«  『神と人間』について 守護霊、守護神 4 | トップページ | 「神と人間」について 因縁因果を超える法1 »

2015年12月21日 (月)

「神と人間」について守護霊守護神 5




感想

 

最近、特に感じてることなんですが、もし自分の中で、この人騙せそうないい人だから、ちょっとくらい誤魔化したり、嘘を言ったり、

大げさに言って大丈夫かな?と邪な気持ちでその人と接したりすると、

その人の肉体は気づかないとしても、その人を守っている守護霊さん守護神さんがちゃんとその後ろに控えていて

「うちの大事な孫になにしてくれてんねん!」(なぜか大阪弁)

と言っているような気がするのです。

そして邪なことをしていると後で必ずしっぺ返しがあります。

つけは必ずなんらかのカタチで帰って来ます。

ビジネスや商売には綺麗ごとは通用せえへん、デメリットを言ってしまったら収入が無くなってしまう。(特に自営業は)

会社にもいられなくなってしまう、とも思うのですが、正直にデメリットの部分を言ってもそれでも相手の人が信頼してくれる、認めてくれる、契約してくれるのがほんものだと思うのです。

そんなデメリットの多い商品やサービスだったら辞めてしまった方がいい。


そう思うのです。




 


本文


 
初めに分霊が、宇宙神の創造を顕現するため、その創造性を光の線と彩なして、幽界肉体界を創造してゆく過程において、みずから発した念波の業因の中に、しだいに自己の本性を見失っていったことは、前章においてすでに説明したのであるが、これは一見、無限の智慧の持ち主である神の行為の失策の如く見え、この点を疑問に思う人々が多数あると思うので、この点についてちょっと説明してみよう。


これはさきの述べた光と影、善がそのまま善ならず、悪がそのまま悪ならずの説明と同じ原理である。


即ち、分霊は、一度びは、肉体の業因縁の中にもてあそばれ、自己の本性を見失ったかのように見えるが、これは、直霊が分霊に命じて、宇宙神の創造を現象界に写し出そうとしている過程にすぎないものである。


しかし、かかる過程にあって苦悩している分霊を救い、肉体界を浄め、宇宙神の意思そのものの世界とすることが、直霊の最初からの計画であった。


そこで、各直霊は自己の光を分けて、分霊たちの守護神となし、守護神は、最初に肉体界の創造にあたった分霊たちを、業因縁の波から救いあげた。


この分霊たちは、守護霊となり、守護神に従って、ひきつづき肉体界に働く後輩の分霊たち、いわゆる、子孫の守護にあたることになった。


そして分霊の経験の古いものから、順次に守護霊となり、ついには各人に、必ず一人以上の守護霊がつくまでになって、今日に及んでいる。(第三図参照)






 宇宙神


 神界 (守護神、直霊)


 霊界 (守護霊、分霊)


 業因縁の世界 (幽界、魂)

 業因縁の世界 (肉体界、魄)


  第三図


 


従って、原始時代より、闘いにつづく戦い、苦悩につづく苦悩の歴史が、繰り返されて、現代にいたってもまだ、戦争への恐怖、老病貧苦の地獄絵の時代はつづかんとしているが、この間、種々と人類に貢献せる聖者、偉人が数多(あまた)あったことは、分霊である人間が守護神、守護霊の働きを悟り、これらと協力して、活躍したことを物語るものである。


この力は精神文化、物質文明の発展に寄与することが大きく、守護神、守護霊と、分霊の
交流が、更に著しくなってくれば、この世界が真の発展に進むことになるのである。


しかし、現在はまだあくまで過程であって、この段階を過ぎた未来において、肉体人間の世界が、神の計画通りの、完全調和せる光明世界になることは必至である。


それ故、現在の状態が、いかに破壊に瀕せんとする如く見えようとも、決して悲観することも、絶望することもないのであって、各人はひたすら自己の本分をまっとうしていさえすれば、必ず、自己も救われる日が来るのである。

私は、その日の近いことを確信してやまない。



『神と人間、守護霊、守護神最終章』五井昌久著 白光出版



  


             


«  『神と人間』について 守護霊、守護神 4 | トップページ | 「神と人間」について 因縁因果を超える法1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/63066836

この記事へのトラックバック一覧です: 「神と人間」について守護霊守護神 5:

«  『神と人間』について 守護霊、守護神 4 | トップページ | 「神と人間」について 因縁因果を超える法1 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ