愛 無限なる調和 無限なる平和



調和波動気功法 

http://www.harmony-wave.jp/



本文




相手と向かい合って座る。

私の心には相手の分霊の光と、その分霊が過去から放ちつづけている想念の波が種々なる波長をもって、幽体を流れているのが観じられる。
 

即ち、因縁の波を観じるのである。
 

私はすでに光体になっている私の中に相手の因縁の波が吸いこまれて、しだいに浄まってゆくのを感じる。
 

ちょうど吸い取り紙のようなもので、吸い取り紙は吸い取ったインキを消すことはできぬが、私は、その人と対座を止めると、ほとんど同時に、その人の因縁の汚れを消滅できる。


私に来ている本源の光が汚れを消滅するのである。


私と対座した人は、なんだかわからぬが、体が軽くなり、清々しくなる、と異口同音にいう。


これはその人たちの業因縁が浄められたことによるもので、いかなる言葉の説教よりも、はるかに早くその人たちを救いの道に導くことになるのである。




                  つづく



   

『神と人間』 私の祈念法 五井昌久 白光出版



   

« 「神と人間」 について五井先生の祈念法 1 | トップページ | 「神と人間」について 五井先生の祈祷法 3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/63677310

この記事へのトラックバック一覧です: 「神と人間」 について五井先生の祈祷法 2:

« 「神と人間」 について五井先生の祈念法 1 | トップページ | 「神と人間」について 五井先生の祈祷法 3 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ