«  『神と人間』について守護霊、守護神1 | トップページ | 近未来の日本、そして地球人類 3 »

2015年12月15日 (火)

近未来の日本、そして地球人類 2

 

近未来の日本、地球、そして人類がどうなってゆくのか?

どこから説明しようかと迷っています

人間の苦しみとは、生老病死ですが、老・病気・死は暗いので(笑)

まず、生きることに関して述べていきます。

生きてゆくためには何が大切か?それは目標、目的を持ってそれに向けてエネルギーを

注ぐことだと私は思います。

目的が明確であればブレません。

余計なこと、どうでもよいことに意識がいかないのです。

そしてエネルギーが集中されるので、成功しやすい、成就しやすいのです。

だがしかし、何を目的にすればよいのか?ほとんどの人がわからない。

わからないから、先で困らないように取りあえず勉強し、よい学校に行くように言われる。

そして給料をたくさんもらえる会社に入社するとそれで目的を達成したかのように思ってし

まう。

・・・・だがしかし、魂はそんなことでは納得しないのです。

それはミッション(天命)ではないから・・・。


話を元に戻し、近未来に人間がどのように変化するかと言うと

 “自分のミッションに気づく”  のです。

なんのために生まれ、何のために生きてゆくのか?そしてどこに行くのか?

なぜ気づくようになるのかというと、これから地球の波動が霊(神霊)波動になってゆくから

です。

霊(神霊)波動になるとエネルギー(光)が強くなり、本心が顕われてきます。

覚醒するのです。

わかりやすく言うと、たくさんの人がお釈迦様やキリスト様の様な魂になるのです。

悟った状態です。

人は悟ることで、ほんとうの幸せを手に入れます。

心の中のマイナスが消えるのです。

至福感を絶えず感じるようになる。

しかしそれはただ覚醒するのを待っているのではなく、宇宙のエネルギーと共鳴(合体)す

るように努力するのです。

それが祈りです。

祈りとは生命エネルギーが活き活きすること、命がのり出すことが祈りです。

宇宙エネルギーと地球のエネルギーが合体(融合)し、地球の汚れたエネルギーが宇宙の

素晴らしいエネルギーに同化する。

それが近未来に個人や国、地球に起こるのです。

祈りなくして、個人、人類の幸せはないし、地球の完成はないのです。




世界人類が平和でありますように

May peace prevail on earth

«  『神と人間』について守護霊、守護神1 | トップページ | 近未来の日本、そして地球人類 3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/62982452

この記事へのトラックバック一覧です: 近未来の日本、そして地球人類 2:

«  『神と人間』について守護霊、守護神1 | トップページ | 近未来の日本、そして地球人類 3 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ